cantata777.exblog.jp
ブログトップ

 今を 生きる  

            本日の名言 


    
      未来は偶然ではない、    

      未来は或る程度まで現在を生きる時の勇気と、    

       事に当っての正しい選択とによって決定される。                        

                    



                           福永 武彦 ―     (『風土』)


この言葉は年齢に関係なく、生きる者すべてに当てはまるような気がする。
死ぬ直前まで、どんな状況にあっても'現在(今)を生きる'人でありたい。
                         
そう思わせるような出来事があったせいか、「今日の名言」に頷いてしまいました。



「クリスチャンになる機会はなかったけど、もし'あの世'というものが
あったら、先に逝った主人に会った時にね、恥ずかしくないように生きたいの」

好奇心旺盛で趣味も楽しみながら、しかし一方では身体の衰えに
抗わずに、身辺整理を楽しんでいるようにさえ見えるある婦人の
言葉です。

「うふふ、先生らしいですね。ご自分の美学を貫いておられますもんね」
そう答えれば
「あなただってそうよ」と返ってきました^^;


この方の紹介で、3,4年前にカトリックのシスターにお会いした事が
あります。初対面とは思えないほど親しみを感じ、会った瞬間に
どちらからともなく駆け寄って思わず抱き合ってしまいました。
「3年経ったら、帰ってきます」と残し、ペルーの貧しい少女達の元に
再び発たれました。

あれから3年経って届いたお便りには、荒れ野に辛うじて建っているように
見えてしまう小屋のように質素な建物の前で、微笑んでいらっしゃる先生の
写真が入っていました。恐らく、現地に骨を埋める覚悟なのでは
ないかと感じます。物も自然も豊かで、恵まれた平和な祖国への
望郷の念はすでに絶ち切った無言の意思が、柔らかな微笑みの
中に宿っているように思えてなりません。

勇気ある決断、主への思いと勇気がどれほど試されたことでしょう。


身辺整理の婦人(私は先生と呼んでいます)と、よくシスターの
話になります。
先生・・
「ミッション系の大学(上智)を出てクリスチャンに
なる時も、彼女のお母様は大反対だったけど、
私は応援したのよ。でも、私の教え子がまさか、
地球の裏側まで行くとは思わなかったわ」
私・・
「00先生はもう帰っていらっしゃらないと諦めたので、私は他の
教会に通うことにしたんですよ」と話たら、知り合いの、教会員
だというお友達に電話かけて、
先生・・
「こういうわけなので、ぜひこの方
の教会の皆さんのためにボランティアコンサートを開いて欲しいの。
音楽がお好きな牧師さまだそうよ」

トントン拍子で話が進んでしまいましたが、堀田力氏の
さわやか財団に所属する有名クラシック歌手の方が、
要請があれば、全国どこにでも出かけるボランティアの活動を
しておられるのだそうです。
カトリックではなくても、  
「こういうお話は大歓迎よ。嬉しいわ!」

と電話の向こうで弾んでおられました。


電話の一声で全国にいる先生の知人たちが動いてくれ、教会同士の
交流のさわやかさや、音楽を愛する牧師先生のためにあれよあれよ
と言う間に話がまとまっていく。何だか凄い!
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-02-06 17:26