cantata777.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日常( 98 )

人生の主人公は自分なのだから

厳しい経済状況だが、どんな困難に面しても希望を失わないこと。
絶望感に打ちのめされた時こそ、希望だけは失わないでいたい。

曽野綾子さんが「『望めば夢は叶う』という考えは甘い」とおっしゃっていた事を
何かの本で読んだ記憶があるが、確かに夢は夢に過ぎないと私も同感する。
曽野さんはカトリック信者さんだから、聖パウロの言葉を引用なさった記事だった
かもしれない。

余談だけど、今も愛読している正論やUiLLでは、この方もクリスチャンだったのかと、
驚かされる事がよくある。人の信念の背景に、聖書や伝統的な価値観が透けて見える時
私は単純に嬉しくなり、執筆者により惹かれる。


曽野さんがおしゃるように、私も”夢”を持つこと自体、悪いことではないが
夢には、受身的な期待感や欲が先行するような気がする。

現実逃避の言い訳にもなるし・・甘えちゃいかんよと。
少なくとも私の場合はね。


躁鬱のため私の体調・感情は、あいも変わらず起伏が激しい。
哀しいかな。加齢により、だんだんその周期も長引くようになった。

「今は鬱だから悪いことばかり考えるのだろう」
あるいは、「躁気味だから、押さえて、押さえて・・」
と、少しは客観的に自己管理出来る余裕も
ないわけではないけれど。


去年の後半(半年)は鬱だった。
死ぬことばかり考えていた。

自殺願望には一種の魔性的なものがある。
一瞬その考えに囚われてしまうと
あたかも甘美な夢のように、
問題解決よりも、死そのものが、
与えられた宿命に仮してしまう。
他のことなど考えられなくなって、
ひたすら執着する。


かすかでいい。希望を求め、あるいは
持ち続けることが、
最後の砦なんだと思う。

のたうち回りながら、
こんな私なんてと、もがきながら
ひと筋の光に向かって

歩く
動く

空を見上げる。
[PR]
by hanamizukidayo | 2010-01-31 22:42 | 日常

やっと希望が見えてきた

長い間、放置してしまいました。
もしやですけど、ご覧になってた方がいらしたら
ごめんなさいね。
たま~に開いては、悪戯コメントの削除だけやってお終い
して、機能欄もほとんどいじっておりませんでした。

ブログどころではない、気力のない半年間でしたが、
私生活では新しい職・・と言っても昔やっていた仕事に復帰して、やっと慣れてきたところです。
JWに係って辞めて、25年くらいブランクがあったので、それはもう
大変でした。この年で見習い同然状態・・・自分で自分が
情けない思いをたっぷりと味わいました。

 私は、仕事=大変でも、楽しく(やりがいがあるかが第一)と思っているので
慣れるまでは、人一倍過剰に、無駄に神経使う性格。なので
「ゆっくり慣れてって下さい」と言ってくれる恵まれた環境なのに、
友達には「覚えらない!もう限界かも」と、弱音吐いては叱られたり
突き放されたり、何度されたことか。「糞っ!(失礼)」と負けん気を起こして
くれた友達・・・ありがとう~038.gif

それだけじゃなく、休日にわざわざワンツーマンで、
基礎中の基礎を一から教えて下さった
経営者さまにも頭が下がりっ放しです。
おかげさまで今は元気にスタッフの一人として
楽しく頑張っています066.gif

介護職を辞めて、のどかな生活に飽きてしまったある日、昔取った杵柄を
活かせないかなと、何気に思ったのがきっかけでした。とんとんと話が進んで
運よく採用されましたが、どうやら介護の経験が重宝されたようです。
経験したことは無駄じゃないとよく言うけれど、意味があるのですね。
うん、これって何事にも通じるような期がします。


希望が見えてきたというのは、私生活の内輪話などではなくて
今日日お騒がせの小沢問題のことを書きたかったのですが、
話が逸れてしまいました。でも、今日の最後にこれだけは
言いたいです。

