cantata777.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

曖昧な立場

先週の日曜日は巡回訪問でもあったのか、JWの奉仕者が教会の近くの公園に大勢集まっていた。バスの窓から発見したので、教会に入って行く姿を見られたら絶対にマズイと思い、仕方なく一つ先のバス停で降りた。

その近くでも、同じ職場の姉妹が長老らしき人とおしゃべりしながら歩いていたので
バスを降りてしばらく、電柱の陰に隠れて行ってしまうのを待った。

車を使えばバス停から歩く途中で知っているJWに会う恐れはないけど、
教会には駐車場がないし、今後のことを考えると気分が重かった。


遅刻寸前に席に着くと、まだ洗礼を受けていない年配の方が
「今朝はすごくいっぱいいたわね」と、苦虫をかんだような顔で話しかけてきた。
その方は、わたしのよく知っている長老夫婦の家のお隣に住んでいるらしく、
断っても断っても奥さんが雑誌を持って来るので、大変な迷惑を
被っているとよくこぼしている。

「教会に来る時も後を付けられているんじゃないかとヒヤヒヤなんですよ!」と、
かなりおかんむり。確かに、会衆でも一、二を争う熱心姉妹だから、相手に
被害意識を抱かせるほど積極的にアプローチしているだろうなとは想像できるけど
本人はこんなに評判が悪いとは夢にも思ったことがないだろうとも思う。
最初の司会者でもあり、何度も同じ群れになったので性格は知り尽くしているから。

とは言え、こんな時は正直答えようがない。先回も同じような場面があって
「困ったわねー」と、出席していたとなりの姉妹の顔を見たら、小さい声で
「これだけ言える(人)んだから大丈夫よ」と、澄ました返事が戻ってきた。



キリスト教で宗派を変えるのは法律的な問題はおろか、
文化教室並みの扱いだと聞くのに、
JWの場合は決定的な問題になってしまう。


教会の人たちも複雑な事情は理解しにくいと思う。


教会に行く時はJWだったことは話さないようにと言ってくれた人がいたけど、
いろんな意味でその方が賢明だったと感じている。
でも・・聞かれたら嘘は言えないし、微妙に難しい。
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-04-24 00:01

ご無沙汰しました

しばらく間を空けてしまったので、何から書こうかな・・て言うか、
久しぶりに書こうとすると、出だしの言葉から詰まってしまうものですね。

取りあえず、 大変ご無沙汰致しました。


季節の変わり目だからでしょうか。

疲れっぽいですが何とか動いています^_^


3月の疲れがどっと出て、暇さえあればゴロゴロしてました。
疲労回復が1ヶ月単位だなんて、すごい老化現象なんでしょうね。
悲しい現実です。あまり年齢の違わない友達が脳梗塞で入院して
幸いなことに後遺症は無かったですが、いろんな病気にかかりやすい
年だという事も自覚せねばと思うこの頃です。と言いつつ、特に何も
してない無精者ですが、心構えだけでもw

[PR]
by hanamizukidayo | 2008-04-20 23:31

 お花見

 春の朝


  
 
 時は春、

あした 
 日は朝、
 
あした 
 朝は七時、
 
かたおか 
 片岡に露みちて、
 
あげひばり 
 揚雲雀なのりいで、

 かたつむり  
 蝸 牛 枝に這ひ、
  


 神、そらに知ろしめす。
  
 すべて世は事も無し。


                       ロバアト・ブラウニング



教会メッセージで昨日牧師先生が引用された言葉が印象深かった。

■人間には、神にしか埋めることができない空洞がある  byパスカル
■新約聖書は果実であり、花である。
  旧約聖書は根っこである                    by内村鑑三


     
      

