cantata777.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 本日の一枚  

     おたまちゃんの 昼寝


d0115758_23112841.jpg

    
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-10-13 23:15 | 写真

感謝、感謝

少しづつ少しづつ・・でも 確実に

家族も、友人たちも、私も

元気になって




強くなっている。

前進している。



昨日は、若い人たちの仲間に入れて貰って
小人数の、和やかなオフ会に参加した。

あんな組織に潰されて、死にたい・死にたいと
嘆いていた日々が
バカらしくて

もう、
とんでもなく、
滑稽で

輸血拒否?
背教者?
滅びる?
組織に従順、罪悪感、家族問題、成れの果ての病いetc.

すべてを突き抜けた喜びを
一緒に喜び合った。


今日は、また
別の大きなオフ会に参加する友人と、
駅で待ち合わせして、

再会。

会うたびに

大きくなっている。
(気持ちがw)

解放されている。
(霊的な束縛から)

出た時はたった一人だったのに、
いつの間にか
こんなにたくさんの心の親友に
囲まれている。


若者たちは

まっとうな正義感と

幸せな笑顔の同居した

社会人になって


夢を語り合っている。



これを幸せだと思わなきゃ、

バチが当たる

よね。


 ほんとうにありがとうございます。
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-10-12 22:51 | 日常

ネットで拾ったニュース

申し訳ないけど このニュース、、、 笑ってしまいました。


http://jp.epochtimes.com/jp/2008/10/html/d39639.html
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-10-12 22:15 | 政治・社会

 意味はよくわからないけど 好きな歌 

  人を恋うる歌


妻をめとらば才たけて
みめ美(うる)わしく情(なさけ)ある
友をえらばば書を読みて
六分(りくぶ)の侠気(きょうき)四分の熱


汲めや美酒(うまさけ)うたひめに
乙女の知らぬ意気地あり
簿記(ぼき)の筆とる若者に
まことの男君を見る


人やわらわん業平が
小野の山ざと雪をわけ
夢かと泣きて歯がみせし
むかしを慕(しと)うむら心


妻子忘れて家を捨て
義のため恥を忍ぶとや
遠くのがれて腕を摩(ま)す
ガリバルディや今いかに


恋の命をたずぬれば
名を惜しむかな男ゆえ
友のなさけをたずぬれば
義のあるところ火をも踏む


あゝわれコレッジの奇才なく
バイロンハイネの熱なきも
石を抱(いだ)きて野にうたう
芭蕉のさびをよろこばず


見よ西北にバルカンの
それにも似たる国のさま
あやうからずや雲裂けて
天火ひとたび降らんと


玉をかざれる大官は
みな北道(ほくどう)の訛音(なまり)あり
慷慨(こうがい)よく飲む三南(さんなん)の
健児は散じて影もなし


四度(しど)玄海の波を越え
韓(から)の都に来てみれば
秋の日かなし王城(おうじょう)や
昔に変る雲の色


わが歌声の高ければ
酒に狂うと人のゆう
われに過ぎたるのぞみをば
君ならではた誰か知る


おのずからなる天地(あめつち)を
恋うるなさけは洩(も)らすとも
人をののしり世をいかる
はげしき歌をひめよかし


おなじ憂(うれ)いの世に住めば
千里のそらも一つ家
己(おの)が袂(たもと)とゆうなかれ
やがて二人の涙ぞや
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-10-12 20:14

コメント欄にはアップできなかったので

これからちょっと外出してきます。

朝からいいお天気ですね。

気持ち良さそう^^
素敵な彼女に会いにいくの。
   わくわく♪


以外と天然系さん、
とりあえず今 とめなきゃならない

邪悪な流れは、これだと思います。



http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/159.html
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-10-12 11:10 | 政治・社会

ネチズン(netizen)

はな みずき at 2008-10-09 21:03 x以外と天然系さんへ

確認です。
インターネット市民=ネチズン(netizen)と関連ありますか?


以外と天然系なんですさん at 2008-10-09 23:28 x

インターネット市民=ネチズン(netizen)をあなたが、どう定義して使っているか?によります。
ネチズン の語意はその使われ方、国、コミュニティーによりことなるからです、
もともと、の意味は、hacker文化から派生しています。
その、hacker文化を見せようとしています。

ネットーワークで何が起きているか?

これから、何がおきようとしているか?

国家、企業、が、その変化とどう関係してゆくのだろうか?

などです。


はな みずき at 2008-10-10 00:12 x以外と天然系なんですさんへ

場所を移動しますね

>ネチズン の語意はその使われ方、国、コミュニティーによりことなるからです、


よりグローバルな情報の発達と共に、国家や主権など必要のなくなるという むしろ、
地球市民的発想に近いものを感じます。

人権団体、市民グループ(運動家)、身近なところでは障害者支援施設で弱者救済型の
熱心なパソコンの指導教室で、ネチズンが関係しているのでは?

詳しいことは分りませんが、例えば経済評論家の大前研一氏の書くものを読むと、むしろ国やコミニュティーを超える経済システム・それは当然政治や個人に属する思想とも連動してくると感じます。

情報の豊かさの恩恵を受けるのは良い面がたくさんありますが、自分にとってネットというものはツール、一つの手段です。今のところ


以外と天然系なんですさん at 2008-10-10 01:36

>情報の豊かさの恩恵を受けるのは悪いとは言いませんが、自分にとってネットというものはツール、一つの手段です。

これって、coolでカッコいいけど、いがいに曲者なんです。

もし、私が、このように言ったらなんと応えます?