本当に、お天道様はこの国を我々をお見捨てではないようです、と。

今年も、世界平和から恐れ多くもご皇室の繫栄や経済回復、家庭円満に
至るまで、思いつく限りの願い事を初詣で念じてきた甲斐がありました001.gif
[PR]
by hanamizukidayo | 2010-01-26 22:04 | 日常

あなたがあなたであるように、私も私なの。いろいろな思いを込めて・・スカボローフェア


http://www.youtube.com/watch?v=8C52qfz0E48&feature=relatedhttp://www.youtube.com/watch?v=VHHN6FCg8SY&feature=related
[PR]
by hanamizukidayo | 2009-08-06 15:03 | 日常

常識で考えましょう・・・by安倍元総理(^_^)v

月が替わって、やっと大きな仕事が一段落した。
昨日夕方、無事に終えて最後の打ち合わせも済ませて
帰宅した夫と、久しぶりにビールを飲んだ。

この1週間、夫は3日徹夜し、私も土曜日の朝から
昨日の午前中まで一緒に働いた。

毎日の流れは速いのに、月単位で考えると長く感じた5月だった。
GWに旅行に行った事さえ、もう遠い前の出来事のように感じる。

そういえば旅行の途中では急な電話が入り、夫だけ新幹線であたふたと
先に戻ってしまったが、その日から夫はもう覚えきれないほど徹夜をした。
でも気が張っていたせいもあり、元気に乗り越えた。


昨夜は久しぶりに夫とスポーツニュースを見ながら早目の夕飯を食べ、
私はその後、ユーチューブでマイペースの「東京」や、
村下孝蔵の曲を聴きながら、思い切りリラックスして
9時には寝てしまった。


昨日は定期購読している「正論」も届いていたが、
NHKスペシャル批判記事だけざっと目を通した。

この春、ご結婚50周年にちなんで、NHKでは
皇室の特集を幾つも放送していた。

見どころのある場面もなくはなかったが、憲法と天皇(機関説)を扱った番組では
コメンテーターの3人がいずれもリベラル派だったので、
偏向的な内容に終わってしまった感はぬぐえず、
溜まっていた鬱憤が正論を読んですっきりした。


私が今一番関心を持っている皇室、特に天皇両陛下に関することでは、
今年の新年号から連載していたサピオ、小林よしのりの
「天皇論」はすばらしい内容だった。

先月号で感動のうちに完結したので、後は今月4日に
単行本発売が始まるので数冊まとめて買っておこうと考えている。


今朝も家事やたまった雑用に追われているので、話が前後してしまうが、
昨日帰宅してすぐ、テレビ朝日のサンプロ後半と続いてスクランブルを
観たのだが、スクランブルで安倍元総理や田茂神氏の北朝鮮ミサイル攻撃に
対する意見をしっかりと報道してくれたので眠気も吹っ飛ぶほどうれしかった。

安倍さんは北への対応に対するインタビューに

「皆さん、常識で考えましょう。
ただ何もせず相手国からのミサイル攻撃を受けるままにさせない、積極的な
姿勢が重要だ。二世代三世代先の子供たちの未来を守るためにも、
自国のことは自分たちで守る、その上で初めて米国との日米安全保障も
成り立つのだ」と力説。

また「経済制裁が始まった時点で、日本と北朝鮮はすでに実質的な
戦争に突入している状態なんです・・・・」


これまでと同様の安倍さんらしいコメントを久々にテレビで聞いた。
朝日系なのでいたし方ないとしても、コメンテーターの元NHKアメリカ駐在員や
黒鉄ひろしやテリー伊藤のコメントはさておいて
麻生総理、安部元総理他自衛隊元幹部の意見は意見として
しっかり報道してくれたことは視聴者に「常識で考える」いい機会を
投じてくれたのではないかと思った。


