cantata777.exblog.jp
ブログトップ

環境終末論

ゴア氏の映画「不都合な真実」、英裁判所が是正措置要求
10月12日0時13分配信 読売新聞


 【ロンドン=森千春】英高等法院は10日、アル・ゴア前米副大統領が地球温暖化について警告した映画「不都合な真実」について、政治的に偏向し、部分的に誤りがあるとして、学校での上映に際して是正措置をとるよう求める判決を下した。

 判決言い渡しで裁判官は、グリーンランドを覆う氷が溶けて「近い将来に」水面が7メートル上昇するかもしれないというくだりは、「科学的な常識から逸脱している」と指摘。地球温暖化でアフリカ最高峰キリマンジャロの雪が後退しているという主張も科学的裏付けがないとの判断を示した。ただ、「地球温暖化が人為的な原因で起きている」という全体のメッセージについては、妥当だと認めた。

最終更新:10月12日0時13分



サピオ7月号の「7日後の天気を予測できないコンピューターモデルでどうして
100年後が予測できるのか」と『不都合な真実』の科学的矛盾を論破した記事
を読み、以前にも環境テロ問題を書いた事がありました。



「活動家」による多少の温暖化を捉えて「危機的な状況だ」と議論を飛躍させ
危機感をあおり、温暖化阻止のために人類の営みすべてを停止しなくてはならない
と主張するのは、事実に基づかない論理の飛躍で、

「世界の終わりは近く、それは我々の罪だ」と言わんばかりの環境終末論の考え方だ」

                     米CEIエネルギー地球温暖化政策部長


若干の温暖化を飛躍させ「政治」をコントロールしようとする「左翼的」な
活動家達の要求が目的と知り、正しいと見える活動にも裏が隠されて
いるものだなと思った次第です。
話題になった時、書店に寄ったついでに買おうと思ったのですが、
非常に分厚くて重い本だったため、その頃はまだ握力が回復して
おらず、単に持てないために買いませんでした。今年の話なのに
もうこのような「判決」が出るなんて、イギリスの教育関係の対応って
速やかだななどと感心しています。

日本では・・沖縄戦ひとつとっても(教科書記述とは言え)つまでも
すったもんだですし。おまけに、政策のために妥協案も出る始末で
困ったものだと思いますね。


環境終末論・・JW時代も環境問題の深刻化=世の終わりと直結して
雑誌や講演でもよく取り上げられましたねぇ・・

[PR]
by hanamizukidayo | 2007-10-12 23:08 | 政治・社会