cantata777.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 38 )   > この月の画像一覧

笛に踊る

昨年から話題になっている、「中東の笛」と呼ばれるハンドボールの
審判たちの疑惑の笛に関する提訴が認められ、
国際ハンドボール連盟(IHF)が五輪予選をやり直すよう命じた問題。

最終的にやり直し予選が決まったものの、東京開催の決定に対し、
クウェート、カタール、アラブ首長国連邦は不参加の方針を打ち出した。

昨夜、何気にNHKを見ていたら、キャスターがいわゆるスポーツ専門家に
「なぜこのような事態がおきたのでしょう?」と、質問形式でやっていた。
確かに、問題をよく知らなかった人には親切な番組構成ではある。

スポーツは政治だと言い切る中東の大統領。

ビデオに映る韓国の抗議の凄まじさは
いかにも"韓国"だ。一方、日本人選手たちは
呆然唖然無念も憤慨も堪えながら黙している。
再試合に備えて真剣に練習に励む姿がTVで
流されてきた。表では決して暴言など吐きもせず
立派な、スポーツマンらしい姿勢である。


報道はと言えば、国内の政治問題、社会問題、スポーツ関係
あらゆる分野でキャスターさえ公平な立場に立たず、自(社)説を
絡めた番組を流し叩きまくるのに、オリンピックという国際的な対外問題に
関しては、手の平を返すように、燐国の過激な反応を垂れ流しながら、
「どうなんでしょうか」
などと、他国や専門家に仰ぐように見せかける。
言いにくいことは人に言わせ、自分の身は安泰。
そういう守りに入った姿勢が目に付く。

本音や、内心言いたいことがあれば、堂々と訴えれば
いいではないか。自国の問題ケースのようにさ。



場の空気を読み、言いたいことが言えない掲示板も
結局、自分がいい人でいたいからなんだろう。

他人に嫌われたくないからなんだろう。
 
中東の笛参考/1月23日読売社説
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-01-25 11:17 | 政治・社会

知識としてではなく

いったい何のための宗教・信仰かと思う。
終末ハルマゲドン説、三一じゃないとか
三・三だろうとか、
科学的だから信じるとか
信じないとか
地獄があるとかないとか、

証拠があるから信じたとか、
組織が言うから従ったとか、


被害者意識はよく分かるよ。
わたしだって、恨みつらみ抱えて
きたからね
騙された悔しさや自分も
加害者だったという
取り戻せない現実を嘆いたさ



世に出た長老が宗教団体に経歴をヘタに
話せば、最悪のヘッドハンターされる?

世間を見くびったJW人の
発想だよ  たく~っ

ちやほやされてきた人は
どこにいても
ちやほやして貰いたいわけだ

これぞ"証人"欲求
だね


何を勘違いしているんだろう
と思う

宗教と言えば神さまだよ
神さま仏さま
何でもいいけど、

誰かの上に立つための信仰なわけ?
人に認めさせる手段に
宗教やれるってか

さすが、JW元長老

いいかげんに
やめて欲しいな
そんな言い方

離れたついでに
無信論者になったほうが
まだ
世のため、人のためだよ


大学出て巡回に文句も言えておまけに
「こんなに役に立たなかった長老
でしたー」という
紙一重の自慢話
おかしいよ

ホントの役立たずでも文句ひとつ言わずに
たくさんの人がついて行ったんだよ

長老の言うことは神の御意思だと
命さえかけて従うんだよ

本気で信じているのに不幸で
沈んだ表情し、疲れ切り
うなだれている
人々の顔を
思い浮かべて!