それにしても最悪な番組はなんといっても公共放送のNHKの低俗さ。
受信料を払うのが腹ただしい限りだ。

連休からずっと豚インフルばかり騒いで、民主党代表戦の時にも
ろくにニュースを流さなかったのが特にひどかった。



今月から我が家もやっと、産経新聞もとることになった072.gif
今朝スポニチと産経が届いた、1週間は無料サービス060.gif


ネットの情報も貴重ではあるが
出来れば新聞や雑誌、本などでもっと主体的に自分の考えを
養っていきたい。そして時間が許せば、講演会なども参加してみたい。
[PR]
by hanamizukidayo | 2009-06-01 10:04 | 日常

気ままに書く日記

躁鬱病の特徴だと自覚しているのだけど、

調子が良い時期はやることなすこと、

何もかもが楽しくて、

これが本当の私だ!と、

万能感に燃えて動きまわる。


そんな時期がしばらく続いた後に
立ち上がれなくなる数ヶ月がやってくる。
いきなり、プッツンしてしまう
そんなことを繰り返しながらやってきた。


連日書いたかと思えば、急に書けなくなってしまうことは
多々あるので、コメントを下さる方に失礼なことをしてして、
もしかしたら傷付けてしまったかもしれない。


いろいろ考えるたり、いちいち言い訳めいたことを
お伝えするのは、申し訳ないけれど億劫なので、
今日からコメント欄は閉じることにします。

こんな場所でも来てくださった皆さんに感謝してます。
本当にありがとうございます。
でも、私のことをよく理解していただいてる方たちがほとんどなので
私も安心してます。
よろしくお願いします。


話は変わりますが、昨夜は義兄のお店にまた手伝いに借り出され
10時に終わって、いつものように夫に迎えに来てもらいました。

その後、
下請けの塗装屋さんがまだ現場で作業しているので、何か
差し入れに行こうということになり、ドライブスルーのマックを
買って、市場に向かいました。

昨夜に続いて作業してくれているのは、まだ
次男と同年齢くらいの20代半ばの男の子たち3人。

歩くと揺れていかにも怖そうな組んだ足場の上で、3人がそれぞれの位置で
一生懸命、黙々と塗装してました。

一人は夫の知り合いにあたる公務員夫婦の息子さん。
目元がキリッとしていて、てきぱきと話をする頭の良いさわやかな
若者なので、夫も大変気に入って応援しているという感じです。

昔は暴走族していたそうですが、独立して自営業を
営み、同年か少し年下らしい感じの若者たちを雇って
真面目にがんばっています。

たぶん昔の仲間だっただろう茶髪の若者たちも、
昼間の作業を終えてから、人気のない市場で夜遅くまで
真面目に働いてました。
「こういう若い人たちを見てるだけでも感激しちゃうね072.gif
と、夫と話しながら帰宅しました。


将来、我が家の仕事を息子たちが受け継ぐことはないかも
知れないけれど、

1級建築士を目指してインテリア業をやっている長男の
同級生の女の子や、昨夜のような若者に、夫は
自分がやってきたノウハウを教え、育てたいと
考えているようで、

それもまた本人にとってやりがいになっているようです。


挫折を繰り返しながら働いてきた夫の現役としての最後の時期に
もし、健康なら後10年くらいか・・・次世代を育てる役割を果たして
欲しいと、私も心から望んでいます。
[PR]
by hanamizukidayo | 2009-05-23 12:02 | 日常

新緑の季節のこの頃

車の少ない時間を狙って駅周辺や街中を調査したいている、ついでに作業途中の
取り付け物に手を加えるなど、早朝から動く日が続くこの頃です。

昨日は打ち合わせだけだったので、私は休みを貰い、
掃除をすませて猫と遊んだり、気ままに過ごしました。

誰もいない一人の空間♪ 雑誌を読んだり、寝そべったり、
たまにはこちらからかけようと思い、母に電話したりしているうちに
午前中が過ぎました。
昼寝してから、市内のある場所で、放送大学の展示会「幕末・明治の古写真」展が
開かれているので、気のむくまま行ってみてもよし・・・と思いましたけれど、結局
散歩がてら夕方買い物に出ただけ、のんびりと過ごしました。

