cantata777.exblog.jp
ブログトップ

いじめと言えるのか

 今朝、松浪健四郎議員が「お友達朝青龍」についてテレビで擁護していました。他にも
親交があるという政界人が出演したり、連日マスコミの報道は続いています。


日本の相撲界や、マスコミに扇動された日本人がよってたかって朝青龍を
誹謗中傷し、いじめているのではないかという意見も目にします。例えば
以下のように一見、説得力を持つように聞こえる意見も目にしました。

「朝青龍は犯罪者なのだろうか。
私たちは、モンゴル人をどこまで理解しているだろうか。自由に日本語を話すといえど、きちんと会見で語ることができるだろうか。だれが5年半も大相撲を支えてきたのだろうか。“品性・品格”を日本式に求めるなら、なぜ外国人を入門させたのか。
 朝青龍へのイジメは、あまりにも強烈すぎる。」



私は、朝青龍の問題はもはや部屋の親方の指導力不足が招いた問題
でもあるし、今後は相撲協会のより適切な対応にかかっていると思います。


偶然でしたが、時々見ている「心理学総合案内・こころの散歩道」というサイトでも
この問題を取り上げていました。

      
   横綱朝青龍のために 大相撲のために 私たちのために
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-08-14 20:41 | 政治・社会