cantata777.exblog.jp
ブログトップ

平和宣言ー産経社説

【主張】広島平和宣言 なぜ北の核には触れない

 広島が62回目の原爆の日を迎えた。秋葉忠利市長は平和宣言で、「日本国政府は世界に誇るべき平和憲法をあるがままに遵守し、米国の時代遅れで誤った政策にははっきり『ノー』と言うべきです」と訴えた。だが、今年も昨年と同様、北朝鮮の核には言及がなかった。

 北朝鮮は昨年7月、計7発の弾道ミサイル発射実験を行い、10月には核実験まで強行した。日本にとって当面の最大の核脅威は北朝鮮であろう。秋葉市長の平和宣言はなぜ、北朝鮮の核の脅威には言及しないのだろうか。

 6カ国協議で、北は寧辺の核施設の稼働停止に応じ、非核化へ向けて第一歩を踏み出したかに見える。だが、核計画の完全申告や核施設無能力化などの問題は先送りされ、実施のメドすら立っていない。北は軽水炉をはじめとする要求を拡大することで、時間稼ぎを図る可能性も残る。
 そうした時期だけに、北朝鮮に対して完全に核廃棄を求める強いメッセージが必要だった。国際社会も日本国民もそれを期待している。
  (略)
 6月末、久間章生前防衛相は千葉県内での講演で、米国の原爆投下について「しょうがない」と発言し、大臣を引責辞任した。日本は侵略したのだから原爆を投下されてもやむを得ないという考え方は、今も日本の一部の教育現場に残っている。

 だが、広島や長崎で原爆の犠牲になった人々のほとんどは、非戦闘員だった。米国でも戦後、アイゼンハワー氏やリーヒ氏ら元将校が原爆投下を疑問視する発言をしている。「原爆はソ連との政治戦争に使用された」(米の女性歴史家ヘレン・ミアーズ氏)といった見方もある。

 現在も多くの被爆者が後遺症に苦しみながら亡くなっている。原爆の悲劇を繰り返さないためにも、バランスのとれた平和教育が必要である。

                       (2007/08/07 05:05)



【主張】長崎平和宣言 「北の核」への警告を評価

 広島に続いて長崎でも62回目の原爆の日を迎えた。ことし4月に凶弾に倒れた伊藤一長前市長に代わって選ばれた田上富久市長が平和宣言を読み上げた。

 田上市長は冒頭で、生前の伊藤前市長が原爆の炎で黒焦げになった少年の写真を掲げ、国際司法裁判所に核兵器使用の違法性を訴えたことに触れて、「前市長の核兵器廃絶の願いを受け継いでいく」と述べた。
 さらに、新たに核兵器を保有したインド、パキスタン、北朝鮮などの国名を挙げ、「新たな核保有国の出現は、核兵器の危険性を一層高め、核関連技術が流出の危険にさらされている」としたうえで、「北朝鮮の核廃棄に向けて、6カ国協議の場でねばり強い努力を続けてください」と訴えた。
  (略)
 イデオロギー色の強い広島平和宣言に比べると、長崎平和宣言は現実を踏まえており、バランスのとれた内容といえる。

 長崎ではかつて、本島等元市長が「原爆投下は米国やアジア諸国から見れば天罰」といった発言を繰り返した。「誤った認識」として、こちらも忘れてはいけない。

 北の核問題をめぐっては、6カ国協議に加え、今月末に平壌で7年ぶりに行われる南北首脳会談で話し合われることになる。北の核放棄に向け、韓国の盧武鉉大統領がどこまで北朝鮮の金正日総書記を説得できるかが最大の焦点である。
  (略)
                                  (2007/08/10 05:02)


  NHKで今夜、秋川雅史の「長崎の鐘は鳴る」を聴きました。
  さすがに抜群の歌唱力ですね。昔からこの歌を聞くと胸がいっぱい
  になります。  8月11日
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-08-10 10:21 | 政治・社会