cantata777.exblog.jp
ブログトップ

愛と励ましの言葉2 (渡辺和子)

心に愛を持って生きるということは、単に、

貧しい人、弱い人、いわゆる他人に愛を抱いているということ
だけではなくて、

むしろ、この世で一番"貧しく" "弱く"、したがって、

もっとも私の優しさを必要としている「自分」に優しくすることなしにはできない。

                            心に愛がなければ☆




祈ったから立ちどころに心の傷が癒え、心に平安が戻るわけでは
ありません。

しかしながら、祈る事で「痛みを抱えながら生きる」のが、
私たちにとって、当然のことである事を知り、

かくて、
私たちの人生には、同じ痛みを抱えて生きる人への
優しさも育つのです。
    
                              目に見えないけれど大切なもの☆
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-05-14 12:45