我が家はすっかり早寝・早起き生活が定着しています。
土日も休み返上で、5時起きして出る日もあるので、1日の長いこと。
夜は身体も目も疲れ、ネットを開く機会が少なくなりました。

優先順位を無視した番組ばかり流すNHkに腹を立て
この頃ろくにテレビニュースも見ていませんが、
新聞は読んでいます。

民主党の実質オーナー鳩山さんが党首に帰り咲いて
小沢の傀儡だとか言われているようですが、
「友愛」を唱える表の裏に見え隠れする、
鳩山さんの素顔が気になります。

代表に選出されてからの鳩山さんは、まるで古女房のように
小沢代表に尽くし、数々の不始末の尻拭いばかりしていた頃の
ような哀れなイメージを、完全に払拭したように見えます。
堂々としていて、発言に重みさえ感じる(気のせいであって欲しい反面、
政治家はこうでなきゃ、と思いますね)。
鳩山財閥の御曹司、長男らしい風格と民主党の実質オーナーの存在感が
今、前面に出て、選挙活動しか頭になかった小沢さんとの共依存関係は
実は今日のための、鳩山さんの計算だったのではないのだろうか・・・

夫と私は政治的な考えがほぼ一致していて、朝刊を広げながら
台所でタバコを吸う夫にコーヒーを入れながら新聞ネタで、毎朝
話が盛り上がりますが、夫に言わせればやはり小沢さんの力抜きで
まとまらないだろうと。それにしても岡田さんは残念だったというのは
同じ気持ちでした。でもしかるべき結果だったのかも。

党首討論を含め、麻生・鳩山対決を期待しながら見守りたいと思います。


私は毎朝二人分のお弁当を作り、コーヒーだけ飲んで一緒に出かけますが、
誰かと一緒に仕事しない日は昼抜きしてしまいがちな夫は、ここ半年近くで
10キロもやせてしまいました。
でも、夏になったらビールが増えて、元に戻ると思いますw

昨日も暑かったので、夕方、スイカを買って帰りました。

5月のスイカは1年の中で一番美味しいので大好きです。

去年までは息子たちがいたので、スイカが出始めると
毎週2個買うほど、我が家はスイカ好きですが
さすがに、今年はそんなに消費することはないでしょう。



昨夜は風呂上りにおろし立ての浴衣を着て、スイカを食べながら夫はテレビで野球観戦。
私は久しぶりにチャンネル桜を開きました。


 なかなかいい話でした(^.^)

http://www.youtube.com/watch?v=a5MJijv3BAQ&feature=dir
[PR]
by hanamizukidayo | 2009-05-20 08:56 | 日常

花の名前

別れる男に花の名前を一つ教えておきなさい。

花は必ず毎年咲きます  

   
     by川端康成(花)

 

これは今朝開いて気に入った名言です☆
 前半はもう関係ない歳で残念・・・ですけどね^^;



最近やっと、介護人辞める気持ちの整理がつきました。
(実際は7月の更新まで延期、人が足りないのでピンチの時助けてと言われたので、やむ無しです)


