cantata777.exblog.jp
ブログトップ

早期条件付け教育 - 1

  親としてのあなたの役目


いろいろな出来事の中には、わたしたちにあまり影響しないものもある一方、後々まで大きな影響を及ぼす出来事もあります。子供の誕生は明らかにその後者です。夫婦にとって、子供が誕生した後の生活は必ず変化します。非常に小さいとはいえ、家族のその新しい成員は、声で自分の存在を知らせるので、無視することはできません。

両親の生活はいっそう充実した幸福なものになるはずです。しかし対処しなければならない難しい問題も生じてきます。最善の結果を得るには、両親が共にそれらと取り組まねばなりません。ですから誕生後の子供の発育にも二人が大切な役割を果たします。この時ほど、誠実で一致した、そして謙虚な協力が必要な時はありません。


父親また母親の役目、及びそれぞれの役目がどのように調和するかを理解することは、子供の必要を満たして良い結果を得るのに大いに役立ちます。平衡を取ることは必要です。頭では理性的であろうとしても、感情に押し流されて平衡を失うことが往々にしてあります。どうかすると過少から過度へ、そしてまた過少へと、両極端に走りがちです。父親が頭の権を行使するのは望ましいことですが、行き過ぎると横柄になります。母親が子供の訓育にあずかるのは良いlことですが、父親を押しのけてその仕事を独占するなら、家族の構造は脅かされます。それ自体良いものでも、行き過ぎると悪いものになることがあります。 - フィリピ4:5
( 参照 あなたがたの広い心がすべての人に知られるようにしなさい。主はすぐ近くにおられます。新共同訳)



  愛されることによって愛することを学ぶ

愛されることは赤ちゃんの感情面の発育にきわめて重要です。赤ちゃんは、愛されること、愛の模範を示されることによって愛することを学ぶのです。

赤ちゃんでも幼児でも愛を示されるとそれを感じ取ります。そして自分もその愛を真似て、母親の首にかわいい腕を回したり、熱烈にキスしたりして愛を実際に行動に表します。するとまた母親から感情のこもった温かい反応を刈り取る結果になるので、喜びを感じます。こうして子供たちは、愛することは愛されることと同じように幸福であるという、そしてまた、愛を示すなら、自分も愛を示されるという大切な教訓を学び始めます。(使徒20:35、ルカ6:38)証拠の示すところによると、幼い時に母親と愛情の絆で結ばれない子供は、のちになって他の人々を深く愛したり、他の人々のために何かをしてあげることに大きな困難を感じます。

子供は生まれるとすぐに物事を学び始めますから、最初の数年間は最も大切な時です。その時期に母親の愛はきわめて重要です。母親が、甘やかすのではなく、愛を示し愛を教えることに成功するなら、その益は永久的なものになります。良い母親になることは、女性の仕事の中で最も取り組みがいがあり、報いのある仕事です。さまざまな労苦や要求が伴いはしても、良い母親になることほど有意義で、永続的な満足の得られる"一生の"仕事が世の中にあるでしょうか。

[PR]
by hanamizukidayo | 2008-03-06 22:26