海外旅行も出世もいいだろう
でも
こころの隅に
ひとかけらでもいいから
願って欲しい

みんなが真実に目覚めるようにと
真面目な人たちが、今度こそ
本当の神さまに出会えるようにと

願って欲しい
祈ってほしい

少しでいいから
人にも目を留め

願う心、祈る心

あるなら、

もしかして大切な
親、友達など
現役の心さえ
動かすかも知れないんだよ


自分だけ救われたいとは
思わなかったのと同じで、

自分だけ、抜けてハッピー
とばかり、
言ってられないじゃない
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-01-24 22:03 | 宗教

お詫び

たった今、大変申し訳のないことをしてしまった事に気が付きました。

あるブログが終了する事が知らされた時、自分への応援歌だと感じた
管理者の真摯な姿勢を胸に刻んで置きたいと思い、ある発言を
コピーし、「非公開記事」としてこのブログに残していました。

昨年末、もしくは今年になって直ぐの頃だったと思いますが、
わたしはこのプログを一旦中止しようと考えるようになり、
グズグズと迷っていました。

そして、今までの記事を全部削除しようとしたのですが、
自分なりに真剣に考え、書きながら考えを整理した
経過のものもたくさんあり、迷った末に
削除ではなく、全部の記事を非公開に
して考えてみました。

そして数日経ってから、
また再開しました。

その時に、多分その時のミスだと思います。

H.Nとは言え、個人名が出ていて読み方によっては
傷つき、憤りを感じたと言われてもしかたのない
内容の「非公開だったはずの」記事を、誤って
公開してしまいました。

関係者の皆さま、大変申し訳ありません。
深くお詫び申し上げます。
二度とこのような事を起こさないよう、
使い方に十分注意していきます。

ご覧になられた方は不愉快に思われた
と思います。お許しください。


今朝開いた時点では"影月"さんという方の
コメントはなかったのですが、帰宅してその記事
にレスが付いたので、初めて気が付きました。

コメントはその内容には直接関係ないものですので
スルーいたしますが、重大なミスに気付かせて
いただいてありがとうございました。
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-01-24 12:59

ねこ

d0115758_22195244.jpg






d0115758_22225499.jpg


More
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-01-23 22:20

今日のおやつ

みかんの缶詰をジュースにして
薄力粉に重曹とお砂糖を混ぜる
だけで出来上がる簡単蒸しパン
です。

隠れてますが、レーズン入りです。
飲み物は玄米コーヒー。            

ドトールの抹茶ラテや
ロイヤルミルクティが大好きで
一旦出れば最低でも2回は
寄ります。

でも家にいる日は
なるべくお砂糖控えて             d0115758_16234551.jpg
そのかわり、何杯も飲んでます。


朝から雨模様ですが
これから雪になるんでしょうかね
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-01-23 16:35 | 日常

♪春の小川の隅田川 

昨日は、急にピンチヒッターを頼まれて以前通っていた方の
ケアに伺いました。約2年ぶりの再会でしたが、前よりも
体調も精神的にも安定していらしたので「さすがだな、凄い」
と思いました。

お互いに積もる話があって、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
本当は入浴介助だったのですが、近況やら何やら次々に伺っているうち
時間になってしまったので、帰りに事務所に寄って「身体」を履行せずに
すみませんでしたと報告する羽目になりました。
でも、「喜んで下さったんだから良かったじゃない♪」と所長は言ってくれましたが、
身体と生活援助は受け取る報酬が違うので「これから気をつけます」
とお詫びした次第でした。

ワーカーの時間給はどちらでも一緒なのですが、事務所としては
請求額が違ってしまうので損失になるわけです。なのに嫌な顔もせず、
また請求をごまかす事もしない良心的な職場なので、さわやかに
働けて、こういう点でもわたしはここのみんながとても好きです。


「お正月に孫たちとホテルで過ごして、由紀由紀さおり姉妹のディナショー
を聴いたの。「明日へ贈る歌」という本を買ったので、一緒に歌いましょう。
その前に、お二人が書いた歌の解説を読んでくれない?近頃見えにくく
なったのよ。どのページからでも、あなたの好きなのでいいのよ」

