cantata777.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

こどもの命最優先


しばらく更新もせず、ご無沙汰しました。
さっそくですが、エホバの証人の輸血問題について、皆さんもご存知かもしれませんが、
昨日の読売では、1面中央と、社会面に大きく取り上げていました。


親拒んでも15歳未満輸血、信仰より救命優先…学会指針案
 信仰上の理由で輸血を拒否する「エホバの証人」信者への輸血について、日本輸血・細胞治療学会など関連5学会の合同委員会(座長=大戸斉・福島県立医大教授)は、15歳未満の患者に対しては、信者である親が拒否しても救命を優先して輸血を行うとする指針の素案をまとめた。

 「信教の自由」と「生命の尊重」のどちらを優先するかで悩む医療現場の要請に応えて検討を始め、「自己決定能力が未熟な15歳未満への輸血拒否は、親権の乱用に当たる」と判断した。

 合同委員会はこのほか、日本外科学会、日本小児科学会、日本麻酔科学会、日本産科婦人科学会の国内主要学会で組織。年内に共通指針としてまとめる。

 エホバの証人への対応はこれまで、日本輸血・細胞治療学会(当時は日本輸血学会)が1998年、18歳以上の患者は本人の意思を尊重し、12歳未満の場合は、家族が反対しても輸血を含む救命を優先するとの指針をまとめていた。しかし12~17歳については、発育途上で判断能力に個人差があるとして対応策を示していなかった。

 今回の素案では、治療法に対してある程度の自己決定ができる年齢を、義務教育を終える15歳に設定した。15~17歳の患者については、本人と親の双方が拒めば輸血は行わないが、それ以外、例えば本人が希望して親が拒否したり、逆に信者である本人が拒み親が希望したりした場合などは輸血を行う。

 15歳未満の患者に対しては、本人の意思にかかわらず、親が拒んでも治療上の必要があれば輸血する。18歳以上については、これまでの指針通り、親の意向にかかわらず本人の意思を尊重する。

 大戸教授によると、エホバの証人信者が子への輸血を拒否する事例は、大学病院など全国100以上の病院で少なくとも毎年数例は起きていると推定される。

(2007年6月24日3時3分 読売新聞)
YOL内関連情報
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-06-25 14:00

「人はみんな変っていくものですから」

映画 「かもめ食堂」の主人公サチエの言葉です。

去年の春、公開されて評判になった映画なので、ご存知の方多いかもしれませんね。
去年観た中ではNO1でした。ある団体の企画で上映すると聞いたので、行ってみました。


小林聡美ってこんなにキレイだった?って見直すくらい、きりっと潔くて
凛とした美しさ、さっぱりと優しいそんな主人公を演じきっています(*^_^*)

この映画の見所は、何と言ってもかもめ食堂のメニューたちです。
焼きたての香ばしい匂いが漂ってきそうなシナモンロールに入れたてのコーヒー。

網焼きした塩鮭  白い器にこんもりと盛った肉じゃが  揚げたての豚カツ  
ジュージューとしたしょうが焼き  サーモンの刺身 バリッとした海苔に包んだおにぎり。

幸せはおいしいものを食べた瞬間に感じると、そんな事を思わせるのもこの映画の魅力かもしれません。美味しいご飯を作りたい意欲がわいてきますね(*^_^*)

フィンランドのヘルシンキでオールロケの作品ですので、北欧の白夜や森、港のかもめや市場や町を歩く人にも風景にも、どこかしっとりとしたはかなさが漂っているのは、サチエや二人の日本人女性たちのかもし出す雰囲気にぴったりマッチしているせいでしょうか。

何気ない日常がゆるやかに流れることから、スローライフな
生き方という言葉が去年はマスコミにも取り上げられましたが、
忙しくて疲れがたまりがちな女性には必見の映画だと思います。




d0115758_22342144.jpg


「人はみんな変っていくものですから」

人と人との繋がりは大切なものだけど、
囚われすぎずに、変っていく人と自分を
自然体で受け入れていく。未来は分からないけれど
何気ない日常の過ごし方が明日への力になるのだろう。
シンプルで継続的なサチエの暮らしの隅々から
そんな思いが伝わってくる。

この映画で圧倒的な存在感があったのは、もたいまさこさん。
この人の存在は、それまでほとんど知りませんでしたが、
この映画以来大ファンになりました♪
相手を包み込んでしまう笑顔、面白可笑しくて哀しい不思議な雰囲気。
こんな女性を目指したいなと憧れてしまいました。

新作の「めがね」の公開も楽しみにしているところです♪

d0115758_1247239.jpg
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-06-16 22:36 | 趣味

日本人の宗教観

文芸春秋の季刊号「心の時代を生きる」を読み終え、
日本人の宗教観が、浮きぼりに見えたような気がします。

 寄稿しておられる著名人たちの各々は、自分の宗教を持つ人、
無宗教の人、不可知論者と様々な立場でしたが、一通り読んで、
全体から受けた印象は、無宗教を自認する人が大多数と言われて
いるにもかかわらず、実際には日本人の内面に独自の宗教的価値感が
健在しているんだなと思いました。

