cantata777.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 149 )

世代交代しても、本質を変えようという姿勢がない限り


集会が来年1月より週3回から2回に変更になる事でいろいろ憶測されていますが、


組織が脱カルトを目指しているのでは?

とか、

一般的なキリスト教路線を目指すのではないか?


などの意見もありますが



「脱カルト」信じられますかね?

まさか、週2回になっただけでカルトじゃなくなったと思う単純な人は
いないと思いますが、
拘束時間が減る分、信者には良い事でしょうね。



でも、その分就労時間や学業に向けられるのは良いとしても、
長い目でみたら実際どうなんだろうという気もします。
続けやすい条件にしてやって組織の安泰を図るつもりじゃないのかな。



もし、根本から教義が変わるのなら「カルト性は消えた、一宗派だ」と言われるように
なるかもしれないが、聖書的な神も救いも救われる方法もまったく異質の組織教は
その異質性を武器に拡大してきたのだし。聖書に馴染みの薄い日本人の多くは
聖書だから悪いものではないだろうと半信半疑ながらも研究に応じ騙されたと思う。

一方、キリスト教圏内の人たちはある意味、意識的に伝統を破った人たちで
特に統治体のメンバーは伝統的なキリスト教の教えに逆らって(イエスは神)
自ら異端を選んだ、少なくとも知識もそのような意識もあった人たちだと思う。
ハルマゲドンや地上の楽園を本気で信じていたかどうかさえ疑わしい。

組織のトップが自分たちに都合の良い教義を手離すだろうか?
預言が外れても何の責任も取らずそ知らぬ顔を通してきた体質が
権力欲、支配欲に酔った人間たち、あの組織でトップに上り詰める
ような人間が、謙虚に変わっていくとはどうしても想像できない。



教理に深刻なほころびが目立つようになっていると聞くが
こじ付け、ご都合主義の教義なんだから当然でしょう。





手加減してやって信者離れを食い止めようという魂胆か
K.H等の維持管理費節減か
コストダウン目的は間違いないのではないだろうか。
いずれにしても、信者のために調整するというより、
そうしたほうが組織に都合が良いからだというのは確か。

信者を利用することしか念頭にないのがカルト。
恐ろしいのは、そう思わせまいと巧みに隠し平然と欺くところ。


見せ掛けを変えても本質はカルト、これだけは忘れないで
いきたいと思う。


    

............................................................................



カルトの見分け方

1真理はその組織に占有されており、その組織を通してのみ知ることができると主張する。
2組織を通して与えられた情報や考え方に対しては、疑ってはならない
3自分の頭で考えることをしないように指導する
4世界を組織と外部とに二分する世界観を持つ
5白黒を常にはっきりさせる傾向が強い
6外部情報に対して強い警戒感を与え、信者の情報経路に様々な制限を加える
7信者に対して偏った情報、偽りの情報を提供することがしばしばある
8組織から離脱した人間からの情報に接することを禁じる
9家庭や社会との関わりで多くのトラブルを生じている
10社会からの迫害意識を持ち、それをかえってバネにする
11外部に対して正体を隠す傾向がある
12生活が細部にわたって規定される
13組織が信者の生活のすべてになっている
14共同体内部でのみ通用する言葉を多く持っている
15組織からの離脱について極度の恐怖心を与える

[PR]
by hanamizukidayo | 2008-05-06 01:26

中国に「聖火」のミスマッチ

石原慎太郎氏の「パンダいらない」発言に共感する今日この頃です。
(とっくに終わってしまった話題ですが、長野聖火リレーのニュース、
見ててシラッとでした。欽ちゃんのはしゃぎようが信じられない)


オリンピックもボイコットすればいいと思うが、中国の民主化のために
支援しなければならないと、今朝もコメンテーターが言っていた。
よく分からない。オリンピックを開催した独裁政権は10年前後で
倒壊すると言うジンクスがあるそうだ。

話は逸れるが、JWのハルマゲドン預言は外れてから2年以内に
会長が亡くなっていると言う。



パンダの話に戻って、何もパンダがいなくたって、何億も払ってまで
中国から借りる必要はまったくないと思います。
朝日山動物園のようにパンダがいなくても、創意工夫して集客力をつけるのは
可能だと思うし、はっきり言ってパンダが特別可愛いと思ったこともない。
そう言えば昔行列に並んで見た時、ぬいぐるみみたいだった記憶はありますが。
まぁ・・動物には何の責任もないですけどね。


