cantata777.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

日中関係

今日のyahooニュースに以下のような記事が・・

*****************************************************
自民党の中川昭一政調会長は15日、都内のホテルで講演し、日本から昨年秋に安倍晋三首
相が訪中したのにもかかわらず、中国側はトップの胡錦濤国家主席ではなく、温家宝首相が訪日したのは「外交上極めて非常識だ」と厳しく批判した。

*******************************************
 中川会長は「日本のナンバーワンが行ったのに、中国のナンバー3が来るというのは外交儀礼から言って、おかしい」と指摘。中国側の考えは「中華思想」であり、外国指導者の訪中に関して昔の「朝貢」のような感覚を持っているのではないかと語った。共産党総書記である胡主席は党内の公式序列首位だが、温首相は第3位とされているこの意見はごもっともと思うのは私だけではないのでは?


阿倍首相は総理就任されて間もない時期に、アメリカへのお参りは後回してまず
向かったのは中国でした。
それに対して今回の温家宝の訪日は、NO3の人物とはともかくとして、最初
の予定では5日の滞在とか言っていたのに、直前になって3日間に短縮すると
通告してきた経過があります。一方的にですよ。
中国が「朝貢感覚」で日本に対しているととられても言い訳できないと思いますね。

ところで、中川昭一政調会長についてですが、この方は阿倍総理を信頼し、阿倍路線を非常に頼もしく支持されている方だと
日頃から思っています。
阿倍総理の権威に服従せよ、と党員に苦言を呈した官房長官の言葉が報じられましたが
まったく自分たちが民主主義で選んだ党首に敬意と協力を払うのは当たり前ではないか。
例え意見の食い違いがあったとしても、そこに属しているなら代表者に敬意を払う事は
当然であり、そうできない人間は自らの人格を卑しめているにすぎません。

中川氏の「日中友好とは、一方的に日本が譲歩する事ではない。もし、中国が台湾への
侵略や大規模な人権弾圧などがこれから起きれば、北京オリンピックのボイコットも選択枝
の一つとして頭に入れておく必要がある」
このような発言は自民党内でも受け入れられないと考える政治家が多いかもしれなせんが、
日本の名誉ある独立のためにこのようなバランスの良い発言を今後も期待したいと思います。
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-04-16 16:10

甘党です

冷たいものが美味しい季節に
なりましたね。



美味しいデザートが楽しみで

食事のバランスも考えてます。


d0115758_14155323.jpg






 ささやかな 楽しみw  
  
   うふふ

[PR]
by hanamizukidayo | 2007-04-16 14:16 | 写真

日曜日の朝

母の手作りよもぎ餅を焼き、コーヒー(合わないけど毎朝の習慣でつい^^;)で朝食。
ざっと新聞に目を通し、早起きの友人jからの携帯メールを見る。

近頃の読売は以前にも増して朝日と対照的内容になってきた。
いいぞ、この調子!ごく当たり前の考えかただと思う。

今日は新聞をまとめ読みして、読書して、ランチを食べに行き・・
あ~その前に家事を片さねば!

久しぶりに何も予定のないただの日    るん♪
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-04-15 10:58 | 日常

阿倍総理 美しい花を咲かせて下さいますように

 
阿倍総理を支援させていただいています^^
この国を美しい国に変えるために真摯に取り組む姿に
思わず美しい!と声援を上げたくなります(笑)
これまでの自民党に見ることがなかったバランスの良さ、健全な精神を
持ち合わせた理想的な政治家ではないかと思います。褒めすぎ?

   
 【最新のメルマガより】
昨日、中国の温家宝総理が訪日されました。中国の総理をお迎えするのは
実に7年ぶりです。

 私が総理となって初めて取り組んだ外交課題が、中国と共通の戦略的利益
に立った互恵関係をつくること。私が総理就任後直ぐに北京に飛んだとき、
「氷を砕く旅」と評されました。北京、東アジア首脳会議が開かれたセブ島
と会談を重ね、今回の会談が実現しました。温家宝総理は、この訪日を「氷
をとかす旅」にしたいと表現されました。

 中国は、日本との貿易量が5年間で倍増、8年連続で記録を更新し、今や
日本にとって、アメリカを上回る最大の貿易相手国です。日本からの進出企
業は約3万5千社、日本の対中投資は、約1千万人の雇用を創出したと言わ
れ、日本と中国は、経済の面では既に切っても切れない関係となっています。

 北朝鮮による拉致問題、核、ミサイルの問題を解決するためには、両国の
連携が欠かせません。環境問題に国境はありません。地球温暖化、酸性雨、
黄砂、廃棄物処理、ともにこうした問題を解決していかなければならないの
は、隣国である宿命です。急成長を続ける中国に日本の省エネ技術、環境技
術が活かされれば、日本にとっても世界にとってもメリットです。

 外交は、それぞれ国益がかかった厳しいもの。友好は大切です。しかし、
友好であれば、すべてよしというものではありません。国益がぶつかるとき
には、当然主張すべき点は主張しなければなりません。お互い協力して、と
もに利益を得られる環境をつくる、この関係が「戦略的互恵関係」です。友
好という言葉を超えた関係です。

 今回、多くの課題についての協力に合意できたことは、この関係を具体化
する第一歩と、手ごたえを感じています。この中には、今まで認められてこ
なかった日本産のコメの中国への輸出に関する合意も含まれています。