      神、空に知ろしめす
     
      すべては事も無し
 

     城跡にハラハラと散る桜吹雪が教えてくれた。
  
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-04-07 14:55

嵐の中の平安

元気を出しなさい。船は失うが、皆さんのうちだれひとりとして命を失う者はないのです。

                          使徒言行録27章22節


 
 神様は、「あなたは嵐に遭うことはない」とも、「あなたは何も失うことはない」とも言ってくださいません。神様が約束してくださっているのは、「嵐に対する平安」ではなく「嵐の中の平安」です。どんな嵐にあっても、何を失っても、あなたは必ず守られ、主の備え給う港に安全に上陸することができる、その保証が神様の約束です。だから、嵐にもまれても、何かを失っても、希望を捨てず、元気を出しましょう。
                                                                                                                                    
                                      教会メッセージより
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-04-05 11:31 | 宗教

わたしたちは、このことの証人です。


 心の純粋な人は "神" を見る (マタイ 5:8)




「取り決めではどうなっていますか、

誰がそういう指示を出しましたか、

あなたは割り当てられたことをすればそれで良いのです。」



こういうたぐいの言葉が頻繁に発せられるような組織は、
もう終っていると考えて良い。

                                金沢文庫より
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-04-04 23:35

桜  日本人  信仰


 ∞∞∞∞∞∞ 本日の名言 ∞∞∞∞∞∞     


薔薇に対するヨーロッパ人の讃美を、    
我々は分つことをえない。    
薔薇は桜の単純さを欠いている。


  ― 新渡戸 稲造 ―       ( 武士道 )   


http://www.makuya.or.jp/forjapan/kirisuto/nitobe.htm a>


http://www.makuya.or.jp/forjapan/kirisuto/uchimura.htm
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-04-04 09:25 | 宗教

お薦めサイト紹介


最近、暇さえあれば教会サイトを見ています。




聖書をどのように読むか、共感したサイトです。
 ファンダメンタリズムにも注目  



   www1.ocn.ne.jp/~koinonia/spiritchaps.htm" target="_blank">www1.ocn.ne.jp/~koinonia/spiritchaps.htm
http://www1.ocn.ne.jp/~koinonia/spiritualityindex.htm
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-04-03 09:28 | 宗教

"表現の自由"を守らねばというけれど

まったく個人的な意見ですが、この記事を読んだ時前にも読売で似たような社説を読んだことを思い出しました。

日教組の大会が会場になった高輪プリンスホテル側の予約キャンセルで開催されなくなったことで、社説でホテルを批判していた件です。
一旦引き受けた予約を「近隣の迷惑」を配慮してホテル側が断ったために、日教組に損害賠償で訴えられています。11月になっての取り消しは再び集会開催には持ち込めず、中止になりましたし、そのためにかかった費用は多額の損失を被ったと思いますが、何億も損害賠償をホテルに請求してました。読売新聞の社説も今回と似たような趣旨だった覚えがあります。

夫は「日教組を甘くみて予約を一旦引き受けたホテルが悪い」と言ってましたが、私は日教組であれどんな団体であれ、こういうことで一般商業施設を訴えるなんて、もうこのような団体は今後どこの宿泊施設や会場も受け皿がなくなり、自分の首を絞めるようなものではないかなと思いました。

この映画の件についても、国会議員という国民の代表者が問題提起し、議員達と試写会を観た
何の問題があるのか分かりません。あくまでも公開を自粛したのは映画館という「商業施設」
であり、編集手帳の

>嫌がらせの衣をまとった検閲は生きているらしい

稲田議員のコメントを無視した大新聞の"上から申すご意見番"記事ではないだろうか。
何か釈然としないニュースでした。




ネットニュース( 3/31 21:25 )
映画「靖国」上映中止=東京、大阪の5館が自粛・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          
 
 靖国神社をめぐる日中合作のドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」について、配給・宣伝のアルゴ・ピクチャーズは31日、4月12日から公開を予定していた東京都と大阪市の計4館が上映を自粛したと発表した。既に東京の1館が中止を決めており、映画は当面上映されない事態になった。

