cantata777.exblog.jp
ブログトップ

9章  幼い時から子供を訓練する

・・・膨大な学習能力が働くのは誕生した瞬間からです。
(略)
子供は多くの概念を学ばねばなりません。言語の概念そのものも赤ちゃんの頭にしっかりと植え付けなければなりません。

    
 始めるのは今です!
使途パウロは、同労者テモテにあてた手紙の中で、テモテが「幼い時から」聖なる書物を知っていたと述べました。幼い子供は知識欲に燃えているものだという事を知る親は賢明です。赤ちゃんは全身を目や耳にしてよく観察しています。親がそれに気づいていてもいなくても、せっせと情報を取り入れて整理収集し、増し加え、結論を下しています。実際親が注意していないと、子供はちょっとの間に自分の望むとおりに見事に親を操る手を知るようになるかもしれません。ですから神のみ言葉聖書にある 「少年をその道に従って訓練しなさい。年老いても、彼はそれからそれれていくことはないであろう」という忠告は、 赤ちゃんが生まれた時から 始まります(箴言22:6)いうまでもなく、最初は愛をこめて十分に世話をし、愛情を注いで愛について教えます。しかし、それと共に、必要に応じて悪いところを優しい中にも毅然として正すこともしなければなりません

幼児に話す時には"赤ちゃん言葉"を使わずにわかりやすい大人の言葉で話します。子供にはそういう言葉を学ばせたいものです


                                 by家族生活を幸福なものにする
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-03-26 14:25