cantata777.exblog.jp
ブログトップ

迷い



仕事から帰ってくるなり、パソコンを開いてお気に入りを覗いて回った。
珍しく夫はまだ帰宅していない。
どこで油を売ってるのかw

たった今、「 書類を取りに帰ったんだけど、誰もいないし、しばらく
猫と遊んでからこっちに戻ったよ 」と、息子からメールが来た。

帰る前に一言教えてくれればいいのに。
今朝たくさん作ったカレーとか、持たせてあげたかったが仕方ない。


さて、パソコンの傍らの父の写真を見ながら、「どうしたものか」
としばし迷っていたことを、そろそろ決めなければ。

今週末、49日の法要があるので、母から早めに帰って
くるように言われているのだが、
いよいよ父がお墓に納骨される場面に耐えられるか
急に自信がなくなってしまい、気が重くなっている。


火葬場で、スイッチが入った時は、一瞬頭が真っ白になったが
白く焼きあがった父の骨を見た時は、きれいだとさえ思ったのだが。

一つ一つ、骨の部位を名前で呼びながら丁寧な説明を受け、
見守っていた一同、妙に感心しながら耳を傾けた。


「 これが喉仏です。喉仏って実は骨なんですよ。よく見てくださいね。
ほら、こう置くと仏さまが座っているように見えるでしょう? 」


「 あ、本当だ、本当にそう見えるー。なんだか凄いですねえ~ 」001.gif

次女なんて楽しそうに、あっちこちお箸で拾い上げていたし、何となく人体の造りに
感心してしまう明るい雰囲気で、あったかい骨を順番に壷に収めた、あの日。


田舎でも最近は、火葬場からお墓に直行して納骨を済ます習慣に
なっているというが、母も弟も私たちも、自宅の前を素通りして
お墓に直行するのは忍びないよね、もう少し家にいて貰いたいということになった。

そういうわけで年が明けてから、49日の法要の後、納骨をするという
段取りになったのだが、
困ったことに、急に行きたくなくなってしまった。


寒がりだった父を、幾らお骨になったとは言え、
この寒空に、お墓に入れなくてもいいんじゃない?

春になるまで待ったら?056.gif


「しようも無いことを今更言うな」と夫に怒られたが、昨夜
明日の飛行機の切符は売り切れて無いようだと嘘をついた。

金曜日に行って、手伝ってくださる近所のおばさんたちと料理作りを
しようか・・・まだ飛行機の手配もしていない。支度もまだだ。

最初はこじんまりと内輪で、という話だったのだが、そうもいかない
状況みたいだ。料理は仕出しを取ればすむ事なのに、
なんだかんだと近所の方たちも、集まって下さるらしい。
ありがたい話なんだけど。


真冬の納骨か・・・・・・

見たくない
行きたくないなあ・・・
[PR]
by hanamizukidayo | 2009-01-14 22:03 | 日常