cantata777.exblog.jp
ブログトップ

見覚えのある顔だと思ったら


d0115758_216189.gif

d0115758_2165859.jpg





(出版社)
名 称 株式会社 麻布プロデュース
所在地 〒105-0001
東京都港区虎ノ門3-8-27 巴町アネックス2号館6F






(以下アマゾン・レビューより)

希望の力, 2006/1/6
By ふわふわふわりー (群馬県)

恐ろしい絶望と恐怖の中で、消えることなく輝いていた聖書研究者たちの信仰と希望に、とてもさわやかなものを感じました。
リープスター兄弟が聖書の神の言葉によって強められ、神の王国の希望を見いだすことができて、ほんとうに良かったです♪

一番印象に残っているのは、初めて出会った聖書研究者の「ほほえみをたたえて輝くまなざし」です。
神の王国の希望が、どれほど人を強くすることができるか、改めて実感しました (><)/
自分も、これから先、何が起きようとも、神の王国の希望に焦点をあわせて、霊の実を示してゆきたいと励まされました^^


神の王国の希望が輝いていました, 2006/3/11
By ふわふわ (群馬県)

最近、やっと2回目を読み終えました♪
自分が抱いている神の王国の「希望」が、とっても貴重で大切なものであることを実感できた体験記でした。
自分の一生の中で、2番目に好きな本になりました (^-^*

だれもが骨と皮ばかりになる、あまりにも過酷な環境のなかでも、
聖書研究者たちの信仰と希望、そしてパープルトライアングルが
ほんとうに輝いていたと思います。
極限の状況に置かれたとき、神の王国の希望があるのとないのでは、これほど違うのか・・・と、深く考えさせられました。

聖書研究者たちの模範にならって、死に至るまで、
神の王国の希望を決して失うことなく、神の言葉を学び続けてゆきたいと励まされました!
             


         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「忠誠を保った立派で模範的な」クリスチャンのお話の本です。



先日T姉妹(不活発暦5年くらい)からこんな感じのメールが来ました。


「訪ねてきた姉妹に薦められて買ってしまい

夜中にうなされて大変な目にあった

出版社から出ている本で、協会の見方とは違うと言ってた。
途中まで読んだけど具合が悪くなった。
読みたいなら回すけど?」

うなされるような本を私に?って一瞬思いましたけども、
薦めたという姉妹の心境を知りたくて読むことにしました。

毎日持ち歩いていましたがハードカバーの分厚い本だし、暑いし
あまり気乗りしないまま今日まで開かなかったのですが、
夕方から右上の本を一気に斜め読みしてしまいました。


「この頃までは、組織も神に用いられていたのかな。
  T姉妹はどこが気持ち悪いと感じたのかしら。
収容所の残酷シーンだとかそんな意味ではないはずだし・・」

あらためて表紙をみると、どちらも見覚えのある顔です。
筆者の履歴には一言もJWだと表記されていないけれど
JW経験談そのものだし、紛れなく兄弟・姉妹だし。

 出版社から辿ってみようと検索してみました。
  
   麻布プロデュース出版部(訳)


なにやらブロパガンダを狙ったJWのダミー会社のような気がします。
JWの息がかかった書物が一般の会社を装って?出版されている、
そういうことでしょうか。
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-07-25 20:46 | 宗教