cantata777.exblog.jp
ブログトップ

人は皆、同じ船の乗客だ

のっけから少々硬い話で恐縮ですが、国民皆保険と皆年金制度が日本で実現したのは、1961(昭和36)年だったと思います。これも確か村山政権の時だったか、高齢者の医療負担が無料になった事も一時ありましたね。

最近は財政負担増で見直しに次ぐ見直しが検討されていますが、いずれにしても、この保険制度により患者と医療機関の垣根が低いため、たくさんの患者が病院に掛かり、他の国と比較しても 外来、入院とも患者の数が非常に多いのが特徴なのではないでしょうか。
(長寿社会にも繋がる。)



昨日、マイケル・ムーア監督の sicoko(シッコ) を観た感想は、まず健康保険システムによって私たちの生活は世界でもかなり優遇されたものであり、誰でも望めば最良の、あるいは生活保護世帯でも医療補助が整っており、貧しくて入院費が払えない人が突然理由も行き先も告げられずに、スラムや街路に放り出される事など聞いた事もない。完全とは言えないまでも、かなりの恩恵に預かっている(一般的に)恵まれた社会だと思いました。


仕事中の事故で、指を切断された中年の大工。
健康保険を持っていない彼に、医師は聞く「薬指をくっつけるのは1,2万ドル。中指は6万ドル。どっちにしますか?」

スーパーマーケットの清掃員として、毎日働く老人。会社を辞めて、福利厚生の一部である保険を失えば、薬代が払えないからだ。健康保険をキープするだけの目的で、彼は死ぬまで働き続けると語る。

上は、次々と紹介されたアメリカ社会の「 医療費を払えないという理由で、命を落とす多くの国民 」の実態が浮かび上がってくるインタビュー場面の一こまです。


9:11テロで救命隊員として、また消防隊員・やボランティアで英雄扱いされた人々の中にも
重い肺の後遺症や、PTSDなのかヒドイ歯軋りのために歯が機能不全になっても、政府の認定を受けられず給付がないために、生活さえ困難になり治療も見過ごさざるを得ないといった人達も出ていました。

彼らは小さな船(ボート)に乗って、マイケル・ムーアと、キューバのグアンタナモ米軍基地に向かいます。もちろん、民間は入れて貰えませんが、海上からマイクで叫ぶのです。

「 そこに収監されているアルカイダ並みの、治療を受けさせてくれ!」
「 9:11の英雄に容疑者達と同じ治療を!」
・・ 返事はありません。

仮想敵国といわれるキューバでは、市民達が誰でも保険証さえ必要とせず、必要な診察や投薬がただ同然で受けられるそうです。病気の救急隊員たちが、特別扱いでもなくごく普通の治療をと望み現地で回復していったあたりは、山場だったかな、感動しましたね。

「 米国で1万4千円する薬が、この国ではどこの街角にもある薬局でわずか6円で買える.
かばん一杯、持って帰りたいわ 」と 元救命士。



ここまで書いていたら、仕事に行く時間が迫ってしまいました。
この映画の突っ込みどころにも少し触れたいので、続きは
日曜日に書きますね。
どなたかご覧になった方がおられましたら、
コメントお待ちします^^

今夜は、超オンチの私なのですが、友人達とカラオケに行く
約束をしましたので、帰りは多分夜中かもしれませんww

今日のタイトルは、エンディングのテロップを観ながら
「これが言いたかったのかな」と思ったのでつけてみました☆

http://patiotalk.jp/archives/03_media/200708/02_002403.php
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-09-08 12:25 | 趣味