cantata777.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

・・・

松岡農相自殺、首相が任命責任認める

 安倍首相は28日夕、松岡農相の自殺に対する責任について、「首相として、
閣僚の任命にあたっては当然責任を持って任命した。任命責任者として、
責任の重さを改めてかみしめている」と述べ、自らの任命責任を認めた。

 さらに、「首相として、私の内閣の閣僚の取った行動に責任を感じている」とも述べ、
松岡氏が自殺を選ぶほど追い込まれたことにも自らに責任があるとの考えを示した。


(2007年5月29日1時6分 読売新聞)

続き・・
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-05-31 23:09

性格習慣病w

近所にオープンした電子治療器体験に先週から通っています。


生体電子が身体の血行を良くして、血管の詰まりをとるために
血液がきれいになって、具合の悪い部分がだんだん良くなっていく、
という能書きですが、ダメもとで・・くらいの気持ちで行ってみました。


以前は興味もなかったし、ちょっと独特の雰囲気がありそうで誘われても
行ったことはなかったのですが(会衆の姉妹たちはよく行ってました)
自律神経失調症というのかな・・不眠症のため相変わらず薬が欠かせません。
薬を貰うためだけの通院も気が重いし、止める方法はないものかと、
考えていたところでした。

まだ改善されたとか自覚はないですが、背中の痛みが緩和したような^^


昨日は終わり近い時間にぎりぎりセーフで駆け込んだせいもあって
担当者とざっくばらんな話をしたのですが・・

医療関係者とか・・重い病人と関わる仕事をする人達は自分の
生体電子が高いレベルから低いレベルに流れるので、疲れやすかったり
具合が悪くなりやすいのだとか。
私もJWに入るまで医療関係で働いていましたが、集会から足が遠のくように
うになって再びボランティアや仕事で、ターミナル状態の方とも接して来ました。

不眠症はもともとの気質もあるのかも知れませんが、長い期間睡眠不足がちの
不規則な生活をして、身体を酷使したのが一番の原因だろうと思います。

つまりは、自分で蒔いたものを刈り取っているわけですが、あの頃は不本意
ながらやはり自分で選択して決めたのだから、過ぎてしまった事をもう後悔
ばかりしてもしかたない、そんな気持ちです。

・・・をさせられた、とか強制されたとか言い、いつまでも他のせいに
するのは、主体性のない子どものような考えで、かえって過去に
囚われたまま身動きできない状態に自分を置いてしまうだけではないかな
と、思います。
確かに苦しかったのは事実だけれど、そこでどう考えどう行動するかは
自分にかかっている、でも独立の精神は誇り高いサタンの精神だとか
散々刷り込まれたから自分の考えに自信を持って行動する事はなかなか難しいことでした。
不完全だから自分の考えに頼ってはならないとか孤立しないようにとか
組織依存型人間に作り上げる聖句解釈を鵜呑みにしていたのですから。

組織から離れ、元JWの人達との交流の場があったから
こうして冷静に考えられるようになったけれど、
今に至るまでの時間も長かったけれど
もしあのまま取り込まれたままだったとすれば・・
なんて、考えただけでも悲惨。


心と身体は本当に密接に機能している。できるだけストレスになる疲労や緊張を解いて
ゆっくりと穏やかに日常を楽しみながら暮らせるようになれば、
不眠もやがては改善するんでしょうかね。
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-05-29 15:07 | 日常

初夏の牧場で乗馬体験


汗ばむような陽気でしたが、緑のシャワーが降り注いでくるような木立の中を散歩したり、

のんびりと芝生に腰掛けて木陰で休んだりして過ごしました。

今回はバンジージャンプはしませんでしたが、

飛び降りる人を見ているだけでも楽しいですね。なぜかムショーに好きです^^;



今回は前から念願だった乗馬に挑戦してみました。
インストラクターのお姉さんに教えて貰い
柵の周りを何周かしました。
乗馬クラブの人たちが練習している馬場のほうへ入ってしまったり、
手綱さばきがうまく出来なくて、ちょっと冷汗場面もありましたw
対向車ならぬ対馬が来ると、車の教習所を思い出しました(汗)