 「靖国」は中国人の李纓(リ・イン)監督が、10年間にわたり、終戦記念日の靖国神社の様子などを取材した映画。軍服姿で参列する人々や、小泉純一郎前首相の参拝、合祀(ごうし)に反対する台湾や韓国の遺族が抗議する姿を、靖国神社のご神体とされる日本刀を作る刀匠の映像を交えながら紹介していく。

 自民党の政治家らが、この映画に政府出資の基金から製作費の一部が出たことを問題視。国会議員を対象にした特別試写会が開かれた。3月18日には、東京・新宿のバルト9が上映取りやめを決定。その後、銀座シネパトス、渋谷Q-AXシネマ、シネマート六本木と大阪市のシネマート心斎橋も中止を決めた。Q-AXシネマでは「特定の団体からの具体的な圧力はないが、お客様の安全を最大限考慮しなければならない」と説明した。 
        

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/080402/tnr0804020305000-n1.htm" target="_blank">sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/080402/tnr0804020305000-n1.htm  参考: 産経新聞より

■「靖国」上映中止 「表現の自由」を守らねば(4月2日付・読売社説)
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-04-02 20:09 | 政治・社会

年度末脱出

う~~、ものすごく忙しい数日でしたが、何とか無事に峠を越えました。昨日は特にキツイ1日で、仕事が終了したのは今朝4時、ほとんど寝ていないので頭が朦朧としています。2時間睡眠を取った夫は今朝も早く出かけました。私も電話応対で昼寝は諦めてPCに向かいました。


手伝ってくれた大勢の人たち、息子たちの友達や私の友達の息子さん、業者さんみんなに心からお礼を言いました。ほんとうにお疲れさまでした、ありがとう!

特に昨日の午前中は冷たい雨の中での作業で、全員ずぶ濡れになってガチガチと歯が合わないほど寒かったのに頑張ってくれました。午後1時に終えてお風呂で身体を温め休憩時間を取ってから別の場所に移動し、長男のグループと夫のグループに分かれてやりましたが、終了したのはぴったり同時刻でした。真夜中になっても嫌な顔一つ見せず、いつも気持ちのよい返事をしてくれる素晴らしい若者たちのおかげで夫の疲れも吹き飛ぶ勢いでした。

どちらかと言えばメタボ系の夫がエレベーターを使うには時間がもったいないと、道具を抱えて階段を忍者のような早足でササッと上り下りする後を助手の私は必死で追いかけました。デスクワークもありましたが、本当に体力を消耗しきった感じです。でも無事に終わった安堵感やみんなの協力に支えられた喜びでいっぱいです。

長男の友人夫婦も手伝ってくれました。我が家のリフォームを頼んだのがきっかけで、今では直接仕事を依頼する業者さんとしてもお付き合いしています。どの子もどんどん頼もしく成長しているのが分かる。二男も思い切り身体を使って、普段とは別人のような動きぶりでした。



最後はファミレスに待ち合わせ集合してみんなで食事をしました。本当は終電で帰る予定だったJ君を家まで送っていくつもりだった長男が「もう始発も出たからj、電車で帰ってね」と言うので笑い転げたり、この3日間を振り返ってみんな「楽しかった。また来年もやりたい」と言ってくれて、涙が出るほど嬉しく受け止めました。


午前中の作業をローカルテレビが取材に来ることは前もって聞いていたのですが、「今朝のニュースに全員映っていたよ」と、依頼主さんから電話がありました。忘れてましたw


そうそう、3月31日だったのであちこちの職場で送別の挨拶や記念撮影などやっていましたが、一人で作業していたJ君がふと気がつくと自分の真後ろに送別会の輪ができて囲まれてしまったので、拍手が始まったら一緒に拍手していたそうです。それを2階から観ていた長男が
 「あいつ、何やってんだー(爆)」

j君
「いや、あの位置で知らん顔できないし。いつまでもパチパチやるのがいるんだよっ」


楽しくて頼もしく優しい若者たち、これからもよろしくね^^
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-04-01 17:47 | 日常