cantata777.exblog.jp
ブログトップ

夕食

夕方市川で降りて乾物屋さんに寄り、ついでに夕食用の魚を買って帰った。

花やさんで生花を買う。胡蝶蘭や白い菊は見たくない。目を背けたくなる。

猫がいたずらするから部屋には飾れないけどな~と思いながら、
何でも良いから明るい色のお花が欲しかった。


父の好きな花は何だったのだろう。
私は知らない。

父は自分のことはめったに話さない人だったから、知らないことの方が多い。
たくさんのメダルや賞状も父が亡くなって初めて見た。

子供の頃のことや若い頃のことも直接父に聞いたことがなかった。

古いアルバムも初めて見た。

私の記憶にあるはずもないが、初めて見る戦争中の写真の姿は
細くて、背中をやや反らし、堂々と凛々しい。孫の誰彼によく似ていた。

「親父さんは空軍だったんですね?」と夫が訪ねると、母は
「結婚したばかりの頃は軍隊の話ばかり、耳にタコができるくらい聞かされましたよ。」
などと返事していた。

そんな話も初耳だった。どうして話してくれないのかなぁと思っていたが
聞いてはいけないような気がして聞けなかった。そんな機会もなかった。

母にしてみれば聞き飽きてしまって、もうどうでも良い話題だったのか。
いや母の弟は、シベリアに抑留され骨と皮のようにやせ細って戻ったと
聞いた記憶があるので、戦争の話は嫌いだったのかも知れない。
母はサツマイモが嫌いだ。散々食べたからもういやだと言っている。

私の幼い頃は非常に短気で厳しい父だったが、祖母が死んだ頃を境に
変わっていった。家族にも穏やかな笑顔を見せるようになった。

昔は、家族を犠牲にして、他人にばかりいい顔をしていたのに。


夕食の支度をしながら、あれこれとめどなく考えていたら焼き魚を
真っ黒に焦がしてしまった。
土鍋で炊いたご飯も焦げてしまったが、かろうじてまだ許容範囲。

子供たちのいない二人分の食事の支度は気楽なものだ。

朝のうちに作って置いた卵焼きと、豆腐とねぎのお味噌汁、シャポーで買った
柚子の香りがいっぱいする白菜漬けでニュースを見ながら食べて

「官房長官もしっかりしてないし、今度の選挙は厳しい結果になりそうだ」
「うん、うん」
などと、我ながら我が家の会話っていったい?

途中で友達から電話が入り、「はなさんがカリカリ怒るくらい元気があるようで
良かった♪ 無理して抑えないほうがいいんだよ」と言われた^^


こうしてゆっくりと食べ終わったとたん何気に言ってしまった。



 
  あぁ  も~~ お腹いっぱい!         
    
          柿でも むこうか  お父さん? 

[PR]
by hanamizukidayo | 2008-12-08 21:04 | 日常