 今年は、日中国交正常化35周年。これを記念して2007年を日中文化・
スポーツ交流年と位置づけました。来年は、日中平和友好条約締結30周年、
そして北京オリンピック、日中関係の発展が期待されます。

 昨年10月、交流事業で日本にホームスティした約200名の中国高校生
たちは、「また日本を訪れたいですか」の問いに、全員が「訪問したい」と
答えたそうです。若い人たちの交流が進んでいることを心強く感じます。

 会談後の晩餐会には、様々な分野で日中の交流にたずさわってこられた
80名の方々にお集まりいただきました。中国でも有名な歌手のアグネス・
チャンさん、後藤真希さん、谷村新司さんも参加いただきました。それぞれ
熱唱いただいた「帰って来たつばめ」「僕らが生きる MY ASIA」そ
して「昴」は、日中両国からご参加いただいた全員の心をとらえたと思いま
す。

 春爛漫の季節に、温家宝総理をお迎えすることができました。春は、新し
い芽がふき、花が咲きます。これからの日中関係に美しい花が咲くよう、両
国が共に努力していかねばなりません。

[PR]
by hanamizukidayo | 2007-04-14 17:21

1935年・・教理の変更に思うこと

誤解を恐れずに言わせて貰うなら・・

「あなたのせいでこんなに苦しんだのだから謝ってよ!」と、

反省もしていない相手に迫り、もし上辺だけの謝罪を聞いたとしても空しいではないですか?
今さら組織の体質が変わる訳ないし、こういう明らかな矛盾をまかり通させてしまう程、モノを考えなくなった現役はそれもひとつの生き方として放っておくしかないと思います。

現在苦しんでいるとしても、苦しみから這い上がるのは自分なのです。もし、身近にそういう人がいたら暖かく寄り添って、やがてその人が乗り越える力が湧くまで静かに待ちましょう。

[PR]
by hanamizukidayo | 2007-04-14 14:07 | 宗教

まずはSAPIOから


チェックしていた5月号文芸春秋と現代とサピオ、

昨日書店で買ってきました。

ゆっくり読む時間ってなかなか取れませんよね。

私はお風呂で読みますw


と いう事で、まずは サピオから・・

勢いの割りには、よしりんの漫画を読んだだけでくらくら
してきてろくに読めませんでした(泣
最近忙しいからなぁ


そうそう、最近と言えば、11日から滞在中の
温家宝首相 - 7年ぶりの中国首脳訪日
に注目しています。

「今回の訪日は 成功した 」とコメントなさっています。


戦略的互恵関係でも一致し、経済のハイレベルでの
対話メカニズムも確立した
」とか。


阿倍首相も「誠意がこもった実務的な雰囲気で実りある会談をできた」と・・



う~ん、だといいんですがね~



話合えば分かるとか平和になるなんて幻想でしょ。
来日の目的の裏に潜んだ背景と打算は気になるところ。
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-04-14 13:06

世界の日本人ジョーク集

d0115758_2305728.jpg



       新書がブームだそうですね。

       確かにお値段はリーズナブルだし、
       軽いし 読みやすい。

       ジョークを楽しみ(※笑えない話もあり)
       つつ・・

       日本人の価値感と世界の価値感を
       比較できる面白い本でした。

[PR]
by hanamizukidayo | 2007-04-13 23:08 | 趣味

桜を見上げる

d0115758_1063948.jpg




桜が好き。

眺めるたびに
日本人でよかったと思います。


もう、
だいぶ散ってしまいましたね。
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-04-13 10:21 | 写真

もうすぐだね♪

d0115758_23222927.jpg
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-04-12 23:25 | 写真

理屈とか

何を信じるか、誰を信頼するか、職業も政治も宗教も人間関係も国交も日常レベルの衣食住も本もテレビ番組も、諸々すべては健全な判断力や好みで私たちは常に選択し、もし失敗したら振り返ってやり直せばいいのです。取り返しの付かない失敗というものはそれほどめったにはないでしょうから。

個人の自由だとか権利だとか、そういう言葉は近頃嫌いですが、
人それぞれの価値観は尊重されなければなりません。
たとえ端からは見ていられないような行動に思えるとしても、
最終的に決めるのは本人です。
例えば成人しているような子どもに対して、犯罪行為ではない限り
自分の意見を押し付けたり圧力をかけてはならないと思います。
責任をとるのは本人、そういう事を学ぶチャンスを安易にとりあげてはいけない。
人は失敗から学ぶ機会も許されているのです。

多くの人にそれは間違っている!とか、あなたの考えは狭いとか
言われたり、反対される時、
自分を静かに探り、冷静に決めた事や信念が揺れたり自信を失ったりしないように
努めるのも大切です。

善意の押し付けは悪意よりも始末に負えない時があります。
本人は全く善意だと信じていても、恐ろしいエゴイズムだったり
する場合もある・・JWで学んだ教訓のひとつです。

この世には、全くの善人や全くの悪人などいません。
純粋さも不純さも人間の一部、だからキリストのあがないが必要なのです。
私たちは、不純ささえも陰影となる複雑さを持ち合わせているからこそ、聖書を
ありのままに読み、シンプルに解釈する方がさわやかになれるし
癒されるんじゃないかなぁと思うのです。

聖書へのこだわり① でした。

More
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-04-12 22:14 | 宗教