cantata777.exblog.jp
ブログトップ

気ままに書く日記

躁鬱病の特徴だと自覚しているのだけど、

調子が良い時期はやることなすこと、

何もかもが楽しくて、

これが本当の私だ!と、

万能感に燃えて動きまわる。


そんな時期がしばらく続いた後に
立ち上がれなくなる数ヶ月がやってくる。
いきなり、プッツンしてしまう
そんなことを繰り返しながらやってきた。


連日書いたかと思えば、急に書けなくなってしまうことは
多々あるので、コメントを下さる方に失礼なことをしてして、
もしかしたら傷付けてしまったかもしれない。


いろいろ考えるたり、いちいち言い訳めいたことを
お伝えするのは、申し訳ないけれど億劫なので、
今日からコメント欄は閉じることにします。

こんな場所でも来てくださった皆さんに感謝してます。
本当にありがとうございます。
でも、私のことをよく理解していただいてる方たちがほとんどなので
私も安心してます。
よろしくお願いします。


話は変わりますが、昨夜は義兄のお店にまた手伝いに借り出され
10時に終わって、いつものように夫に迎えに来てもらいました。

その後、
下請けの塗装屋さんがまだ現場で作業しているので、何か
差し入れに行こうということになり、ドライブスルーのマックを
買って、市場に向かいました。

昨夜に続いて作業してくれているのは、まだ
次男と同年齢くらいの20代半ばの男の子たち3人。

歩くと揺れていかにも怖そうな組んだ足場の上で、3人がそれぞれの位置で
一生懸命、黙々と塗装してました。

一人は夫の知り合いにあたる公務員夫婦の息子さん。
目元がキリッとしていて、てきぱきと話をする頭の良いさわやかな
若者なので、夫も大変気に入って応援しているという感じです。

昔は暴走族していたそうですが、独立して自営業を
営み、同年か少し年下らしい感じの若者たちを雇って
真面目にがんばっています。

たぶん昔の仲間だっただろう茶髪の若者たちも、
昼間の作業を終えてから、人気のない市場で夜遅くまで
真面目に働いてました。
「こういう若い人たちを見てるだけでも感激しちゃうね072.gif
と、夫と話しながら帰宅しました。


将来、我が家の仕事を息子たちが受け継ぐことはないかも
知れないけれど、

1級建築士を目指してインテリア業をやっている長男の
同級生の女の子や、昨夜のような若者に、夫は
自分がやってきたノウハウを教え、育てたいと
考えているようで、

それもまた本人にとってやりがいになっているようです。


挫折を繰り返しながら働いてきた夫の現役としての最後の時期に
もし、健康なら後10年くらいか・・・次世代を育てる役割を果たして
欲しいと、私も心から望んでいます。
[PR]
by hanamizukidayo | 2009-05-23 12:02 | 日常