元々は農耕民族だったこともあって、豊かな自然・・山川草木、禽獣魚虫
と共存しながら生かされているという、自然の力に対する超越的な思いが
信仰に繋がっていったという経過はよく分かります。

ライフスタイルの変化や、特に戦後の価値感によって無関心であって構わない
とか、天皇制への一部の批判等、(私の場合は中学で学んだマルクスの「宗教は
人民の阿片」というフレーズに強いインパクトを受けました)様々な要素によって、
無神論と称する人は多いと思いますが・・しかし、
宗教的文化や、伝統行事として扱われる事にさほどの抵抗を覚えなくても、
そのようなカタチとしての宗教を、(現在の自分も含めて)粗末に扱っても
構わないと考える人は、それほどいないのではないかと思うのです。


私にとっての宗教とは、この世の中の本質的なものの見方、感じ方を
教えてくれるものであって、どう生きるかという答えを与えてくれたのが
聖書だったと思っています。もちろん、いろいろな宗教を決して否定はしないし
無神論の立場の人の生き方や考えは多様性として尊重したいと思いますが。


宗教と言うよりも、信仰心 というもののほうが
個人的には大切なのではないだろうかと思いました。
うまく言えませんが・・


d0115758_135993.jpg

     意外でもあり、興味深かったのは、
     元外務事管の佐藤優氏でした。
     いかにも佐藤氏らしい「宗教と思想」という
     学問的・政治・思想的視点で、キリスト教徒として
     持たれる考え方は、共感できるものがありました。

カール・マルクスの語った「宗教は人民の阿片」とは、今まで考えていた
ような共産主義の反宗教的単なる感情論ではない、
「宗教」と人間の心理の関係で論じたものだったという説明も
初めて知って勉強になりました。
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-06-13 13:34 | 宗教

イタイ口

起きて鏡を見たら、やはり・・唇が厚ぼったい。
ごわごわのたらこ唇になっていたw

口角炎がなかなか治らないので、皮膚科にいかなきゃと思っていた矢先だった。
友達に言わせると「それは口角炎じゃないよ。ヘルペスだからお医者の飲み薬
で直したほうが早い」
皮膚科の先生は、ヘルペスじゃないと思うと言いながらも飲み薬を処方してくれた。
ついでに血液検査の採血をして、診療代と薬代合わせて5000円弱。

ちょっとした不調で医者に診て貰うにも、この頃高くなった。
普段、まめに検査などしないツケかも知れないけど。

年金で暮らす高齢者も負担金が増えて、歳をとればとるほどあちこちの
具合が悪くなるのだから、医療費の捻出は大変だろうなと思う。
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-06-12 18:14 | 日常

新しい詩

  新しい詩を書こうとペンを取ると

  不思議なもので

  通り過ぎた日のことばかり

  思い出します

  
  思い出にするつもりなんてなかった

  景色や声や人ばかり


  それで私は

  ひとりで小さく笑ったり

  音もたてずに泣いたりします


  新しい詩はいつか

  なつかしい詩に変わるでしょう

  だから私は今日も

  新しい詩を書こうと思うのです

                       及川光博  うたかた より



私には詩心はないし、想像力は欠けている。
手紙も苦手だし、記録の仕方もイマイチだ。
ブログを始めてから、改めてこの現実に直面している。
書きたかったことが見えなくなってしまった。
本当の気持ちって、言葉に出来ないことのほうが多い
ような気がする。

今日のことよりも、過ぎてしまった日々のほうが鮮明に浮かんでくる。
封印したい記憶とか
胸の奥にしまったはずの秘密とか
もう言葉にしたくない事とか。

誰の心にも光と影が宿るのだろう。
闇がなければ灯火は輝かないように


ミッチーのように、光の部分でキラキラ輝きながら
影の部分は真剣勝負、それが人生なんだろうね。
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-06-12 14:16

いいかげんな性格

  宇宙には 

  星の数ほど神さまがいて

  担任の先生みたいに

  それぞれ惑星を受け持っていますが

  どうやら

  私たちの星の神さまは

  いいかげんな性格のようで

  どれだけ願っても

  いうことをきいてくれないし

  大陸ごとに名前を変えてみたり

  争いごとばかり起こしては

  わたしたちをいつもがっかりさせます

  だからもう何も期待しません

  自分で強くやさしくなって

  自分でなんとかしなきゃ

 
   あ

   それが狙いだったりして

                     及川光博  うたかた より



神サマは簡単に答えを与えない。だから人間は考えるようになる☆
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-06-12 13:40

