cantata777.exblog.jp
ブログトップ

全国17か所遊説スタート

今日から総裁選候補者の地方遊説がスタートしたそうですね。
5人一緒なんて、総選挙でも見ることが出来ないチャンスなので、
楽しみです^^

さっそく、予定表を調べてみました。↓


http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080901-4146106/data/01.htm


ところで、今朝の「自民党総裁選討論会」(読売新聞)の記事の末尾に、与謝野さんの
こんな言葉が載ってました。


「全国遊説は全部参加します。5人そろってのキャラバンみたいな、
同じ飛行機で同じ汽車で移動する。

 幼稚園の遠足みたいな・・・」


民主・渡部恒三氏の「高校生の弁論大会みたいだ、幼稚園の運動会並みだ」発言を
意識したものだったのかもしれませんが、この選挙の本質を自分から、さらりと言って
のけてるなーと、感心してしまいました。

記事によると、「与謝野さんは派手なパフォーマンスは嫌うが、機知に富んだ受け答えには定評がある人」だそうです。頭がいい人だというのはよく分かります。


今になって民主党が、運動会だ、お祭り騒ぎだと、幾ら揶揄しようと
単なるやっかみにしか聞こえません。
代表になりたいという人を押さえつけたりせずに、選挙して党首選びを
やるべきでした。それさえできなかったのだから自業自得です。
本当に、小沢さんの対抗馬を許さなかったのは遺憾でした。



やはり麻生総裁になって欲しいと、私も願っているのですが、
実は最近、石破さんのニュースを追いかけていました^^:

先週のサンプロで石破さんを見た時も、説得力があって話がおもしろく、政策の
方向性にも一番共感しました。そういえば、あの時点では7人も候補者が立って
いましたが、結局残るべきひとが残ったなと思います。
ただ、石破さんが外国人労働者受け入れをどう考えているのかまでは
よく分かりません。
安倍政権時代は嫌いだったのに、近頃の、あの笑顔を見ていると
実はいい人なんじゃないかしら?と見直しているところです。
ちなみに、麻生さん、石破さん、与謝野さん・・3人ともクリスチャン
だそうですね。

http://www.sonoda-yoshiaki.com/sisaisen.jpg



話は変わりますが、今日テレ朝のサタデー・スクランブルで出演者一同が、
「自民党ばかり騒がれて嫌ですねー」と不愉快そうに話していましたげど、
お祭り騒ぎにして品位を落としているのはいるのは、自分たちなのに、
逆宣伝になった悔しさのあまりなのかどうか知りませんが、身勝手で、
あまりにも偏った見識にあきれてしまいました。


マスコミに叩かれようと、何があろうと与党政権の存続がかかった選挙なので
一丸となって、この危機に立ち向かっていただきたいと、願っています。

立候補した人たちは、負けた場合にはそれなりのリスクを負う人たちであり、
負けると分かっていても、ある候補を推薦するのもまた(将来への投資という
考えがあったとしても)、無記名の投票とは違い、信念が強く伴う行為だと思います。

推薦人が集まらず、出られなかった二人の候補者もいましたが、お互いに
自分が降りてでも相手に勝ちを譲るという謙虚さや、潔さはありませんでした。
結果、「若手」の失望を買ってしまったそうです。
こんな人たちもいるとは言え、党や一国のリーダーを決める選挙は、
直接投票できなくても、誰がどの候補者を推薦したか、そこに
どんな流れがあったか、しっかりと見ていきたいと思っています。
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-09-14 00:05 | 政治・社会