cantata777.exblog.jp
ブログトップ

自由な選択という欺瞞


神さまが与えた選択の自由には、エホバの証人のように人間が、一つの宗教を選択するためにだけ置かれたわけではないと思います。(創3章やヨブ記を知らなくても、聖書を知らなくても、基本的な教えには引寄せられる心を、ほとんどの人は持っていると思うから)

神さまの組織はただ一つ(←聖書的な根拠はないのに、勝手にそう言っているだけ)だから、エホバの教えにさえ従順にしていれば永遠の命、それができなきゃ(付いてこれない者や音信を聞く耳がない者、一般の教会員さえ)滅びるよ・・「神権支配に服しなさい」がすべてなのです。
キリストは「真理はあなた方を自由にする」と言われ、人の心を縛る律法主義的な人間の教えに苦しんでいた当時の人々に解放と救いを与えて下さいましたが、同じ聖書を使って、教会を批判し、他宗教をバビロンと見下すJW組織。
自分達だけが正しいと主張して、そうではない人達を神に変って裁く組織の体質は独善に過ぎないのではないでしょうか。

自分で考え、自分の意思で、自分の人生を責任を持って行動できる「自由」は素晴らしく、私たちに本当の尊厳を付与するものではないかなと思います。
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-11-18 13:56 | 宗教