「いい本ですね!せっかくだから、最初のページから読みましょうか」
というわけで、滝廉太郎作曲の「はな」から入りましたが、
この歌は「源氏物語」からとられた内容であることや、廉太郎の
他の曲、エピソードを朗読しながらその生き方などに触れたような
気がしました。
そして有名な華道の家元でもあり、若い頃研究されたという源氏物語を
当時私に熱心に教えて下さった頃に話が戻ったり、また

「あなたが急に来れなくなって、当初はそういうものなんだと
あっさりと諦めた(わたしの美学だもの)けど
一期一会ということを心に刻むきっかけになった。
あなたにはわたしの生き方や価値感を理解して貰えると思って
ずいぶん甘えてしまったわ。押し付けてしまってごめんなさいね。
でも、思いがけずまたお会いできて本当に幸せでした。ありがとう」

申し訳ないほどそう言って下さり、恐縮しました。
でも、感謝しなければならないのはわたしの方なんです。
時間が長引くし、また話すべき内容でもないのであえて
黙っていますが、金子みすずの世界を教えて頂いて、

「みんな違っていいんだよ」

惨めさに打ちひしがれていた現役JWの頃
どれほど慰められたことか。
また「今日のお洋服よく似合うわね」と言われれば、
「いえいえ、何を着ても着映えしませんし、第一安物なんですよ」

つい言ってしまう癖に、「あなたぐらいの年になったら、そんな言い方は
もうやめなさいね。ありがとうございますって笑って答えるものよ」

手とり、足とり教えて下さった優しい人であり、
自由きままな反面、隠れて悔し涙が流れるほど
仕事には厳しい要求も突きつけてくる。
「わたし好みの人になって」と言われているようで
時には反発もしたけれど、このような人になりたい
あのように年老いていきたいと憧れ、たくさんの事
を教えて頂いた恩人だと思っています。


「コブクロとか、スマップの世界にただひとつの花もいいけれど、
やはり心に響く名曲は、日本人のアイデンティティを揺すぶるわね!」
こういう言葉がポンポンと飛び出すご婦人なのです。80ン歳ですよ。

わたしって超オンチだから人前では絶対に歌わないのですが、
気持ちよく一緒に歌ってしまいました。


月曜夜10:00の「日テレ心の歌」でも素晴らしい自然や花を
堪能しながらたっぷりと日本の叙情歌を楽しんでいます。
d0115758_13341069.jpg

心を元気にする今日のメッセージより・・
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-01-23 12:44

コーヒーショップで

静かな場所で集中して読みたい本があったので
早目に家を出て、仕事の前にコロラドに寄ったら
友達に会った。

今週末に試験を控えているのでジタバタ大変だと言って
いたけれど、コーヒー飲みに来る余裕がある位だから大丈夫♪

彼女は元、私の上司で大変お世話になった先輩。
職場を離れてから普通の友達関係が続いていた。

ところが、JW研究生になってしまったために、私が
しつこく忠告したせいでお互いに気まずくなってしまい
最近めったに二人だけで会うことはなくなっていた。

「わたしはただ、聖書を知りたいから勉強したいのよ!」
と言う彼女の気持ちに添ってあげられなかった。
周りの友人達も、そんな彼女を内心では心配したが
やめろと言われて引き下がる性格ではないから、黙って
見守っている。

そんな彼女が、国家試験に挑戦することになったので、
学科が通ったら、実技の練習に付き合うね!と
張り切っている。


今日は、試験勉強の話をしただけだったが、会えて嬉しかったと
言ってくれた。
嬉しかった。

友達であっても踏み込んではいけない部分もある。
それは分かっているが、間違ってもJWにだけは
なって欲しくなく、強い言葉を放ってしまったが、

会わなかった数ヶ月の間に、

何か

もとの彼女に戻っていた気がする。



ガンバレ!
落ちないでよ



んーーんとプレッシャーをかけて別れたw
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-01-22 20:31 | 日常

