cantata777.exblog.jp
ブログトップ

七人、集まった

昨夜NHKで放送した、黒澤明監督の「七人の侍」を観ました。日本映画、最高傑作といわれる
あまりにも有名な映画なので、ストーリーは省きますが、私は今回初めて観ました。

戦後まもない昭和24年の作品というのが信じられないほど、ダイナミックで
しかも緻密な映像に驚きました。

まず登場人物とストーリーの面白さは、天下一品だと思います。
ぐんぐん引き込まれました。少し音が悪くて、聞き取りにくさはありましたが、
それを上回る戦の場面の迫力など圧巻ですね。
特殊合成で見せる現代映画では、もう絶対に味わえない、本物を追求する映画人の
魂が集結しているという感じでした。
(今日、黒澤監督のインタビュー録画も見ましたが、作品にかける監督やスタッフの
意気込みや、撮影の裏話も凄かったです)

侍たちの個性はどの人も魅力的でした。私は特に、リーダー役の志村喬さんが
すばらしいと思いました。同時に、現代社会ではいわゆる「弱者」に相当すると
見える立場の生活者、つまり村人たちの(年寄りも、若者子供も赤子も
男も女も、親も子供も共同社会も)生きる姿は、現在の自分たちに重なって
いるような気がしました。


三時間半の超大作で、解説もあったために4時間くらいかかりましたが、
「もっと早く観ておけばよかったなー」と思わせた映画NO1かもしれません。
そういうわけで、本日の午後は「『七人のさむらいはこうして作られた』アーカイブ特集」
という番組も見たので、テレビ漬けの休日になってしまいましたw


大いに笑ったり、爽快感あふれる場面も盛りたくさんあって、
おもしろいなと思った台詞はいっぱいありますが、
特に、心に残ったものを、最後に残しておきたいと思います。



このめし、おろそかには食わんぞ   (報酬は米のめし、承知した勘兵衛)



こいつは俺だ。俺がそうだったんだーっ! (赤ん坊を抱いて、叫ぶ菊千代)



いいか、戦さとはそういうものだ。
人を守れん者は、己をも守れん。

己のことばかり考えるやつは、己を滅ぼす者だ!  (竹やりを捨てた村人に、勘兵衛)

[PR]
by hanamizukidayo | 2008-09-07 23:47 | 趣味