国や一部の人間の都合で動物まで政治利用する
なんて、感じが悪い。
人間を搾取する宗教はもっと質が悪い。


中国では愛国心が高まっているというが、
自由のないところに真の愛国心は存在しない。


今朝のサン・プロで胡錦濤主席来日に寄せて日中間の問題を討論している。
ギョーザ事件の反省もなく、靖国が永久戦犯を称えて祀っているだとか
一歩も譲らず批判するが、なぜチベットを侵略しているような国が強気の
発言を繰り返すのか。
自国を正当化し、日本を利用することしか考えていない。
こんな国と友好・友好と唱える首相や政治家が情けない。


朝から言いたい放題してますが、癪に障るけど
映画「靖国」観に行こうかなと考えています。

近頃好きな映画にも行かず、仕事と家事と教会で真面目一辺倒だったせいか
何だか自分らしくなくなった。どこにいても気が張って、友達と発散する時間も
なく、ストレスで疲れたのかもしれない。昨日はたくさん寝たので少しすっきり
した顔で、これから大好きな友達とおしゃべり&ショッピングに行ってきます♪
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-05-04 13:01

曖昧な立場

先週の日曜日は巡回訪問でもあったのか、JWの奉仕者が教会の近くの公園に大勢集まっていた。バスの窓から発見したので、教会に入って行く姿を見られたら絶対にマズイと思い、仕方なく一つ先のバス停で降りた。

その近くでも、同じ職場の姉妹が長老らしき人とおしゃべりしながら歩いていたので
バスを降りてしばらく、電柱の陰に隠れて行ってしまうのを待った。

車を使えばバス停から歩く途中で知っているJWに会う恐れはないけど、
教会には駐車場がないし、今後のことを考えると気分が重かった。


遅刻寸前に席に着くと、まだ洗礼を受けていない年配の方が
「今朝はすごくいっぱいいたわね」と、苦虫をかんだような顔で話しかけてきた。
その方は、わたしのよく知っている長老夫婦の家のお隣に住んでいるらしく、
断っても断っても奥さんが雑誌を持って来るので、大変な迷惑を
被っているとよくこぼしている。

「教会に来る時も後を付けられているんじゃないかとヒヤヒヤなんですよ!」と、
かなりおかんむり。確かに、会衆でも一、二を争う熱心姉妹だから、相手に
被害意識を抱かせるほど積極的にアプローチしているだろうなとは想像できるけど
本人はこんなに評判が悪いとは夢にも思ったことがないだろうとも思う。
最初の司会者でもあり、何度も同じ群れになったので性格は知り尽くしているから。

とは言え、こんな時は正直答えようがない。先回も同じような場面があって
「困ったわねー」と、出席していたとなりの姉妹の顔を見たら、小さい声で
「これだけ言える(人)んだから大丈夫よ」と、澄ました返事が戻ってきた。



キリスト教で宗派を変えるのは法律的な問題はおろか、
文化教室並みの扱いだと聞くのに、
JWの場合は決定的な問題になってしまう。


教会の人たちも複雑な事情は理解しにくいと思う。


教会に行く時はJWだったことは話さないようにと言ってくれた人がいたけど、
いろんな意味でその方が賢明だったと感じている。
でも・・聞かれたら嘘は言えないし、微妙に難しい。
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-04-24 00:01

ご無沙汰しました

しばらく間を空けてしまったので、何から書こうかな・・て言うか、
久しぶりに書こうとすると、出だしの言葉から詰まってしまうものですね。

取りあえず、 大変ご無沙汰致しました。


季節の変わり目だからでしょうか。

疲れっぽいですが何とか動いています^_^


3月の疲れがどっと出て、暇さえあればゴロゴロしてました。
疲労回復が1ヶ月単位だなんて、すごい老化現象なんでしょうね。
悲しい現実です。あまり年齢の違わない友達が脳梗塞で入院して
幸いなことに後遺症は無かったですが、いろんな病気にかかりやすい
年だという事も自覚せねばと思うこの頃です。と言いつつ、特に何も
してない無精者ですが、心構えだけでもw