毎日介護サービスに入るメンバーの一人一人に、

桜さん、ひまわりさん、お菊さん etc. と

あだ名をつけて呼ぶ利用者さんがいました。

源氏名みたいで抵抗を感じた人もいたかもしれないのですが、
性格や個性を観察する、その方らしい楽しみ方が伝わって
私は好きでした。

ちなみに,私は、「りんどうさん」でした^^; 
直接は姓で話しかける方でしたが、他の人と
私の話をする時は使ってたみたいです。

「花屋さんで売っている立派なりんどうではなくて、
山道に咲いてる野草のイメージでお願いしますね」

「ええ。あなたらしいわね」


父は日本水仙、母は昔からコスモスが一番好きで
夫は芍薬。昔バイトした喫茶店の夫婦は揃ってバラが好き
老牧師先生はとりわけ白い百合を愛してましたっけ。

好きな人のイメージを花にたとえて想うのは、源氏物語の世界のような
ときめきを感じます。

アルツハイマーなのに原文を諳んじる素敵な老婦人もいらっしやった・・・
先月は、これが最後の仕事と胸に刻みながら、心を込めて仕事をしてました。

アルツの方に伺った最後の日、私が行く直前にケアマネと職員が先に行って
来月から人が変わることを伝えたため、その方の日記に記録が残っていました。

「あなたはどうなるの?」と聞かれたので、
「結婚して30年になるので、しばらくお休みして夫と旅行に行ってきますね。
どこかお勧めの場所はありませんか?」と、話題をかわすように尋ねたら、
すかさずご主人が、

「天の橋立! 僕の実家のすぐ近くだ。行ってごらん」

ちょうどその日の朝、鳥取や京都、伊勢神宮など夫と話してたばかりだったので
ぜひ行ってみたい気持ちになってしまいました。

いつものように仕事を終えて、いつものようにさりげなく帰るつもりでいたのですが、
帰り際、

「天の橋立にいってらっしゃい♪」
と、ご主人が軽く手を振って下さり、

奥さんは
「寝る前に欠かさずお祈りしているのよ。
いつも、あなたの名前をすぐ忘れてしまうけど
ちゃんとメモしたから、今夜はあなたのご無事を
祈って寝るわ。お財布、落とさないように気をつけてね」

玄関先で笑ってお別れした後、逃げるように公園に行って
涙を拭きました。
感謝、感謝。嘘ついても神さま笑ってくれますよね?
[PR]
by hanamizukidayo | 2009-05-11 10:19 | 日常

とりあえず復活・・・?

今朝パスワードを思い出せないくらい、長らく放置してしまいました。

何度も内緒コメ下さった 名無しさまはじめ、 
心配かけてしまった方々に申し訳なく思っています。

コメント返しもせずにゴメンなさいね。たまに
ログインせずに見ていたのですが、勝手に
状況を察していただいているように思えて
甘えさせて頂きました。

ほんとうにありがとうございました、
ごめんなさい、感謝してます053.gif


ブログ、そろそろ潮時かなと思ってもう辞めるつもりでした。
ただ、一つだけ残しておきたいことがあります。

それを書き終えたら終わりにしたいと考えています。
(私にとって大切な人生の価値観、宗教観みたいなもので
 大袈裟に人様に語るようなものでもないのですけどね)
でも反面教師JW教団を経験したからこそ、
今のわたしがここにいるのは事実。

そういう意味ではJW経験を無駄だったとか
人生やり直したいとか思いません。
まがりにも一世、自分で選んだ道を否定ばかりして
嘆いても空しい、と思うのです。

まもなく自然消滅決意から10年の節目を迎えようと
しています。
同時進行で、世間様に迷惑かけた罪滅ぼしの意味も含んで始めた
ボランティアから
現在の仕事に移って10年経ちました。
一般の多くの方々からたくさんの教えや感動に支えられた10年でした。
振り返ってみるとすべて感謝の思いでいっぱいです。

失敗もたくさんしたけれど、誠実な気持ちで
真心込めて頑張ったという自負心もあります。

でも、
いえ、だから
よそ様にはもう十分尽くしたという気持ちになりました。

来月からは、本格的に自営業の夫の仕事に専念します。
とは言え妻なのに、今まで全然身を入れて来なかったので
仕事は見習い以下、使い物にはならないと思いますが・・
移動中、運転だけでも代わってあげたいです。

