cantata777.exblog.jp
ブログトップ

ステレオタイプの報道・報道

 年金問題や久間大臣の辞任など、参議院選挙を前に阿倍総理に逆風が吹いています。
歴史認識や教育基本法の改正や憲法改正手続法の制定・・その他諸々、阿倍内閣で着々と成し遂げられた事、また今後の方針も明快かつ具体的に打ち出しておられる政治家だと思いますので、このような首相を変えてはいけない、と願っています^^;
防衛相の辞任について、以下のような記事が出ましたので長くなりますが引用させて頂きますね。

冷静さを欠いた「原爆投下」論議
久間防衛相が、米国の原爆投下をめぐる発言による混乱の責任をとって辞任した。先の講演で、「あれで戦争が終わった、という頭の整理で今しょうがないなと思っている」などと述べていた。「しょうがない」とは、全く軽率な表現である。

 参院選を目前にして、野党側は、その表現のみをとらえ、安倍政権批判の格好の材料として罷免を求めた。与党も、選挙への悪影響を懸念して浮足立った。混乱したあげくの辞任劇である。

 久間氏は、日本政府のイラク戦争支持は「公式に言ったわけではない」と語るなど失言を重ねていた。このような言動を繰り返しては辞任もやむをえまい。

 久間氏は講演で、米国は、「日本も降参するだろうし、ソ連の参戦を止めることができる」として原爆を投下したとの見方を示した。これは、誤りではない。当時、ソ連に対して不信感を募らせていた米国は、ソ連の参戦前に早期に戦争を終わらせたいと考えていた。

 同時に、久間氏は、「勝ちいくさとわかっている時に、原爆まで使う必要があったのかという思いが今でもしている」と付言していた。
 米政権内部でも、敗色濃い日本への原爆投下については、アイゼンハワー元帥(のちの米大統領)が反対するなど慎重論は強かった。久間氏は、米国が非人道的兵器の原爆を使用したことに疑義も呈していたのである

 そもそも、原爆投下という悲劇を招いた大きな要因は、日本の政治指導者らの終戦工作の失敗にある。仮想敵ソ連に和平仲介を頼む愚策をとって、対ソ交渉に時間を空費し、原爆投下とソ連参戦を招いてしまったのである。

 しかし、野党側は、「米国の主張を代弁するものだ」「『しょうがない』ではすまない」などと感情的な言葉で久間氏の発言を非難するばかりで、冷静に事実に即した議論をしようとしなかった。

 疑問なのは、民主党の小沢代表が、安倍首相との先の党首討論で、原爆を投下したことについて、米国に謝罪を要求するよう迫ったことだ。

 首相は、核武装化を進め、日本の安全を脅かす北朝鮮に「核兵器を使わせないために、米国の核抑止力を必要としている現実もある」として反論した。

 当然のことだ。日本の厳しい安全保障環境を無視した小沢代表の不見識な主張は、政権担当能力を疑わせるだけだ。
 久間氏の後任には、首相補佐官の小池百合子氏が就任する。国防をはじめ、国の責任を全うするためにも、安倍政権はタガを締め直さねばならない。

(2007年7月4日1時51分 読売新聞)
                        ******************





 先日の日曜午前の「報道2001」で、司会の黒岩氏が血相を変えて、
「資格に欠けていると言わざるを得ないのでは?」と出席者全員に訴えていました。
この後の田原総一郎の番組がかすんで見えたほどでした。

 いつも思うのですが、マスコミの報道はある一定の方向へと国民の意識を誘導するような作為を感じます。
久間大臣の発言は確かに、不適切だったとは思いますが・・
(ソ連参戦があったという全体感から例にあげたとは言え、説明がよく分からないとか、誤解されかねない言い方だとは思います。今までも失敗発言があったのだし、選挙を控えた時期だけにもっと考えて言って貰いたかったという気持ちはありました。)

 連日、広島・長崎の被爆者の緊急集会や、大臣の発言に非難する与野党議員や
一般の人々のマスコミを通して聞こえる声が皆、 同じ。
ちょっと異様な感じがします。

大臣は昨日責任を取って辞任されたわけですが、

「人間として、許せない!赤い血が通っていないのではないか!」とか、
「この問題は辞任して済むというものではない!総理の任命責任が問われるべき」
「阿倍総理の責任は大きい。被爆国の総理として、ふさわしいのか!」
「総理自身がまったく無責任!」← いい加減にして欲しい・・鳩山さん、ミズホさん、管さん。
結局、大臣が辞めようが辞めまいがターゲットは総理なんですよね。

 年金問題でもそうですが、腰を据えた真の政策論争のできない野党が、ある意味どうでもよい言葉尻を掴んで大騒ぎしているとしか思えません。
久間大臣だって、本気で日本に原爆が落ちてよかったなどと、日頃から考えているはずがないではありませんか?
もし、本当にそんな考えの人物だったとしたら、そういう人を議員に選んだ長崎県民の見識の方こそ、よっぽどおかしいと思います。
一億総ヒステリーを煽りたてるような、野党やマスコミの戦略報道に左右されたくはありません。

阿倍総理には、今後の年金問題も含め、堂々と選挙で闘って頂きたいなと思っています。
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-07-04 15:18