cantata777.exblog.jp
ブログトップ

 友達と新年会



今日は、夕方6時に居酒屋に集まって、新年会を過ごした。
6人で4時間近く、飲んで食べて、散々おしゃべりしたが
おばさん同士の話は、時間が幾らあっても尽きないかw

JW現役不活発時代に、図書館を併設したコミュニティセンターで
知り合った読書会のサークル仲間たちだが、現在はほとんどが
仕事も住まいも変わっているし、子供たちもそれぞれ成長し
一番年長の人は孫も出来た。まだ小学生の子供を持つ人も
一人いるが、高校、大学受験を控えた親の人が3人。


挨拶もそこそこ、
「 みなさん、まだ、朝日読んでる? 」

「 うん 」
3人が強くうなずいた。後は毎日に変えたとか、うちは日経だとか・・・

「 はなさんは、産経でしょ? 」と問われたので、
「 残念ながら、旦那の好みで、まだ中道、読売なのよ 」018.gif

アリス・ミラーの「魂の殺人」を読みあっているという張り紙がきっかけで
彼女たちの仲間に入っていったのは、今からもう9年前になる。

テーマは決めていても、子育ての悩みや学校のこと、また嫁姑問題など
集まっては脱線ばかりしていたが、青木悦さんやフェミニストの面々の本
藤井誠二や宮台真司などなど、JW以外の社会問題や知識に目覚めた
きっかけになったことも含め、彼女たちに出会えた事を感謝している。

アメリカから帰国したばかりのYさんいわく、オバマ氏の政策の展開に
多少の懸念がないでもないが、ブッシュが終わったのはとにかくめでたい。

反戦平和、護憲派のAさん
「 最近この人の本を読んでいるけど、面白いよ~ 」
と、バックから取り出したのは、何と佐藤優の「 ・・・・とマルクス 」
これには内心びっくりしたってものではなかった。本当に驚いた。

「 Aさん、こっちにおいで~おいで~ 」とラブコール053.gif053.gif


ドラマや話題のお笑い芸人の話にはまったくついていけないが、
昔は嫁姑愚痴話が中心だったのに、次第に認知症や親の介護の
悩みなどに変わってきている。

家族構成も、年代も、価値観も、バラバラな私たちなのだが1年、
あるいは数年も会わなかった人ともまったく違和感なく何でも話せる。
この空気はいったい何だろうとフト思ったのだが。

何かの拍子に、誰かがつるむつるまないという話を始めた時に、
ああ、そういうことだったのかと、納得した。

私たちはごくごく普通に生活し、働き、ボラをしたり遊んだり時には
真面目な話もするけれど、普段は人とつるまないことを潔しと考えて
いる、少し変わった人種なのかもしれない。
[PR]
by hanamizukidayo | 2009-01-11 23:49 | 日常