cantata777.exblog.jp
ブログトップ

 子供たちを"立派"に導く

家庭環境
子供たちは、周りにあるものを吸収します。周囲の人々の態度を感じ取り、周りで行われている事柄を観察して、スポンジのようにそれを吸収するのです。精神的に緊張していようと、あるいはくつろいだ穏やかな気分でいようと、子供たちは親の気分を感じ取ります。赤ちゃんでさえ、家庭の雰囲気の特色を吸収しますから、信仰、愛、霊性およびエホバ神への信頼といった特質は非常に大切です。



(質問:子供たちを立派に導いているかどうか判断するのに、親はどんな事柄を自問できるでしょうか)
次のことを自問してみてください。わたしは子供がどんな基準に到達することを期待しているだろうか。両親ともその基準にかなっているだろうか。
自分の家族がよりどころとしているのは何だろうか。自分は子供に対してどんな手本になるだろうか。不平を言ったり、あらさがしをしたり、他の人たちを批判したり、消極的なことをくよくよと考えたりするるだろうか。自分が望んでいるのはそんな子供だろうか。それとも、家族のために高い基準をもうけ、それに従って行動し、子供たちにもそうすることを期待しているだろうか
家族の一員である以上は、幾つかの条件を満たす必要があり
、してよいことと、して悪い行いや態度があることを、子供たちは理解しているだろうか。子供たちは親に属しているという安心感を求めますから、家族の基準に従う時には、認められ受け入れられていることを子供が感じるようにしてやらねばなりません。人は自分にかけられている期待にこたえようとするものです。自分の子供をだめな子供だと考えるなら、おそらくその通りになるでしょう。ですから子供に良いものを期待し、その期待に応えるように励ますことです。

人々は言葉よりも行いによって判断されます。子供たちも、言葉より行いのほうをよく注意して見るでしょう。また子供たちは偽善に目敏いものです。多くのことを言い過ぎると、子どもたちは混乱するかもしれません。あなたの言うことは必ず行いによって裏づけられていなければなりません。


父親であっても母親であっても、その役目はやさしいものではありません。
しかし、命の与え主の助言に従ってそれと取り組むなら、喜ばしい結果が得られます。
あなたに割り当てられた役目を、命の与え主に対して果たすように、良心的に果たしてください(コロサイ3:7)
極端を避けて平衡を取り、「あなたが道理をわきまえていることを

お子さんを含めて、すべての人に知らせてください。
  
フィリピ4:5

広い心が知られるように・・新共同訳  聖書の教え:主にある者は広い心でいるように
  
                           by家族生活
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-03-13 11:47