でも、サラブレッドのダンディ君は、名前の通りすごくかっこよかったし
温かい体温が鞍を通して伝わって気持ちよかったです。
楽しい経験でした(*^_^*)
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-05-29 10:09 | 写真

自殺報道

「大変残念です。慙愧に耐えないような思いです。
松岡農水大臣のご冥福を
お祈りします。」
           阿倍総理のコメント


心肺停止状態で病院に運ばれた現職大臣の死が
今日大きく報道されています。

国会での姿を先週もTVでみたばかりだったのに
まさかこのような事態になろうとは・・


阿倍総理は松岡大臣をずっと庇ってきたが、
林野業界から多額の政治献金を受け取っていた事も
発覚していたようで、淡々と見えた表情の裏で
追い詰められていたのだろうか・・


社会的な立場、影響力のある人も一人の人間ではあるけれど・・
命を大切にと説く立場にある校長先生が自らの死で責任を取ろうとしたり、
国の大臣のこのような形の結末を見るのは、ショックでもあるし残念な事だと思う・・
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-05-28 17:46

心に愛がなければ


     光を見る時に、

     影の部分があることに気づく人でありたい。

     傑作を見る時に、

     それが生まれるまでに存在したに違いない 駄作への

     労わりを持つ人で ありたい。

     そして、

     自分の周囲にある、多くの 「滅びゆく種」を

     いとおしむことのできる優しさを


     持って生きたいと 思う。

                        渡辺和子  
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-05-27 22:44 | 宗教

羊のいる風景

d0115758_18493778.jpg



写真では見えにくいですが

羊たちは


のんびりと

草を食んでいました。
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-05-27 19:02 | 写真

かく語ったw



    求め続ける限り
   
             人は迷う


ミッチー語録・・・
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-05-24 20:47 | 趣味

メールマガジンより

素晴らしい日本人が創る「美しい国」
 (「美しい国づくり」企画会議メンバー、東映代表取締役社長 岡田裕介)

 「美しい国」という言葉は曖昧模糊としていて、人それぞれ定義が違うよ
うに思われます。私は次の観点から、このプロジェクトに参加させていただ
きたく思っています。

・自信を持てる国とは何か?
 戦後日本は欧米化が進み、すべての受け入れが進んでいる。これにより、
本来大事にしなければならない事柄(習慣、言葉、経済システムetc、あら
ゆるものを含む。)が、ないがしろにされてきている。日本独自のものが忘
れさられようとしているように思われる。

・命を大切にする社会
 戦争、病気、自殺・・・。いろいろな事が考えられるが人間本来の生き
ていきたいと思える心も、美しい心と考える・物を作っていく社会
 諸外国に煽られ、株投資をはじめとする虚業が流行となっている。私は、
原点に帰り実業を大切にすることが今の日本に大切なことのように思う。

敬語を大切にする社会 最近、教育の問題が、論議されることが多くなった。
いろいろな角度から、様々な意見があり、大切なことのように思う。
 その中で、私は敬語を提案したい。日本語が世界に誇れる独自性は、これ
が存在することだ。謙譲語は日本にしかないのではないだろうか?しかし今
の若者は敬語が使えない。今の犯罪も、間接的ながら防げるのではなかろう
か。

 私は、素晴らしい「日本人」が一番美しいのではないかと考えています。
銃を持って良いと考える国とは、どこかが違うのです。銃を嫌う日本人を誇
りに思います。
           (略)
               *********




☆先日、読売に劇作家・中教審会長の山崎正和氏の
「職業の権威と責任」という記事が掲載された。

この中で氏は、踏み切りに飛び込んだ女性を救って殉職した交番の警官の心には
ノーブレス・オブリージュ(高貴なる者の責任=権威と権限を持つ者がそれに見合う
責任を要求される考え方)が根底にあったから、生来の人柄だけでは説明されない
一瞬の行動へと駆り立てたのではないかと推測しておられた。