歳をとり痩せてしまった夫に、
「今、一番大切にしなければいけないのはこの人だ。
 今まで放ってしまってごめんなさい」


なんだかそんな気持ちが生じた今年の春でした。



八重桜も散って、まもなくハナミズキが咲く季節が近づいています。
目立たないけどよく見るとカワイイハナミズキのように
わたしも、もう一春咲いて人知れず静かに散っていきたい
043.gif




非公開にしていた写真も今朝公開しました。
猫たちに癒されてます、どせいさんが拾って、我が家で引き取った捨て猫たち
最近はもう指しゃぶりに来なくなりました。
来た頃は1日中誰かしらの指を吸いたがった、たまたんも
まつわりついていたみーたんも、昼間は二匹でおりこうにお留守番
してます。


愛情たっぷりかけて育ててますよ~060.gif
絶対見てないと思うけど、どせいさん029.gif


 
[PR]
by hanamizukidayo | 2009-04-28 12:43 | 日常

近況、そして・・・



忙しかったので、体調管理のため、早寝早起きを心がけたことと、
読みたい本がたまってしまったためにしばらく記事を休んでしまいました。

要因になったのは、パソコンがウィルスに感染したと警告の表示と一緒に、何とも表現しようのない金属音が発生した事にもよります。
不気味ですごく恐かった。
週末に帰ってきた息子に調べて貰いましたが、昨日、エキサイトブログの
誤検地によるものだったという原因がはっきりし、ほっとしました。

こういうことがあると、もう少しウィルスの基礎知識など勉強して、
自分のPC環境は自分で守る気持ちを持たないとダメだな~と反省してます。


苦手だから出来ない、覚えられないから無理だでは通用しないというか、
毎回誰かに頼らなければ問題を解決出来ないのは情けないと思いました。
(もちろん、車や電気製品やガス等の専門的な修繕とは別問題なんですが)

ともかく、原因が分らないとか、つかめない問題が生じると、不安になるものです。


また、石橋を三度も四度も叩かなければ渡れない性分だったはずなのに、
JWにはコロッと騙されて、20年も浪費した経験を、
今後の余生にいい意味で活かさなければ何の教訓にも
ならないという気持ちを意識しているせいか、何かにつけ


こだわりなのか、執念なのか、頑固なのか、、、、よくも悪くも現象を考えすぎる
傾向があります。でも、これが今の私と開き直ってもいます。



おかげさまでこの冬は体調&メンタル面、共に落ち着いています。
一点だけ言えば先月半ば頃、仕事で左手を痛めてしまいました。
これが以外なことに思ったよりも長引いているのは老化現象かw

年を取ると言うことは、ちょっとしたことも回復力が遅い。そんなことを実感しつつ
まだ現役で仕事が出来る身体でいられることをありがたいと思っています。


そういう訳で、忙しかったけれど、それなりに充実した1月でした。
いろいろな事を月末にまとめたかったのですが、結局できませんでした。

一つだけここに残すとすればオバマ就任が一番大きい出来事だったと感じています。
歴史に残る名演説だったと評価の高かった就任式での牧師さんの「祈り」を
全文日本語に翻訳した教会のブログも見かけました。
「日本人クリスチャン全体」にとって、オバマ大統領誕生は故ケネディに
匹敵する大歓迎ムードなのでしょうか。



それはさておき、
私はJWブログ界で話題になっているWさんの記事の展開に、今一番
関心を寄せています。
関連する記事をかいていらっしゃる幾つかのブログも見に行ってみましたが、
今回の件でWさんの記事に対する反応(もちろん全体は分りませんが)で、
感じたのは、

JWを辞めた人=善人 / 現役=悪人(極端な言い回しですみません) 

ブログ界で
辞めた人=自分に正直なまっすぐな人 / 現役=いわゆるなんちゃって現役・ゆるい人


そういう「単純」な区分けは、まったくお門違いもはなはだしい誤解だった事に気が付きました。
現役サンのブログをみる機会は今までほとんどなかった(わったさんは例外ですが)。たまに辞めた人の所に来ては嫌がらせ言動をする現役サンを見かけていただけで、
しようもない人たちだと、決め付けたような判断材料にしていた事に気が付きました。