心を強くするメッセージより

 古いものは過ぎ去って、すべてが新しくなりました。

      コリント人への手紙Ⅱ 5章12節


続く・・
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-01-22 20:02

 光に魅せられて

昨日、今日と
思わず
自分の身を振り返り、

「そうだよね~
 ほんとうにその通りだわー」

しみじみと考えさせられた記事がありました。

図々しいけれど乗っけさせて
下さいね^^






【主の方法】



主の考え方を想像した
主の方法を探ってみた

あれはおかしい
これは正しい
あちらは間違っている
こちらは正論だ
キリストはそんな風には
思い計らない

ただただ人の気持ちを思い遣り
人の気持ちに寄り添い
自分の思いを捨ててでも
神の御思いが成ることを願い
人の気持ちを受け止めていく

私もそんな風でいたいと思った
想像力を高めたい
人の気持ちの分かる人になりたい
今、私は切実にそう思う
主が分からせてくださるはず

  



【結びつき】       


目を伏せないで
現実を見る
蓋をしないで
臭いものも見る
目を閉じないで
ありのままを見る
覆い隠さないで
真実を見る
そして、真実を語る

教会を離れる人の多いこと
胸が痛む
傷つき倒れ
救いを失い
去って行く友

いや、救いは失ってはいない
失ったのは信頼
不信感を募らせ
去って行った

人は言う
「信仰が足りないのだ」と
私はそうは思わない
足りないのはイエス様との結びつき
イエス様の愛に浸り切るなら
傷ついても立ち上がれるのに

去って行った友を
悲しく想いつつも
常に確信がある
彼らが一度主に捕らえられたのならば
一旦離れても
主イエス・キリストは必ず
捕らえ返しに行く
だから大丈夫
絶対大丈夫

人は表面しか見ない
人生はもっと奥深い
人の知恵は浅はかだ
一時の現象だけ見て
判断するのは愚か
神の愛はそんなものじゃない

どんなに傷つき倒れた友も
イエス・キリストは見放さない
イエス様の手を握り締めずに
人を見て、傷つき去って行った友も
再び主に手を伸ばす時が来る

私たちがイエス様から離れても
主がどこまでも追いかけてくださる
だから、簡単に判断しないで
「信仰が弱いからよ」と言わないで
皆同じに弱いのだ
信仰が弱くても
イエス様が追いかけてくださる

イエス様から離れなければ
イエス様と結びついていたら
大丈夫
大丈夫だから
どんな時にも
イエス様の手を離さないで
今度こそ
結んだその手を離さないで

  


http://blog.goo.ne.jp/58411319
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-01-22 00:21 | 宗教

光と"なれ"ではなく・・

人間は生まれながら光の中ではなく、闇の中を歩いている。
しかしながら主を信じるなら「命の光」を持つ人となる。
(ヨハネ8:16  私は命の光を持つ世の光です)

「だだ生きるのではなくて光るんですね。単に生かされているのではない。
障害や病気を抱えていても光を放っている存在なんです。素晴らしいことです。

  あなた方(クリスチャン)は世の光です(マタイ5:14)

イエス様は 『光になれ』とはおしゃらなかった。

あなた方はすでに光なんだと仰っているのです」

     

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昨日はルカ8:16~18のメッセージを聴きました。
上記は、心に残ったみ言葉の一部です。

脅迫的に「照らせ照らせ=伝道せよ、成果を挙げよ」などと
誤用したものをまともに受け止めたら苦しくなる内容です。
でも、イエス様がおっしゃったのは真実こういう事だったんだと
嬉しくてなりません。


組織にいる人の中にも、本当はまず自分自身がみ言葉に心満たされたい
そう願っている人がたくさんいるんだと思います。

だからもう、組織人を裁くのではなく、暖かく見守る人に
なれたらいいな。 そうは言っても相変わらず・・

時にはキレそうになる事もありますが、イエス様の教えに
魂で触れていきます。私の中にある醜い心を流して下さい。

                           
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-01-21 20:54 | 宗教