cantata777.exblog.jp
ブログトップ

♪春の小川の隅田川 

昨日は、急にピンチヒッターを頼まれて以前通っていた方の
ケアに伺いました。約2年ぶりの再会でしたが、前よりも
体調も精神的にも安定していらしたので「さすがだな、凄い」
と思いました。

お互いに積もる話があって、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
本当は入浴介助だったのですが、近況やら何やら次々に伺っているうち
時間になってしまったので、帰りに事務所に寄って「身体」を履行せずに
すみませんでしたと報告する羽目になりました。
でも、「喜んで下さったんだから良かったじゃない♪」と所長は言ってくれましたが、
身体と生活援助は受け取る報酬が違うので「これから気をつけます」
とお詫びした次第でした。

ワーカーの時間給はどちらでも一緒なのですが、事務所としては
請求額が違ってしまうので損失になるわけです。なのに嫌な顔もせず、
また請求をごまかす事もしない良心的な職場なので、さわやかに
働けて、こういう点でもわたしはここのみんながとても好きです。


「お正月に孫たちとホテルで過ごして、由紀由紀さおり姉妹のディナショー
を聴いたの。「明日へ贈る歌」という本を買ったので、一緒に歌いましょう。
その前に、お二人が書いた歌の解説を読んでくれない?近頃見えにくく
なったのよ。どのページからでも、あなたの好きなのでいいのよ」

「いい本ですね!せっかくだから、最初のページから読みましょうか」
というわけで、滝廉太郎作曲の「はな」から入りましたが、
この歌は「源氏物語」からとられた内容であることや、廉太郎の
他の曲、エピソードを朗読しながらその生き方などに触れたような
気がしました。
そして有名な華道の家元でもあり、若い頃研究されたという源氏物語を
当時私に熱心に教えて下さった頃に話が戻ったり、また

「あなたが急に来れなくなって、当初はそういうものなんだと
あっさりと諦めた(わたしの美学だもの)けど
一期一会ということを心に刻むきっかけになった。
あなたにはわたしの生き方や価値感を理解して貰えると思って
ずいぶん甘えてしまったわ。押し付けてしまってごめんなさいね。
でも、思いがけずまたお会いできて本当に幸せでした。ありがとう」

申し訳ないほどそう言って下さり、恐縮しました。
でも、感謝しなければならないのはわたしの方なんです。
時間が長引くし、また話すべき内容でもないのであえて
黙っていますが、金子みすずの世界を教えて頂いて、

「みんな違っていいんだよ」

惨めさに打ちひしがれていた現役JWの頃
どれほど慰められたことか。
また「今日のお洋服よく似合うわね」と言われれば、
「いえいえ、何を着ても着映えしませんし、第一安物なんですよ」

つい言ってしまう癖に、「あなたぐらいの年になったら、そんな言い方は
もうやめなさいね。ありがとうございますって笑って答えるものよ」

手とり、足とり教えて下さった優しい人であり、
自由きままな反面、隠れて悔し涙が流れるほど
仕事には厳しい要求も突きつけてくる。
「わたし好みの人になって」と言われているようで
時には反発もしたけれど、このような人になりたい
あのように年老いていきたいと憧れ、たくさんの事
を教えて頂いた恩人だと思っています。


「コブクロとか、スマップの世界にただひとつの花もいいけれど、
やはり心に響く名曲は、日本人のアイデンティティを揺すぶるわね!」
こういう言葉がポンポンと飛び出すご婦人なのです。80ン歳ですよ。

わたしって超オンチだから人前では絶対に歌わないのですが、
気持ちよく一緒に歌ってしまいました。


月曜夜10:00の「日テレ心の歌」でも素晴らしい自然や花を
堪能しながらたっぷりと日本の叙情歌を楽しんでいます。
d0115758_13341069.jpg












・・・・・  1月23日  ・・・・・




中途半端な悩みかもしれませんが相談させて下さい。
アームカットと呼ばれる物を実行しようと思いました。
でも途中でやめてしまいました。
今、左腕に、少し赤い跡が残っています。
やめてよかったのか、悪かったのか、わかりません。
やっておいた方が心のもやが取れたのかもしれない。
やらなかったから、今ここに来ているんでしょうか。
死のうとは思いません。将来やりたいこともあるし、もっと生きたいです。
でも、これで合ってるのかどうか不安なんです。
私が今ここに居る事が正しいのかどうか、とか
今やっていることが正しいのかどうか、とか
完璧な答えが欲しくて。何も考えられなくて。
私はとても自己中心的で、おこがましくて、
自分がわからないんです。
        自分を見失いそうなんです。           
                      (掲示板・書き込み)

 ――――――――――――――――――――

人間の頭脳の中で最も高等な精神活動を司るのが大脳皮質です。
これまで人の脳細胞は、20歳を過ぎるころから減少し、脳の働きは衰え
ると考えられてきました。
しかし、脳細胞間の情報ネットワークをあちこちに張り巡らせることに
 より、脳の働きは衰えるどころか、活性化させることもできるのです。
たとえばアルコールを飲んで意識が無くなると、そのたびに60万個~
80万個の脳細胞が死んでしまうといわれています。
  人の脳細胞は、20歳を過ぎると毎日10万個も減っていきます。人間
の脳細胞の数は、150億個ほどあります。脳細胞は、1割もなくなったら
 人格はそうとう荒廃し、精神行動や運動機能は正常に保たれなくなる
といわれています。
 さてその「異常」さの最たるものが、ガン細胞・ボケ細胞(認知症)
「イジメ細胞」です。これらはあなたの「免疫機構」をくぐり抜け廃人・
 痴人・死人に堕しいれます。なぜ「そうなるのか」なにが「そうさせる」
のか不明・不解です。
 したがって「人」はその日・その時を精一杯生きるしかありません。



■□■□■ 今日のひとこと ■□■□■
  (隔日メッセージ)  



◆◇◆◇◆◇◆ 「いま」この時を生かす  ◆◇◆◇◆◇◆


今日が明日に続くという絶対保証はありま
  せん。事故・急病・災害――次の瞬間はまさ
に未定なのです。
 
  したがって、今日為すことを精一杯なすこ
  と、イマ為すことを懸命になすことです。昨
  日は去り今日はあるけど、明日は来ないかも
しれない、この想いをしっかりと叩きこむことです。

   今日が全てである、このコトバを魂に刻み
 こむことです。「イマ」を生きること。次に
  「イマ」に専念すること。そして「イマ」を
最大限に用いること。ついでに「イマ」を失
なわないこと――
 
「今」このときを生かして用いるものが、
最高の幸せ者です。何回も言います。今日と
いう日は二度ときません。今日出きる事・今
  日しなければならない事を十分検討することです。

   幸せとは悔いをのこさないことです。数多
くの不満はイマを満足に為さないからです。

 ―――――――――――――――――

「幸せ感覚」もその通りです。 「幸福」は愛によって和合した人々です。
幸福とは「交じり合う」ことです。 家庭・学校・職場の人間関係の交わり
です。そして最大の「幸福」とは神との「交わり」です。神の約束は人生を
楽にはしませんが、「力」を十分に与えてくれます。
私たちの思い・言葉・行ないは、全て肉の魂が為すものです。従って過ち
や・間違いのみを犯し続けます。そのとき、神よあなたの聖血によって私を
洗い清めてください、と心から祈ることです。「イジメ細胞」もきよめられます。  
  

=================

どうぞあなたの 「お友達」 におとりなし下さい。

  

[PR]
by hanamizukidayo | 2008-01-23 12:44