私も含め、辞めた人たちの多くが現役の段階で、いわゆる背教者のサイトを見て
真実に目覚めたのですから、現役であろうと、元JWであろうと
協会が禁じているはずの背教者のサイトに来たり、ブログをやるのは
ルール違反じゃないの?と指摘したり、注意したり「してあげる」のは
ナンセンスで、もし一般の社会でそうすることは言論の自由を奪う行為になる。
だから、Wさんのブログに来てコメントをしている現役や元JWの一部の人には
そこまで考えて助言「してあげている」のかなあという感想を持ちました。

もっとはっきり言えば、言論封殺行為。無意識かも知れませんが上下関係を見せつけ、
「こうこうすべきだ」という意見の中に、私は悪夢のようだった組織の体質を思い出して、
反応的に、胸がムカムカしました。その意見が良いとか悪いとかいう以前に、
私の感情が激しく反応したのです。もちろんそれは私の問題ですから、口出しする
つもりは、今のところありません。
それよりもWさんの記事、今後の成り行きに関心を持って見続けようと思っています。
私には参考になる、勉強になるから。
理由はそれだけです。



くどいかもしれませんが、
刷り込みの影響かもしれませんが、エホバの証人の思考パターンがスライドしたまま、
権威主義・年功序列式の上下関係だとか、あの世界で私が一番醜いと感じた人間関係の
図式が浮き上がって見えたのです。。精神衛生にマイナスを及ぼすものを目にするのはしんどいことですが、当事者のWさんは悪意的なおせっかいコメにも、感情的に反論せず、結果的に
JWネット界の共存相互理解や「平和を作り出す」ことを自分のことよりも優先さえているように私には見えます。受け止め方が違っていたらWさんすみません。恐らく、健全な自己肯定観の持ち主であり、謙虚さも持ち合わせてなおかつ、宗教の求道精神レベルが高い人なので、
相容れない意見や、反感もすべて一旦受け入れながら、言うべきことは言わせて貰うというスタンスなのか・・・・相当エネルギーを消耗する作業だと思います。しかも、ますます嫌われるかも知れないのにね。
その粘りと、熱意に頭が下がります。

当事者でもないのに、という意見も目立つようですが、
当時者ではないからこそ見える、また発言できることがあるもので、
Wさんの記事は客観的な視点でなおかつ誠実な姿勢を感じるので、
私は耳を傾けていきたいたいと思います。

その人が誠実(愛と置き換えても良いけど)かどうか、書くことが自分に有利だからとか
自己満足の為にだったとしたら、意図有りのものみの塔教育を受けた私たちは
偽善を見破る本能だとか、アンテナが、直感的にピーンと働くような気がします。

私はこれまでWさんの読者として、全体的に違和感は感じなかった。
でも、何しろ研究生という立場から発信しておられたので、コメントにくる恐らく古参か、
盲信型の現役サンとのやり取りには一時ハラハラしたり、読む気になれなかった時期も
ありましたが。

今は調べようと思えば幾らでもネットで情報が得られる時代だから、Wさんのような
形で「研究生する」ことで、多面的に判断したり、文字通り自己責任覚悟でJWを選択
する人もいて、読者も同時進行で考えさせられたり、勉強になったりして、結果的には
読み手の受け止め方にかかってくる。いいことではないかなと思います。


個性やイデオロギーの違い、元Jw、現役、また一世と二世の立ち位置の違いから生じて
いる埋められない溝(これはJWネット界の定説だと私は思い込んでいた。従って明らかに
反感を感じる人には近づけない。私の懐と力量不足によるところが大なのだが、
微妙な立場でモノを言えば相手を傷付けてしまうという配慮が必要だと思っていたので)。


