cantata777.exblog.jp
ブログトップ

  甘い生活



明日は鏡開きなので、お汁粉にする小豆を煮ながらパソコンに向かっている。
(本日のタイトルは、私は甘党だと言ってる程度のことで、深い意味はありません)


昨日思い出したように、夫が言うことに、

「 そういえば俺、年末に銀行のATMで、前の人が忘れた百万はありそうなお札を
拾った(見つけた)んだよ。」


私 「え~~!それでどうしたの?」


夫いわく、
「まだ、すぐ近くにいるはずだ」と、銀行の案内係の人に声をかけたら・・・・・・・・

「 その女の人は札束を持って銀行の中に走って行った。俺にはお礼の一言もなかったね。」


夫が、忘れて出て行った人の特徴を覚えていたとしても、案内の人は
最も適切なマニュアル通りの判断をしたに過ぎない事なのだろう。

金額の大きさに慌てたのかもしれないが、
そのような忘れ物は案外、頻繁にあることなのかもしれない。



私もATMを去る前にカードや通帳、バック、現金の忘れ物をしないように必ず確認する
ようにしている。過去2回 カードだけ受け取って、現金を忘れたという苦い経験がある。

もっとも、最近は音声で知らせてくれるのだが、注意を怠らないように心がけている。



私 「 暮れの厳しい時に、いいことしたね~お父さん。今年はきっといいことあるよ。」

夫 「 まったく、だよな~。だといいがな~~025.gif




今朝は先日の蛍光管取替え作業をするのに、6時半に出るというので、
( たまたま私の仕事がいつもより早い8時半になった事情に合わせて )

昨夜は6時少し前に目覚ましをセットして、早めに寝たのだが、どいう訳か・・・・・・・

4時半に鳴った夫の目覚まし時計に起こされてしまった(ー_ー)!!
本人は起きる気配ナシ。
私としてはここで二度寝したら起きれるかどうか自信がない、微妙な時間帯(p_-)

しかたがないので、起きた。猫たちも一緒に起きて来る。かつお節あげたり
猫トイレの掃除したり。洗濯もすませた程、余裕の朝だった。


現場に着いたら、清掃会社の人たちが、店舗の前の歩道をクリーニングしていた。

邪魔にならないように気を付けながら2個の脚立を運び、看板を外して管の交換。
それから再びいったん降ろした看板を取り付けて、写真に収めて終了。

今日は、「 落ちるなよ! 」と注意した夫と、スタバで15分のコーヒータイムを取り、
それから仕事先まで送って貰った。


仕事中は無我夢中なのでめったに気にならないが、今日はさすがに帰宅の途中、
背中にずっしりとくる疲れや、腕に痛みが走った。
でも、利用者さんはみなさん気持ちが優しいので、毎度、気分は清々しい。
「ズボラなんで 」という私に「 それがほんとだったら、いったいどんな人がズボラなの? 」

戦時中皇居で勤労奉仕なさrったというお婆ちゃんだが、今日も東京空襲で疎開した
事や、二重橋関連の話を懐かしそうに話して下さった。もう何度も聞いた話だが^^

着替え、清拭、手足浴、食事介助、下のお世話の合い間の話題は尽きない。おしゃべりしながら一通りの流れを終える。
しかし、水分摂取の際であれ油断は出来ない。身体も使うが、
決して気は抜けない仕事である。
そのような自覚を一応念頭に入れているつもりではいる。

で、終わらなければ気が抜けないというか、自慢にもしゃれにもならないが、
普段の私は忘れものの名人で、ズボラというのは本当の話。



先ほど
「 今年は結構〇〇から注文が貰えそうだ。」と嬉しそうな顔をして夫が帰って来た。
そのかわり・・・・・・

「〇〇ちゃん、今年は親戚の分をもう一つ、おせち貰えないかな」と頼まれたという。

何かとお世話になるゼネコンのお偉いさんであるこの方の家に、大晦日は毎年、義兄の
店のおせちを届けているのだが、自分の家にも欲しいと言出だした親戚のためだと言う。

「えっーー? 何万かかると思ってるんだろ013.gif」と思わず口にしてしまったが、

 「『去年はヒジョーに厳しかったので、今年は注文の方、よろしくお願いします』
   と言っておいたよ。」と、夫。

     なら、よろし(^_^.)


家内安全、無病息災、商売繁盛、庶民の奉げるささやかな祈願が、利己的なご利益追求に過ぎないと見下すような思い込みは、JW教人の独善に過ぎない。
お水で手を清め、手を合わせる日本人の姿を、

私は微笑ましく、また美しいと思う。



人の幸せは自分の幸せ。自分の幸せがひいては人の幸せと輪のように共鳴しあう国なのだ。
 最近まで知らなかったが、神社に参拝する人は皆、善男善女と呼ばれるという。

      
      すべての「 善男善女 」に幸あれ
[PR]
by hanamizukidayo | 2009-01-10 22:27 | 日常