cantata777.exblog.jp
ブログトップ

寒くなりましたね

今日で11月も終わりですね。、今月は、プログを始めてから
最低の更新記録になってしまいました。

このような状態にもかかわらず、訪問して下さっている皆さま
ありがとうございます。


正直、迷いが生じたり心が揺れ動いている時って
どう考えればいいのか、皆目分からなくなるので
文章がまとまりません。
じゃあ、カッコつけないでそれをありのまま書いたらどうか、
というご意見もあるかも知れませんけども、
何となくモヤモヤとするばかりで
具体的に書き様がないという
状態でした。

病院にも行きましが(不眠症の薬との付き合いは長いのです)診察室では、
薬の効き具合だとか、聞かれること以外特に話したいこともありません。

私の今通っている病院は、アルコール依存症の患者が多い事で
有名らしいのですが、確かに待合室では手の震えが止まらない
ような人、時には癲癇のような発作を起こして
床に転がる人、大声で延々とおしゃべりする人
いつ行っても混みあう待合室で、いろいろな場面に遭遇します。

高齢の人も学生から20代の若い人も、中年も男性も女性もと、
様々な層の患者たち。長い長い待ち時間の末にやっと診察室
に入りますが、院長室以外に置かれた3つの部屋は薄いカーテン
で、形ばかりのプライバシーが保たれる程度。中待ちの椅子に掛けて
いると嫌でも中の会話が聞こえるし、今時のおしゃれなインテリアや
BGMにも無縁の雑然とした環境ではありますが・・。

今の私はそういう病院でも全く気にならず、必要なお薬が入手できれば
どこでもいい。カウンセリングの必要もない。そう思っています。
でも、今回で3,4回目の診察をして下さった女医さんは、

「はっきり言って、欝ですよね。
絶対に楽になるから、この方法でこの薬飲んでみて」
私の顔をまっすぐ見ながら言ってくださいました。

と言うわけで、今までよりも薬の量が増えてしまいました。


精神科との付き合いは 前世紀 からですので、
途中で中断した時期もあったとは言え、かなり長いと言えるでしょうね(笑

具体的な事は書けませんが、
個人の力ではニッチもサッチもいかない会衆内の
複雑な問題に巻き込まれ、当時は精神科にかかる
こと自体、長老の目を意識しなければならなかったため、
手当てが遅れたと言えなくもないと思います。
自己責任を回避したような言い方のようですが・・
当時はそういう空気があったのは事実です。

ある姉妹が、離婚によるショック(離婚という結論に至るまでが
長い苦しい道のりで、大変なストレス・加えて神は離婚を
憎まれるbyマラキという教えへの罪悪感も重圧)から欝病になり
精神科に通っていたら、長老から「まだ行っているのですか」と
苦い顔をされたという話を聞くような時代でした。

そうやって感情を封印した時間が長すぎた分、心や身体のバランスが
崩れ始めたら留まることを知らない激流のように、洪水に流されたかの
ように自分を失った時期がありました。

処方された薬は飲んでも飲んでも効かない、30分1時間おきに
次々に飲み続けて、病院に運ばれた事も何度かありました。

でも、その頃通っていた病院の担当医師は、患者の私に
数年経ってから打ち明けてくださったのですが、
エホバの証人の姉妹達を何人も診ている方だった
のです。

当時の私は当然ながら、未信者の人を躓かせてはならないと考えて
いたので、夫にも、その医師にも、悩みの原因は話さないように
努めていたつもりでしたが、薬で朦朧とし医師の顔はおろか
病院だという事も分かっていない中で、けっこういろいろ
話してしまっていたらしのでした。

比較的落ち着いている日に診察を受けた時など、集会の事や
あの問題にどう向き合っていますかと訊ねられるので、
「あっ、私はそんなことまでしゃべってしまったんですね!」と
自分でびっくりする事もしばしばでした。

有名医大で心臓外科医だった経歴を持った方で、その当時
エホバの証人の輸血拒否に直面した事などお聞きしましたが、
少しも偏見や個人的な考えを押し付けず、いつも優しい表情をして
接して下さったので、私もだんだんと何でも話せるようになって、
組織内の悩みも打ち明けたりするようになりました。


そして今から3年前、ちょうど今の住所に引越してきた頃と重なりますが
通いきれない場所に転勤されてしまったのを機会に私も病院を変えました。

最後の頃、「目覚めよ」に以前はあれほど精神科の治療に
注意を呼びかけていた協会が、「対処しにくい危機の時代だから、
精神的な病気も適切な治療を受けるように」
という記事を出したので、その雑誌を持参して言いました。


「今頃になってこんな記事が出ました。信者を病人にした挙句、
病院へ行って治して来いと言ってますよ。自分たちはもうお手上げ、
面倒見切れないと言いたいのでしょうね。先生、これからもっと、もっと
私のような患者が押しかけてくると思います。
これを何かのお役に立てて下さい」

そう言って、Jw関連のサイト、特に精神疾患に関するページは
目にした限りのものを印刷してお渡ししました。


もっとも、その日の帰り道は「とうとうここまでやってしまった。
もしかしたら天罰が下って、今日にでも死ぬのではないか?」
冗談抜きに、緊張しながら運転して帰りましたが(苦笑

でも、「もう辞めました」と言った時、目を見張り「あなたのような人は始めてです」
と仰って、自分が担当している証人患者たちの置かれた難しい状況も
いろいろ話して下さり、資料も喜んで受け取って下さった嬉しさの方が
大きかったと思います。

毎回十分に時間を取り、話に耳を傾けて下さいました。
あの頃、自殺願望が強かった私のために

「薬を飲みたくなったらいつでも来てください。
私は○曜日以外だったらいつでもここにいますから」

その言葉が、自暴自棄にならないように私を支えてくれた
と感謝しています。



世の中には素晴らしい人がたくさんいます。決してサタンの支配する
邪悪な世などではない。悪い事も起きるけれどそれはあって当たり前。


他人を信頼する事が難しいと感じる時代かも知れませんが、
昔も今も、中にはそうではないような人も存在するとしても
個人の持つ正義感や優しさは、大小の差があるよう
だとしても、表し方もそれぞれの形が異なるだけで、
本当は誰もが優しさを持っていると思います。
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-11-30 14:50 | 日常