cantata777.exblog.jp
ブログトップ

再びコイノニア


人間的な理念も率直に反映されたいいサイトだと思います。また高尚な聖書学として勉強になります。例えば、創世記に聖書以前の歴史や神話が取り込まれていても、それによって普遍的な神の言葉としての価値が損われるわけではないと思えたのは以下のページでした。
http://www1.ocn.ne.jp/~koinonia/wisdom/chap1.htm




その上で、いきなりレベルダウンして申し訳ないのですが、ちょっと突っ込みたくなる部分もあるのであえて余計な一言を申し上げさせてもらいます。全体からみたら些細な事かもしれませんが、ちょうど最近考えていた事と重なっていたので書こうかなと思いました。



例えば・・「戦後日本のキリスト教」という項目にありますが、

 ■キリスト教と日本との関わりの第3の波は、日本の敗戦によって訪れました。アメリカの司令官であったマッカーサーは、その占領政策の一環として、アメリカのキリスト教を日本に広げようとして、多くの宣教師を日本に招きました。「日本の敗戦と日本の占領政策は、軍事や政治の課題だけではない、それは神学的課題である」、こうマッカーサーは考えたからです。日本国憲法は、この精神に基づいて生まれたと言えます。マッカーサーの支配のもとで、地主制度が廃止され、財閥が解体され、神社は国家神道の座からはずされ、教育から宗教が排除されました。


 >マッカーサーの支配のもとで、地主制度が廃止され、財閥が解体され、神社は国家神道の座からはずされ、教育から宗教が排除されました。


このような戦後教育に肯定的な文章は気になります。中国、韓国に全面的に謝罪しなさいとおしゃるけれど、もし本当に日本が一方的に悪かったとしても、何十年も謝罪と賠償を求め続けるクリスチャン人口が多い韓国の人たち(クリスチャン)に「許し」の概念を国を超えて求める事はできないのだろうか。平和は相互に作り出すもので、一方的に責めたり、自覚もないのに謝ったりして取り繕ろうとするものではないと思います。

私自身も少し前までは、第二次大戦によって封建的な日本の制度が終わり、めでたく自由と平等の民主主義社会に変容したと、信じていました。しかしこの一文にあるマッカーサーの支配が行ったことを読むと(それは紛れもなく事実ですが)、質的には共産主義と同じだと思います。・・もっとも、中国やソ連などの共産国に「支配」されていたら国も天皇制もとっくに消滅したでしょうから、結果的にはアメリカに占領されたほうがましだったと言えるのかも知れませんが。
(私がどんなに福田総理の政策に賛成できなくてもあまり文句を言いたくないのは、少なくとも他の野党より保守系がマシだと思っているから、です。首相をはじめ今の自民党にはかなり狂った左翼人がいるとしても)

話が逸れてしまいましたが、事実、GHQに紛れ込んだマルクス主義者たちは、日本から「理想社会」を生み出そうといわば実験したのです。そのプログラムの一環として、戦争を遺棄するクエーカー教徒などが皇室にも入っていったそうです。(月刊Willや正論等の情報より、あれこれ読んでいるので誰がどう言ったかまでは覚えきれないw)


結果、今問題になっているいわゆる皇室問題などは、元を辿れば今上天皇の家庭教師を務めたというバイニング婦人らの影響も影を落としているのかもしれません。(バイニング婦人のことは最近雑誌で数人の人たちが言及していましたが、当時のエピソード程度の内容でした。)

実はバイニング婦人の甥にあたる方で、日本に30年以上住んでおられる学者さんに仕事の関係で偶然お会いし、時々話す機会があります。彼の父親が牧師さんだったことや、叔母さんに当たる夫人の話は何度か聞いていました。可愛がってくれた叔母さんの思い出と共にその生涯を執筆したい考えをお持ちのようです。でも、日本人の妻とその家族と一緒に住んでいることもあってか、皇室の話は控えるべきだろうと周囲はとめているとか。私もその意見に賛成したい一人ですが。

つい皇室問題に触れてしまったので、ついでに私の妄想めいた考えも少しだけ。なぜGHQ及びバイニング婦人が「問題」に関係するかといえば、多感な少年期に受ける教育は良くも悪くも影響が大きいと思うからです。国際平和や人権、人間開放という誰にも反対できないスローガンを掲げる主義を跳ねつける理由は見えにくい、良識的であればあるほど人は「理想」に傾倒する傾向があると思いますし。天皇(家)も例外ではなく、押し付けられた教育だったとしても、子供時代の判断能力を考えると誰でもそうであるように、現在に繋がる根のようなものがあるような気がします。あくまでも一部を切り取ったも同然の、しかも妄想ですからいい加減にしてこれで終わります。




可愛げのない理屈をだらだら書いてしまいましたが、やっぱりね、現世の様々な矛盾も問題も見据えながら、曽野綾子さんみたいな信仰と価値観に近づけたらいいな・・夢みています。
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-07-04 11:46