cantata777.exblog.jp
ブログトップ

 誇りある歴史観こそ美しい国、明るい国への展望




月刊 WiLL 2月号で 安倍元総理の   
   

麻生総理よ 断固たる決意を
   と題するインタビューを読んだ。


麻生総理はこれまでべらんめぇ調で本音を語る姿が人気だった。ところが本音というものには毒がある。総理になると、毒の部分だけを見られるようになってしまいました。私は、もう麻生さんは地金を出して、本来の姿を全面に出したほうがいいと思います。元々明るい人だし・・・・

今は笑顔を出していません。周りが笑わせないようにしているのでしょう。




さすがです。ほんとそう思う。マスコミは麻生さんの険しい表情や、追い詰められたようなネガチィブ悪意の映像を流す。支持率下げようと、なり振り構わない見苦しい戦略で必死の様相だ。漢
字が読めない、病人に失礼なことを言った、医者をけなした、加えて情けないのが、自分たちの都合しか考えない自民造反組である。せっかく選挙の顔で選んでやったのにとの言い草。

日頃、宗教感や考え方に共感させて頂いている 潮匤人氏

     
     防衛音痴のアホ、バカ文化人




今回もまたスカッとする記事だった。きちんと読み込む時間が取れないので
興味のある方は、以下のブログでどうぞ。

http://akiz-e.iza.ne.jp/blog/entry/844807/



また、愛読雑誌サピオは麻生さんの取り上げ方に不満はあるものの、今回の小林よしのり

ゴーマニズム宣言   「天皇論」  これはJW経験者だけでなく日本人が案外深く考えて
いない(というか、教わってこなかったからこういう世の中になったんだろうと思うが・・・・・)


もう一度原点に戻り、この国の特異な尊い伝統や日本人としての宗教の在り方を考えても
良いのではないか。それは罪悪感を抱いたり、何かこうしなければダメな人間だという
押し付けなどもなく、日常が無意識に天皇と繋がっている日本人独自のDNAのようなものだ。

良いものだと信じて騙され、辞めてはみたものマイコンの影響に混乱、あるいは価値観を見失ってしまった元証人たち。現実社会を、生まれた国を、もう一度見直し、自分を愛するというアイデンティティの回復確立に、また社会復帰は怖くない、そういう助けにもなると思います。お勧め。




最後に麻生さんの筆跡をみたいサイト
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/308.html

2007年七夕の祈り(短冊) いろんな人が書いてますが、短く凝縮された言葉に
その人らしさがよく表れているなと思いました。
http://www.kantei.go.jp/be-nippon/archive/tanzaku.html
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-12-27 10:51 | 政治・社会