cantata777.exblog.jp
ブログトップ

今頃、大会の話w

先日JW現役・妹が、「今年の地域大会はすばらしい3日間だった!」と、
珍しく先方から電話があった。
どうでもいいけど、正確には「今年も」と言ってたかもしれない。

大会会場で私が現役だった頃、一番親しくしていた**姉妹に
会ったら、私の話になって二人して泣いたと言う。
うーん、そう言われても複雑。はっきり言って今さらって気もする。
でもまあ、いろんな意味で妹に迷惑が及んでいることは
察するので、「ごめんねー」と返事するしかなかった。


大会の少し前、元JWの友達からこんなメールが届いた。


「今週は**の大会らしいです。
ようやく、よそ者のように、大会かーって考えられる

不思議な開放感があります041.gif


思わず笑ってしまったが、彼女は本当に長い間、よく闘かって来たと思う。
私はネットの情報を見たり、引越しを重ねて遠ざかったが、そういう手段を
使えなかった分、苦労も大きかったと思う。


それぞれに家族があり、仕事もしていたため、会って話す機会は
めったになかったが、お互いにその存在が力になっていた。
それにしても・・ついこの前まで、確か今年の春頃まではイライラして
ストレスが昂じると、「もう辞めさせてくださいっ」と長老に電話していた
という彼女なのに、強くなったものだと感慨深かった。


妹の話に戻るが、最近開拓バリバリだった姉妹が集会に来なくなったと
言う。「病気になったら、もう集会に行かなくてもいいんだと、喜んでいる
みたいなの。前は具合が悪くて集会を休む人を散々裁いていたのに!
それにたまに来る時は、みんなに抱きかかえられて凄く悪そうにしてるけど、
家では全然違うのよ。チャリに乗ってる姿を見かけた人、躓いていたわ」

よくも悪くも、その姉妹の気持ち、分かるなぁと思いながら
「病気なんだから、今までと同じように優しくしてね」と言ったら、
少しむっとした声で「もちろんそのつもりだよ」と返ってきた。

病気になって初めて・・身の振り方を真剣に考えるきっかけになるケースも多いと思う。
病気にでもならなければ、自分の状況をゆっくり冷静に考える時間もないのだから。


先週、大会で発表になったらしい新しい書籍が2冊、ポストに入っていた。
「自分を神の愛のうちに保ちなさい」
私が会衆を去った頃に出た「エホバに近づきなさい」という書籍に似ているような
気がして、目を通してみたが、丸ごと、JW流道徳律本に過ぎなかった。
  そのおきてを守り行うこと、これがすなわち神への愛です。ヨハネ5:3

神の「愛」のうちにとどまるには、何が求められるか。
おきてによく従い、汚れた行いを避け道徳的なクリスチャンとしてふるまうこと。

極々、当たり前のことをもっともらしく表現したものに加え、
大部分はあくまでも、JW独自の基準の押し付けに過ぎなかった。

要約すればこういうこと(これまでと何も変化はありません)
組織の律法に従うことが救われる条件です。邪悪なサタンに支配され、
この世は誘惑と悪に満ちているけれど、私たちの示す「立派な業」に
よって、エホバへの愛を実践し、その業によってJWだけが救われますように!
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-08-31 00:01 | 宗教