cantata777.exblog.jp
ブログトップ

一般庶民の視点について

又三郎さんへのコメントを書いていましたら、文字オーバーでアップできないと表示がでましたのでこちらで返信させて頂きますね。

いつも思慮深いコメントに感謝しています♪
勝手ながら、内容を掲載させて頂きます事をご承諾下さい。


>あまり人物や政党に拘り過ぎると真実を見失う恐れがあります。(私は特定の政党支持者あるいは反対者ではありません)

誰であれ、どの政党であれ要は一般庶民の視点を失ってはいけないと言うことです。
時代はそれを求めていると思いますが・・・


正論だと思います。ありがとうございます。ただ・・
一般庶民の視点で物事を考える事ができる人物・政党なら、
「お上頼みの政治」に依存させるような政策を掲げて票集め
に走ったりなどしないのではないでしょうか。

(先の参議院選挙で、民主党のマニフェストは
年金基礎部分への消費税全額投入6.3兆円、子ども手当創設4.8兆円、公立高校無償化などで3000億円、農家の戸別所得補償で1兆円、高速道路の無料化1.5兆円、最低賃金引き上げのための中小企業対策等1.4兆円など、そのための財源は?と、詳しく追求されたらどうするのか、思わずこちらが 心配になりそうなバラ撒き援助型とも言える内容でした。)

組織も同じですよね。

個人の尊厳の尊重だとか愛とか、
永遠に平和な世界だ、一致だと
幻想のパラダイスをマニフェストのごとく宣伝し、チラつかせ
しかもそれは、「あなた自身の自己決定で選択をしたのだから、
伝道・集会・寄付・取り決め等の自己責任を果たしてね」と
感謝してあずかりましょうとか何とか、体裁の良い言葉で
未だに誠実な成員達を欺いています。

依存させるように仕向けたあげく、霊的な世話もろくにできない
くせに、役に立たなくなった人間には「弱い人」というレッテルを
張り付け、高い位置から見下す態度。
庶民の、いえ平信徒への眼差しは口で言ってるほど立派でも
なければ、暖かいものとは程遠い実態でした。

つい、流れが愚痴めいてしまいました。そういう、
神権的権威主義の下で、散々な目に遭ったせいか、
政治家に限らず、口先だけで中身の薄っぺらい人
には、かなり過敏に反応してしまいます。立派な事は誰
でも言えるけれど、果たしてその言葉が真実かどうか
時間をかけて見極めたいと思う、慎重派なんです。

*欠点のない人(組織)になれと言いたいのではなく、
実現不可能な事を、餌にしないで欲しいのです。


あくまでもイエス様を念頭にした上での考えですが、
現世レベルで、リーダーに求められるものとは・・
いつの時代でもどこでも、このような人ではないかと思います。↓

人を動かすことのできる人は、他人の気持ちになれる人である。
そのかわり、他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む。
自分が悩んだことのない人は、まず人を動かすことはできない。
                (本田宗一郎)


自分の事を棚に上げて僭越ですが、一般庶民としての視点のあり方自体、いつでも良いものとは限らない。ですから、世論がいつも正しいと思う必要もなく、もちろん特定の政党がいつも正しいとは限らないと考えます。やはり、よくよく自分で見極めるしかないと思います。

ただし、好きなタイプの政治家は、私の場合ある一定の方向を目指した人ですね^^
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-09-16 21:31 | 政治・社会