cantata777.exblog.jp
ブログトップ

閣僚として節度を欠いた発言だったかもしれないが・・

辞任した中山氏の発言内容はまっとうだと思います。
ただ、野党・マスコミ連合が、発足したばかりの麻生政権の足元を
何とか挫こうと血眼になっている時に、あまりにも軽率過ぎました。

うちの家族もバカやってくれたと言ってますが、
辞めるくらいなら言わなきゃいいんです。
辞めろ辞めろコールに屈して、辞めて責任を取る。
何とかなりませんかね。この図式。

言葉に責任を取るとは、言ったことを実行することでは?
圧力もあったかもしれない、でも辞めさせばよい、そういうものではないでしょうに。
さらにおバカなのは自民内の批判、「選挙がやりにくくなった・・だの、困っただの・・」
情けない言葉を吐くんじゃないよ。自己の実力で勝負でしょうが。

民主党とは違うんだって、どんどんアッピールすればいいじゃありませんか。
日教組の洗脳教育にうんざりし、目覚めた人々が、無党派層から戻ってくる
チャンスになったかもしれないのに。


昨日はテレビを見る時間が無かったので、ネットニュースからイザに飛んだら
共感した記事があったので、以下引用させていただきます。

http://panther.iza.ne.jp/blog/entry/732006/allcmt/


中山成彬発言】朝日、必死に日教組を擁護する
2008/09/27 06:58


それにしても中山発言バッシングは度を超しているとしか言えないものがある。

中山発言バッシングを機に「日教組は悪くない」キャンペーンを張っているようにすら見える。

朝日の記事に至ってはまるで「日教組の組織率が高い地域ほど成績がいい」といわんばかり。

日教組が本当に批判されるべき要因は戦後日本の教育を好き放題に切り回し自虐史観を正当化し教育現場に持ち込み生徒たちに叩き込んだことにあるだろう。

大分教育委の件は何をかいわんやだろう。

それにしても民主党の必死な中山発言バッシングは年金問題での「小沢自治労」擁護を思い出す。
社民党の場合は成彬叩きで拉致解決運動の象徴的人物の一人である恭子補佐官のイメージダウンも狙おうあわよくば夫婦共々辞任に追い込もうと考えているのではないか。

中山発言はアイヌの件ではおかしいが成田の件では爆弾闘争は事実だし日教組については論じるまでもない。

中山発言がおかしいというなら辻元の、「国会議員っていうのは、国民の生命と財産を守ると言われてるけど、私はそんなつもりでなってへん。私は国家の枠をいかに崩壊させるかっていう役割の国会議員や」発言やオザワの「拉致解決できっこない」発言を批判しないマスゴミは何なんだ?


フォルダ: 教育問題

[PR]
by hanamizukidayo | 2008-09-30 14:55 | 政治・社会