cantata777.exblog.jp
ブログトップ

最近のニュースより  雑感


新聞やネットニュースの見出しで連日支持率低下、支持率低下とネガティブキャンペーンを繰り広げ、そうした中、渡辺氏の離党パフォーマンスだけは、NHKも朝日系テレビ(今朝時間があったのでワイドショーを観た。最近、日曜の売国田原番組は聞き流すことにしている)も、拍手喝采のごとく流している。

渡辺氏についてはあるブロガーさんが仰っているように、「 政治を冷静に分析出来る人、マスコミの誘導では騙されない人たちから見たら、貴方のやっている事はそれまでの好印象な活動すら否定されかねません。今後の発言を聞いても 『 でも100年に1度の金融危機と言われる時にも自分の人気を磐石にするためにマスコミを利用したパフォーマンスをした男だから、信用出来ない 』となってしまいます 」というご意見、ごもっともだと共感している。

今に始まったことではないが、マスコミの世論調査なるもの、いったいどこからこんな数字を引き出しているのだろう。
給付金についても、本当に国民の78%が(選挙対策だは別としても)、「自分たちは要らないから、もっと困った人たちの為に使って欲しい」と、思っているのだろうか?( もし事実ならすばらしい国民性だと思いますが。)

受け取る受け取らないは個人の自由で、ある人が本当に困った人の為に使いたいのであれば、受け取った後で自由にそうすればよいではないか。あるいは窓口で「他の方たちの為に」と言えば済む話である。

もし、麻生さんが「ああ、それなら給付金は白紙に戻しましょう、辞めます。」
と言ったとなれば、約束が違うだの弱者を切り捨てるのかなど、さらに攻撃して
くるのは目に見えている。


また、年末年始から今日もまだ、ヒューマニズムに酔ったように派遣村救済のニュースが流れている。共産党とプロ市民活動のプロパガンダじゃないの?本当に困った人ばかりだろうか。私は、ゴネ得社会お手本見世物劇を見せられているようにしか思えない。ボランティアが炊き出しをし、彼らの為に布団を運び、一生懸命働いている傍らで、当人たちは何をしているのか。
せめて公園やお世話になる公共施設、あるいはホテルで最低1時間位の掃除や食器洗いくらいはしているんだろうか。「派遣」という身分なら病人、身体障害者や後期高齢でない人は安易に生活保護申請ではなく、就職活動資金として「貸し付けるのが筋」ではないのだろうか。
 
 

<内閣不支持7割超、給付金に反対78%…読売世論調査>  読売新聞社が9~11日に実施した全国世論調査(電話方式)によると、麻生内閣の支持率は昨年12月の前回調査から0・5ポイント減の20・4%、不支持率は5・6ポイント増の72・3%となった。
 麻生首相と民主党の小沢代表のどちらが首相にふさわしいかとの質問でも、小沢氏が39%と前回の36%から増やしたのに対し、麻生首相は27%で29%から減らした。

 <麻生政権100日間の評価1、8点> 国の政策評価などを行う非営利組織(NPO)法人「言論NPO」(工藤泰志代表)は麻生政権100日間の評価に関するアンケート調査結果をまとめた。
 首相の資質に関する8項目の評価(いずれも5点満点)は平均1・8点で、福田政権100日の2・3点、安倍政権100日の2・2点を下回った。
[PR]
by hanamizukidayo | 2009-01-13 11:18 | 政治・社会