cantata777.exblog.jp
ブログトップ

祈願  3

今日は特別な用もなく、旦那も早くから出かけてくれたし、鬱憤を晴らすこの場所ありで
黒豆と、味噌おでんにする大根を火にかけながらのんびり過ごしている。

とりあえず21日の会食予定場所も決まり、ほっと一息001.gif
昼過ぎ、義姉から「参加人数変更、息子たちも出たいと言ってるのでよろしくね069.gif」と、電話あり(^ー^)丿

今頃・・田舎の母は弟と私の板ばさみになって、悲しんでるのではないかと、
多少気がかりではあるが、昼間電話しても出ないので、手紙を書いた。
お嫁さんの親にも手紙を添えてお見舞いを送ったが、彼女の母親には
花キューピットでも使おうかなと思案中。

福島は雪が深いそうで、街の中心地から相当離れた処で暮らしているという。
看病のための病院通いも、難儀なことだろう。


関東南部に雪はないけど、昨日も寒かった。
だが、空は澄み切っていたし、熱くなった頭を冷やすのに
絶好の(?)適度な気温が快かった。神社の空気も
清らかだった。浄化されたかのような快さ。


変な言い方かもしれないが、こういう時にJW集会に行くと
つまらない講演であっても、嫌な気持ちになる話が
飛んできても、何かひとつくらいは慰められるものがあったなぁ。
最後のお祈りだったり、賛美の歌の一節であったり・・・

心境的に、必死だったせいなのかもしれないが。


今朝、夫がシミジミと言っていた。

「今度のことでは、身内中が何か一言口を出し、自分の物差ししか眼中にない
ようなのもいたが、(JWの)000夫婦だけが、率直に(お祝いの
気持ちを)言ってくれて、(事情連絡した時も)ありのまま受け止めて
くれた。」と。
昨夜も同じ事を言っていたが、よほど感心のだろう。

私もさわやかな対応に感謝だった。たまには聖書でも読んでみるか・・・な、ん、て072.gif


ほんとにね、きっと笑って話せる時がくるでしょう。何しろ根底にあるのは気遣いだと思うから。今日の講演で引かれた、しん言17:9の言葉がずっと耳に残っています。 “事を言い立てる者は親密な者達を引き離してゆく”相手を信頼して静かに見守る事が必要な時もあるだろうな、と思いました。自戒をこめて・・今日は、冬の晴れ渡った遠い空に富士山がくっきり見えてきれいでした。すっきりくっきり、晴れ晴れとした気持ちで、また皆で話せるといいね。
[PR]
by hanamizukidayo | 2010-02-08 17:21 | 日常