これが正解だというけりのつくような問題ではないから、私も答えは出せないかも知れない。
まして、相容れない意見にはわが身可愛さのあまり、自己保身を第一に「距離を置く、避ける、場合によっては感情にまかせ激しく反論する」小心者の私は、あの記事にコメントさえ出来ず、
自分のブログでブツブツとつぶやくくらいしかできません。


愛を「語る」ことは簡単ですが、、実践は非常に難しい。己の信仰や力量が試されます。私なららギブアップしそうな状況です。期待出来そうもない現況、自己点検を含め、イエスさまに背負ってもらい許しを請うしかないと、安易に自分を甘やかす事くらいしか思いつきません。


二世問題には直接クチを挟む資格(のようなもの)がない立場なので、立ち入ったことは軽々しく言えないということと、

JW二世という特殊な環境で育った人たち、特に鞭世代の若者たちのことを
いつまでも「被害者」の立場に位置付けて論じるのは、表現は難しいけれど
何か、非力な社会的弱者だとか、のような印象や感覚が付きまとうというか、
そういう見方というのは、むしろ相手に失礼ではないかとも思うのです。

立場を共感したり、理解することは大切ですが、度を越えた同情には
抵抗感を感じる自分がいます。
[PR]
by hanamizukidayo | 2009-02-04 12:24 | 日常

 雑感

「 むろい 」なるお方のコメントを読んだ雑感を書きます。

普段ならこのようなコメは問答無用、即削除にするところだが、
ネットを徘徊し、共感も興味もないようなブログに、勝手にやって
来ては、真面目に発信しているブログ主さんに嫌がらせや迷惑を
かけ(それ事態が目的なのだが)ても、「屁」とも思わないような人をよく見かける。

私は余程のヒマ人か、平和ボケ共産洗脳狂人の部類だろうと思っている。
いずれにしても私には関係のない人なのだが、このような国民の為にも
無私の心で祈って下さる天皇陛下、また国防の為に、使命感に燃え命がけで
身体を張って頑張っておられる自衛隊の方々のご苦労にも、少しは思いを向け
てみたり、良い書物でも読む時間にあててみたら、いかがなものか。

精神や心が劣化した日本人、年寄り臭いと笑われるかも知れないが
自国を正当に評価できない人々には、もはや残念の域を超えて、
最低だと思うようにすらなった。

つい長くなってしまうが、

日本人の「心」・「精神」に関して最近思うこと027.gif 
ある本で、佐藤愛子は「 今は日本人の中に眠っている強い精神力が蘇ることを
念じるばかりである 」
と言っていたが、同様に

曽野綾子も、教育が必要→国家関与→戦争への伏線と主張する人(要するに反権力の「 左翼 」)が必ずいるので
まず実現できない 」としつつ、国が「 人々に徳も個性も定着させ 」
(日本が「 職人国家 」として生きられる)「 政治、外交的な力はなくとも、
律儀さと正直さと勤勉さに現れるささやかな徳の力 」の重要性を指摘
している。
 

これは何を示唆しているかと言えば、日本人の「 心 」・「 精神 」がかつてよりも崩れてきている、強靱でなくなってきている、
「 律儀さと、正直さ、と勤勉さ 」を失ってきている、ということではないだろうか。


「 心 」・「 精神 」の仕組み・あり様は日本人と欧米人とで同じではないことは
ほとんど常識的であると思われる。ある評論家ではないけれど、
「日本独自の文明を取り戻し、日本の言葉で世界に発信していくことが重要」と強調したくなる。

「日本独自の文明」が日本人独特の「 心 」・「 精神 」の仕組み・あり様と無関係とは思えず、「 日本の言葉 」で、日本の独特の概念・論理・表現方法で、「 言葉 」を用いたいものだ。
以上、「むろい」コメに寄せて 。 
(コメント欄に書いたが、長くなってしまったので記事のほうへ移動した。)
[PR]
by hanamizukidayo | 2009-01-21 12:08 | 日常