cantata777.exblog.jp
ブログトップ

愛が満ち溢れるように

チベット仏教のダライダマ法王は、「先進国の社会が精神の危機とも
言える状況に陥っていることを思い起こせば、技術や知性の
発達に偏る事なく、他人に対する思いやりや、優しさと言った
心を育まなければ人類に降りかかる問題は、益々深刻化する。
宗教こそ、世界の人々が連携し、世界平和を実現する上で重要
な役割を果たす」と説いています。


私も宗教の存在意義はここに集約されると思います。
伝統的な教えから良い感化を受けて、「隣人を尊び愛し合う」、
個人の意識が社会へと連鎖し、世界が平和になりますように。



人間の世界が存続するよう努力しているのが
良い宗教で、人間の世界を滅ぼそうとしているのが悪い宗教



大雑把に分けるとしたらこれくらいの基準で
それぞれの宗教的価値感を尊重しあいながら
宗教界からまず、
平和になっていけば良いと思います。

あと一つ。
「自分たちだけが正しくい」と、ふんぞり返る人には
近づきたくないのと同じです。
「真理だ真理だ」と口で言うよりも
何を行っているかが大切ですから
もし、偽者と見たら離れて下さい。
災いの元です。
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-01-30 12:02 | 宗教