[PR]
by hanamizukidayo | 2008-04-20 23:31

 お花見

 春の朝


  
 
 時は春、

あした 
 日は朝、
 
あした 
 朝は七時、
 
かたおか 
 片岡に露みちて、
 
あげひばり 
 揚雲雀なのりいで、

 かたつむり  
 蝸 牛 枝に這ひ、
  


 神、そらに知ろしめす。
  
 すべて世は事も無し。


                       ロバアト・ブラウニング



教会メッセージで昨日牧師先生が引用された言葉が印象深かった。

■人間には、神にしか埋めることができない空洞がある  byパスカル
■新約聖書は果実であり、花である。
  旧約聖書は根っこである                    by内村鑑三


     
      

      神、空に知ろしめす
     
      すべては事も無し
 

     城跡にハラハラと散る桜吹雪が教えてくれた。
  
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-04-07 14:55

わたしたちは、このことの証人です。


 心の純粋な人は "神" を見る (マタイ 5:8)




「取り決めではどうなっていますか、

誰がそういう指示を出しましたか、

あなたは割り当てられたことをすればそれで良いのです。」



こういうたぐいの言葉が頻繁に発せられるような組織は、
もう終っていると考えて良い。

                                金沢文庫より
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-04-04 23:35

聖書学者は新世界訳をどう評価しているか

http://www.geocities.com/Athens/Agora/3207/nwt.htm
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-03-31 12:33

三位一体のカテキズム・キリストの王国ネットワーク

大変参考になったサイト、感謝。


三位一体のカテキズム完全版PDFファイル添付のサイト

http://www.geocities.jp/jmc_megumi/faq/sanmi.htm




キリストの王国ネットワーク

http://www.geocities.com/Athens/Agora/3207/megusuri.htm
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-03-31 10:39

組織支配の構造

欠陥聖書新世界訳
http://www.stopover.org/lib/Kanazawa/Kekkan/index.html


オアシスより
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/6470/NWT-fabricated.html




新世界訳研究会
http://homepage2.nifty.com/ichikawakita/witness/shiryo
u.html



http://www.jca.apc.org/~resqjw/verse/mattew.htm
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-03-31 09:46

神権ファシズム

29日夜のNHKで(負の)世界遺産アウシュビッツ強制収容所の番組で、「人間は人間に対してこれほど非道なことができるのだろうか」と言う時空を越えたメッセージを伝えていた。

元被収容者だった人の言葉:「アウシュビッツで最初に聞いた言葉は『働けば自由になる』だった』それが嫌なら"別の道"がある」そういって煙筒を指差さされたそうだ。


  ARBEIT MACHT FREI(働けば自由になる)

 そのスローガンは今も収容所の入口に残っていた。

"命の限り規律と規則をよく守り" 働くなら自由があると保証する
 死の収容所の達成不可能な条件・掟。
 
 何よりも優先されるべき「取り決め」は
 過酷な規律と規則の遵守
 



  規律と規則を遵守する

  どんなに理不尽な要求も抗うことは許されない。
  極限状態の下ですべてを即座に判断し決定する。
  「生きるとは選択することだった」とフランクルは書いていたと思う。
  また「夜と霧」には人間には2種類の人間がいるとも言っていた。
  
 
  支配する側と、支配される側の2種類だと言いたかったのだろうか。
  

  
  今もナチスのような独裁国家に苦しんむ民族が常に存在している。
  人々の信仰また生活を教義で支配する組織も存在している。
  
  

  
 「・・・すべきです」 「このことから・・したいと思われることでしょう」
 強くあるときは柔らかく言葉を選び使い分けしながら「ご意思のため」
 に画一的な行為を促がす指導者。
 
 
 従わないなら霊的な死さえ宣告でき、自分たちだけが
 神の権威を与えられたと自負する監督達。JWは
 「取り決め」という名目で人間を縛るファシズム宗教
 

 
             
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  


         
            ものみの塔協会の体質と新世界訳聖書(金沢文庫)http://www.stopover.org/lib/Kanazawa/Godou/chapter1.html
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-03-29 23:57