やれやれ

 蒸し暑かったり、突然肌寒い風が吹いたり、梅雨入りの前、

 天候不順なこの頃ですね。

 さっきから、雷と雨が激しくなってきました。


 昨日は、早起きして張り切って仕事に出かけたのですが、

 午前は、難病で寝たきりになった方の身体介護でした。

 穏やかで笑顔のすてきな方です。

 何か大切なものを頂いたような、教えられたような

 そんな気持ちに満たされながら、帰りに公園のベンチで

 冷たい梅炭酸ジュースを飲みました。

 そんな場所で長居していると、顔見知りのJWに出会いそうなので

 昼食でも食べようかとお店に入ったのですが・・

 前夜のボランティアの夕食会で、ボリュームいっぱいの脂っこいものを

 食べたせいか食欲がなく、ホットドックと黒糖ラテ(?)・・  買ったばかりの

 文芸春秋スペシャル「日本人と宗教」を読みながら、ゆっくり食べていたら

 梅ジュースと公園の風で身体が冷えたところにお店のクーラーが効いて

 だんだん気持ちが悪くなってしまいました。

 ホットドックは半分しか食べなかったのに・・午後の仕事先では

 吐き気とお腹の痛みを我慢しながらの3時間でした。

 自分の身体不調は絶対に表に出さないのがプロだと思っているので

 根性で頑張りましたw  が・・

 乗り物に乗ると吐きそうだし、どうやって帰ろうかな・・と迷っていたところに

 夫から電話が入ったので、迎えに来て貰いました。



 着替えと洗面だけして、昨夜は7時半に寝て、今朝はすっきりです^^

 食べすぎと冷えは要注意ですね。
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-06-10 12:24

第2金曜日

今日は、スリーセブンの仲間たちと夕食会でした。

 リーダーから、「今夜は出席できなくなったからよろしくね」と連絡が入り、
みんながっかりして早く解散するんじゃないかな~と内心案じましたが、
いつものように、和やかで楽しい時間だったようです。よかった♪

 20:00に解散、駅まで夫に迎えに来て貰い、急いで我が家の夕食の
支度を整え、パソコンに向かいました。

 明日から、仕事が増えるのでもしかしたら・・・しばらく書けなくなるかもしれません。

 つい引き受けてしまいました。
 今月いっぱい持つかどうかの状態らしいのです。
 聞いてしまった以上受けないわけにいかない・・大事な人だから。

 何のことか分からないですよね・・ すみません。


 歳をとるとか病気になるとか・・現実だけれど直面すると悲しいですね。
回復の見込みがないとなると、ただただ切ないです。

 そういえば、前に電磁波無料体験の話を書きましたが、もう止めました^^

 感じもよかったし丸々2週間続けましたが、今週になってからぱったりです。
  
 調子が良くなるような手ごたえを感じたのは確かなんですが、他力本願では
なく、自分の身体を信じよう・・みたいな、何とかなるさという気分です(*^_^*)
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-06-08 22:02

手を大きく開け

この国から貧しいものがいなくなることはないであろう。
それゆえ、この国に住む同胞のうち、生活に苦しむ貧しい者に
手を大きく開きなさい。
              申命記15:11


d0115758_2018485.jpg



 貧しい者がいなくなることはない・・

 二千数百年前、人間社会のゆがみの
ひとつである貧富がすでにあったこと、
そしてその事実をどう受け止め対処しようと
していたかという当時の人々の姿勢が現れて
いるように思います。

 貧しさに苦しむ・・深刻な事実ですが、
そのような暗さを解決せねばならぬと思いつつ
なおそれを実現できぬ弱さや矛盾や限界を持って
います。
しかし、諦めたり、是認してこういうのではなく、
むしろ心に痛みを覚えつつ、人間としてのありのままの
姿を正直に受け止めていたのでしょう。

・・その中でなお自分たちにできる小さなことを
共にし続けようとの決意と呼びかけが語られて
います。


手を大きく開け」というのは、一時的・形式的な
対策や慈善ではなく生きる現場を相手と共有
するような生の姿勢
また貧しい人を仲間として
受け入れる心のやさしさを言い表しているのでしょう。

 それは、貧と富が持っている問題の解決に直ぐに役立たない
かもしれませんが、限界と矛盾を抱えた人間に許されたすばらしい
道に連なっていくに違いないという円熟した考え方をも示しています。



        原文のまま記載しました☆
 
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-06-08 21:14

年金問題と支持率

年金記録問題で有識者検証委を設置へ 原因や責任を追及
2007年06月05日11時49分

 年金保険料の納付記録約5000万件が宙に浮いている問題で、政府は問題が起きた経緯や原因、歴代の社会保険庁長官らの責任などを追及するため、外部有識者による検証委員会を、来週にも総務省内に設置することを正式に決めた。菅総務相が5日朝の閣議後会見で発表した。

 設置は官邸からの指示で、行政監視を担当業務の一つとする総務省に置く。菅総務相は「国民に多大な不安を与え、内閣の一員として申し訳ない。徹底して原因究明、解明に努めたい」と述べた。メンバーは未定だが「早急に人選を進めており、できるだけ早く立ち上げる」とし、来週中にも初会合を開きたい意向を示した。

 厚生労働省の所管する問題を総務省で検証する理由について「厚生労働省で(原因調査を)やったら、国民から理解されない。有識者に客観的な情報を提出できる」と述べた。

 政権内から「参院選までに明らかにすべきだ」との声が出ていることには「参院選の時期というより国民の最大の関心事だから、その不安、疑問を解消させるのは内閣の役割だ」とした。

続く・・
[PR]
by hanamizukidayo | 2007-06-05 23:07