学校で問題が起きると必ず非難されるのは教師だけで、校長が謝罪する姿だけが
大写しにされて、親の保護責任を問う言説はほとんどメデァにのらない現実。
また、米国では「レイマン・コントロール」と呼ばれる、素人が教育を支配するのをよし
とする思想が流行している・・と言う。学校教育は専門的な技術を必要とするのもだけに
性急な素人支配がこのプロフェッショナリズムを破壊し、親のエゴに悪用されては
困るという懸念。さらに専門性軽視・素人優位の風潮は「医師」にも及び、代わりに
必要な権威と責任感を放棄する事なかれ主義が現場で生じてきたという。
社会の倫理性を高めるためには、

「人が職業人の誇りを抱き、結果として恥を知ることが大事である。
その際、『高貴なる者』の責任は本人の自覚はまず当然だが、
この自覚は、その高貴さを社会が敬う事で支えられている。
現代のプロフェショナルの90パーセントは、誠実に任務に献身していると考えられる。
マスコミも含めて社会は彼らの実像を称え、使命感へとおだてあげる道はないものか」
と結んであった。



 役人も官僚も政治家にも自らの信念と熱意や使命感を持ち
国のため、社会のために尽くしている人は必ずいると思うし、
そうではない人もまたいるだろう。
しかし、何がなんでも自分達の利益や都合を優先させようと、
自治体や学校に"権利"のために詰め寄る人のなんと多いことか。


 昨日のテレビには、練馬区の車止めを排除した区長が反対住民に、
「市長、立ちなさい!」「あなたには区長としての資格などない!」など
と糾弾され、議席に腰掛けて憮然とした区長の顔が映しだされていた。
私にはどちらが良いとか正しいとか分からないが・・・反対派住民らの
言い分はともかくとして、すさまじい罵声に耐え、「お願いします」と頭を下げながら
低姿勢で職務を果たさねばならない区の担当者に同情してしまった。


 天皇両陛下がスェーデンにご訪問中だが、当日
「出発した」と書いてある新聞もあった。
皇族に、しかも高齢ながらご公務を果たしておられる両陛下に対して
敬語を使わず、一体誰に使えと言うのだろうかかこの新聞社は・・

 思想や政治的・社会的イデオロギーも結構だが、
互いの人間関係において最も大切な"言葉"を
美しく使う品格を持つ事は、「みんな平等」の民主主義と、
意を異にするような問題ではないと思う。




 
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-05-24 14:40

愛しい若者たちへ

        悲しみもさ、

        歳をとってから直面すると
        大ショックだったりするじゃない、


        だから、 ベイベー たち、
        若いうちにいっぱい傷ついたほうがいいよ。


           
                  及川光博、 かく語りき より


            



          これはものすごく言えてる!と思います。

          40代後半にもなって「なぜ、こんなに生きにくい性格
          なんだろう・・」と悩み出した頃、会衆の高校生の女の子と
          同じ問題を抱えていた事に気が付いて、
          「情けないなあ・・この歳まででもう十分生きてきた
          のに、私は今まで何をしてきたのだろう・・」

          そう思ったら、似たような問題で悩んでいるその女の子が
          羨ましかった。どうしようもない恥ずかしさもあったけど。

          若いうちにいっぱい悩んだり傷ついた分だけ、強くなれます。

          辛いと思える後遺症も やがては消えて、 人生が
          鮮明に輝く日は 必ず訪れるだろうと思います。

          
          
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-05-24 13:01

    永遠のようなもの


       永遠のようなものを
       私は探しています

       変らずに続く何か

       カタチはなくても別にいいんです
        
       これさえあれば大丈夫
       という何か

       "永遠"ではなくて

       "永遠のようなもの"でいいんです

        死が訪れるその時まで
        続いてくれればいい


        たった数十年 
        いや

        命が消えてしまう日まで

        絶望から私を守ってくれる何かを

        私は探しています

                  及川光博詩集  うたかた  より



          
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-05-24 11:59 | 趣味