cantata777.exblog.jp
ブログトップ

神社にて祈願  2

仕事や私生活で何かモヤモヤする時、自分なりに切り替えするよう心がけては
いるが、ケースバイケースによることも多々ある。そういう時は、直接係りのない
友人や親族などに聞いてもらい、アドバイスを受けたり癒してもらったりしている。

今度の話は(おめでたいことでもあるし)、こういう形をとりましたのでよろしく、と
夫やわたしの身内に報告をしたのだが、いやはや思った以上に反応は散々だった。
日頃の心がけが招いた結果なのだろうか008.gif

残念なことに、親族の意向を尊重して伝えられる範囲で事情を話し、急遽申し訳ない
ことだけど、皆さんに紹介したいので都合が許すなら来ていただけないかと
報告をしたが、一番頑固な反応をしちまってくれたのはわたし側の身内だった。

それは実家の弟と、しっかり者の関西妹。

夫の兄たちからも、いろいろご忠告・ご提言はあったものの、
 はあ・・弟と妹だけは、どうしても話が通じない042.gif

「そんなことをやる前に、せめて病院にお見舞に行くのがスジだ!」

「嫁さん(娘)は、なぜ、そんな状態の母親の側についてやって看病しないのか?」

あれこれあれこれ・・・それも善意で言ってるつもりだから、その思い込みの
激しさに夫はあきれ返ってしまった。こうなると夫の気性からして、「もう今後
付き合いかねる」と言い出しかねない。こじれるのだけは避けねばと、
土日かけて、二人に事情を説明し、日程はうちの事情もあるので了解して
もらいたい旨もきっぱり伝えた。

嫁さんもわたし達に黙っていたのは、周囲に心配かけたり暗いムードに
ならないよう、自分のだんなにさえ極力話を押さえていた様子だったので


「わたし達ものんびり3月と構えて、深く考なかったのは確かに
手落ちではあったが、ともかく今の現状を酌んで欲しい。

それと、小さいながらも従業員を使って会社経営している人なので、
自分や社員の生活もかかっている事だし、もしかしたら
父親はまだ50代前半、癌の検査や手術の費用を稼がなきゃ
ならない事情だってあるのかもしれないでしょ」

弟には、「自分にはよく分からないからもうこの件では電話しないでくれ」
と言われ、妹も「将来のこと」を考えて言っているんだと譲らない。


率直な話、このままだとお嫁さんの家の不祝儀が先になりかねないのは
重々承知だが、先方の気持ちを考えるとわたし達の立場がどうのこうの
なんて言ってられない。成り行きを見守るしかないではないか。


昨日はあれこれ思いつつ、北海道から取り寄せた小豆を煮て(最近煮豆に凝っているw)
夫の好物おはぎを作って、ちょっと機嫌取り。

おはぎは幸いまずまずの出来だったので、食事会場所の報告がてら、夕方
義兄のお店にも届けに行った。
(頼まれもしないのに、黒豆や白いんげん等大量に煮ては周囲に配っている昨今である)

駅に近い山側に店があるのだが、途中に昔からの地元神社があることに
気が付いた日から、そこを通る度に何か素通り出来なくなった。
よほど急ぎの用がない限り、往きか帰りは寄るようにしている。


兄嫁とひとしきり話をした後、誰もいない夕暮れの神社に立ち寄って
陛下のご病気回復と毎度ながら世界平和を祈願して・・・
お正月は後につかえている人達の迷惑にならないようにササッと
済ませるのだが、安産祈願や向こうのご両親のことを祈り
わたしの身内の一人々の幸せを心から祈願した。
 目を開けたら暗くなってた。

神さまを独占したような気持ちに満たされ、相当長居したかな。




帰宅してまもなくJW妹からメール↓が来た。
身内から電話が行ってたようだ。

難しいね…正直、なぜこのような状況になったのか、
よくわかりません。・

この先、起こり得る事を考えたら、本当に成り行きを見守るしかないだろうなあ…と思います。
最近、がんで亡くなった友人の事を考えていました。
がんセンターの緩和病棟でモルヒネのために意識もないのにすごく苦しんでた。

それを見守る家族の気持ちを考えると、そんな時に、挨拶を受ける余裕はないだろうし、
その気持ちは尊重すべきなんじゃないか…と。

親族とはいえ、回りの者は事情を全て知っている訳ではないから、
当事者達の決定を尊重すべきでは、と思っています。
口出しするのは気遣いの表れなんだろうけどね…



続きはまた・・
[PR]
by hanamizukidayo | 2010-02-08 13:46 | 日常