cantata777.exblog.jp
ブログトップ

誕生日

 随分涼しくなったので、昨日、夏向けのスキンからこのブログを始めた頃
のものに変えてみたのですが、背景色が違うと色文字が見えにくなったりして
いちいち、編集も面倒なので、また元のひよこに戻してしまいました☆



さて、朝起きてコーヒーを入れていたら、最近私よりも遅く起きるように
なった夫が、いきなり

「お母さーん、ネコのトイレ汚れてるよ。早くきれいにしてー」と言ってるので
「チッ、それくらい気が付いた人がやればいいじゃーん」と一瞬思ったけど、
絶対に責任もって飼うというのが、夫との約束だったので「はい、はーい♪」
と、トイレ掃除して、ついでにちょっと身体が臭うネコりんたちをお風呂場で
洗ってやりました。

少し遊んで、餌を食べたら眠くなりゴロゴロ喉を鳴らしながら
誰かの膝の上でひとしきり指しゃぶりしながら寝る癖は相変わらず
ですが、最近、自分の指をしゃぶっていたクロのミーちゃんまで、
人間の指の方が気持ちいいみたいで二匹抱いてしまうと、
ヘタすれば午前中いっぱいネコのお相手で、家事どころではない
この頃です^^;

ある雑誌の編集者が、20年生きた我が家のネコが今年の夏大往生した
というような事をしみじみと書いておられましたが、20年とはすごい。

実は昨日私、5*歳の誕生日だったのですが、
ネコりんたちを見ながら思いました。
私たち夫婦と彼らのどちらの方が、早く逝ってしまうのだろうと。

50歳になった時は、Jwも抜けかけだったので、どうせ
滅ぼされる身だったのだから、せめて後の人生、世の為、
人の為というにはおこがましいけれど、後は余生だと思って
なるだけJWでかけてしまった有形無形の迷惑の罪滅ぼし
みたいな生き方をしたいなと思っていました。
たいした事はできないけど、なるべく日々接する人達には
優しい気持ちで向き合いたいとか。どんな仕事でも心を込めたいとか。

あれから3、4年過ぎてしまいましたが、抜けてからの毎日の方が
苦しい事もあったけど、生きている実感は強いです。
「早く死にたい」から、どうせいつかは死ぬのだからそれまでは
よく生きたいという方へ気持ちが変わってきました。

昨日の誕生日ですが、嬉しいことに初めて子供達が
お祝いしてくれました。と言っても、都内に行ったついでに
私の好きなお店のケーキを買って帰ってくれ、いつも来ている
U君も「お誕生日、おめでとうございます」って言ってくれたり。

次男は夕食の後、私が他の用事をしていたらいつの間にか
キッチンの洗物をきれいに片付けてくれてました。

夫は、珍しく豪華なバラの花束とポテトたい焼き(多分、自分が
食べたかったんだと思います)を抱えて帰宅しました。


JW時代のことを考えると、子供たちと私の間の目には
見えないけど残っているだろうなと察してしまう"溝"
のようなもの、祝祭日の度に可哀想な思いをさせてきたと
いう悔いがありましたが、今回家族の中の見えない壁を
一緒に乗り越えてくれたのだろうか、そういう感謝の気持ち
で胸がいっぱいになり、今年の誕生日は多分一生忘れ
られない日になるだろうなと思いました。
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-10-03 17:17