cantata777.exblog.jp
ブログトップ

クリスマス・イヴ  

昨夜は教会のイヴ礼拝に出席するつもりでいたが、結局行けなかった、というか
行かなかった。


去年、訪れたあの小さな教会にも、今夜の礼拝には、きっと
たくさんの人たちが訪れたことだろう。賑わっている様子を思い
浮かべながら、スーパーに寄り9時過ぎに帰宅した。


仕事が終わったら直行する予定だったのだ。。

で、いったい何していたかと言えば・・・・・・


先日も記事にした仕事先のクリスチャンご夫妻が、家庭集会のようなものを
開いて下さり、最高の楽しい時間を一緒に過ごしたのだった。



3時に訪問すると娘さんが見えていた。今夜は礼拝の受付担当なので
早目に帰る。母たちと一緒に今日はケーキ食べてって下さいと言われ、
とりあえず
頼まれた果物や食材を買い物して戻ったところ、テーブルに書置きが・・・


「先に帰りますが、どうぞ一緒にお祈りしてケーキ食べて下さい。
二人とも賛美歌が好きです。お願いします」


来客用のコーヒーカップやケーキのお皿がセッティングしてあり、
奥さんはコーヒーの用意をしておられた。

奮発して(と言っても私が買ったのではないが)買って来たイチゴのおまおうを
ケーキに添えてさっそくお茶会。

お祈りは今日も奥さんだった。
072.gif神さま わたしたちのために来られたイエス様にこころから感謝します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はいつも来て下さる・・・・・・・?『すみません、名前わすれました・・・・』

■(横から旦那サン 「 0 0 さんだよ」)

はい、0 0 さんでした。 よくしていただいて いつも感謝しています。


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう長いこと教会へは行ってませんが (横から旦那サン >この前行ったよ!)
・・はい。これからも神さまを 忘れないよう に暮らしていきたいと思っています。

    
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

主人と、0 0 さんと一緒に、これからケーキをいただきます。
イエスさまのお名前を通してお祈りします
                          アーメン




途中で切り上げることも出来たのだが、ご主人の体調が普段よりも
格段良くて、このチャンスを逃したくなくなってしまった。

このチャンスと言っても深い意味はないのだが、お元気な時に
いっぱい話したかった。クリスチャンになったいきさつ、信仰
ご家族のこと、結婚までのいきさつ 

普段は奥さんのケアのためにうかがっているので仕事の合間は
わずかづつしか話せない。体調が優れず、寝ておられる時も多い。
滅多にない機会だと思った。

ご主人は、私が教会に行く時間を気にかけて下さってはいたが、
聖句を読んで讃美歌を歌った後、すっかり自分のほうが話に
夢中になり、昔のアルバムを出してこれまでの歩みを
披露して下さった。

大学時代に信者になったこと、車(セドリック)で教会に通った。
趣味はテニス。 想像はしていたが良家育ちのエリートだった。
昭和28年のアルバムには九州は長崎から北海道トラピスト教会
至る所で写した写真の数々が出てきた。

ある時期は赴任したマレーシア、またある時は北欧の教会

教会も国際色豊かだが、セピア色した長崎グラバー邸からの眺めや
戦前の大浦天主堂の写真もあり、私の目にはすばらしい希少価値あり
と感動だった。日本のキリスト教の歴史の一端に触れた思いがしたのだ。

「奥さんと結婚されたのは信者同士だったからたですか?」
と訪ねたら、知り合いの紹介で、信者だからということではなかた
という。

60年以上、同じ信仰の価値観で結婚生活を送ってこられて
00さん、お幸せでしたね。(私はお名前で話かけるのだが)

「ご主人のような方とお見合いされた時は嬉しかったでしよう?」と聞いたら
旦那サンの目線から離れた場所に移動して、声をひそめ・・・・・・


「それがね。もうボロボロだったのよ007.gif」と涙ツーツーの仕草をされる。
2回もされたので、あら~~(爆)  思わず肩を叩いてしまった!!!

本当にお茶目な方だ。二人でお腹が痛くなるほど笑い転げた。

末っ子だったから両親が早く結婚させたがったので、学校の先生を辞めるのが
悲しかったという意味らしい。昔はそういう時代だったと。


来年もお元気でいて下さいますように。
神さまを「忘れないように」願う想い・・・・・・・・(感涙)


感動の家庭礼拝でした072.gif072.gif072.gif
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-12-25 10:11 | 宗教