情報の豊かさの恩恵を受けるのは悪いとは言いませんが、自分にとって新聞・TV・雑誌というものはツール、一つの手段です。(人生の全てをかける程のものではない)

Commented by 以外と天然系なんですさん at 2008-10-10 02:16 xひとつのツールですが、

唯一のツールなのです。

総べての、統制からわたし達を守る唯一のツールなのだと思うのですが?

このようなツールが、歴史上かつて、ありましたか?

このツールをMS、各政府、各企業が何らかの統制、介入、排除をしようとしているのが現状です。

そして、変革はまだ、始まったばかりです。

これから、出てくるだろう変革は各政府、役人の反発を招くでしょう。

エホバの証人がネットを排除しようとするように。

それを、知ってほしいのです。

ネットは人間が作ったシステム総べての変革を迫ってきています。




以外と天然系なんですさん at 2008-10-10 06:30 x

>よりグローバルな情報の発達と共に、国家や主権など必要のなくなるという むしろ、
地球市民的発想に近いものを感じます。

ハロウィン文書を読んでそのように感じましたか?

>人権団体、市民グループ(運動家)、身近なところでは障害者支援施設で弱者救済型の
熱心なパソコンの指導教室で、ネチズンが関係しているのでは?

伽藍とバザールの概念はボランティア論として、社会・福祉・人間行動学などのに応用されていますが、
それは、社会的流行のようなものだと思います。

優れた、概念、スタンス、は非常にシンプルなので、いろいろな分野に応用できるのでしょう。
伽藍とバザール 抜粋 14. ツールはすべて期待通りの役にたたなきゃダメだが、
すごいツールはまったく予想もしなかったような役にもたってしまう。

以外と天然系なんですさん at 2008-10-10 06:59 x政治関して思う事。

どこの国の政治でもそうですが、利益誘導型だと思いませんか?

それが、戦争などを引き起こしている遠因でもある?

ならば、政治家を選ぶ方法を変えてみたらどうでしょう。

わたしが選挙前にまず、すること。候補のホームページを一読。

がっかり、何もない。なぜ、あんなに、無能なんでしょうね!!

まともな、HP作れ!!

候補者さん、あなたは、無償で援護ボランティアしようとしている、有権者を自分から遠ざけてるぞ。

あなたが、本当にやりたい事をやるには、彼らを引き入れなければならないのに!!

かれらの意見の発表場所をまず作れ。次に、かれらに、事実を教える場を作れ。

それから、次に、何をすればよいかを協議する場をつくれ。

伽藍とバザールですよ。候補者さん。

なんて、思うのですが。

伽藍とバザール 抜粋12. 自分の問題のとらえかたがそもそも間違っていたと認識することで、

もっとも衝撃的で革新的な解決策が生まれることはよくある。





はな みずき

以外と天然系さんへ
お返事ありがとうございます。
はじめに、あなたが元エホバの証人だったことを、
再度確認できて、よかったです。
あの組織から抜け出してきたと聞くだけで、不思議な連帯感を感じます。さて、

>情報の豊かさの恩恵を受けるのは悪いとは言いませんが、自分にとって新聞・TV・雑誌というものはツール、一つの手段です。(人生の全てをかける程のものではない)

これはおっしゃるとおりであって、
多様な情報が主体ではないのですから、
情報に流されるなど、受身になってはならないことですよね



唯一のツール

総べての、統制からわたし達を守る唯一のツール

このようなツールが、歴史上かつて、ありましたか?

このツールをMS、各政府、各企業が何らかの統制、介入、排除をしようとしているのが現状です。

そして、変革はまだ、始まったばかりです。

これから、出てくるだろう変革は各政府、役人の反発を招くでしょう。

エホバの証人がネットを排除しようとするように。



ネットは人間が作ったシステム総べての変革を迫ってきています。



以外と天然系さん、
無知ゆえに(あえて先入観なしで考えたいのでハロウィン文書は見ていません)
失礼を承知で直感的な意見をいいます。


あなたがおっしゃってることは ゛ いつか来た道 "みたいな気がするのは
私の考えすぎかな?
 
これってどこかで聞いたフレーズだ、 みたいな。  
最善の、しかし唯一正しいゆえに体制は私たちを憎み(ねたみ)迫害を受けるでしょう教世界
のような・・ 考え過ぎですか?


政治について

あなたがおっしゃりたいことは分るような気がします。
私も、もっと明確なマニフェストを作って、有権者に
納得してもらう努力が足りないんじゃないかと苦言した
ことがあります。地道にコツコツという意味ですけど。
理念や政策がいくら良くても伝わらなければ意味がない。

>あなたが、本当にやりたい事をやるには、彼らを引き入れなければならないのに!!

>かれらの意見の発表場所をまず作れ。次に、かれらに、事実を教える場を作れ。

「彼ら」というのは、ネチズムさんですか。

政治を含め幅広い社会活動に関係するシステムなんですね。
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-10-10 00:15 | 政治・社会

信仰と狂信の違い

http://members.at.infoseek.co.jp/netplane/karuto.html#8

『セクト危険注意』(抄訳)
(国際ジャーナリスト・広岡祐児『フォーラム21』H16.2.1)

議会報告2468号がでたあとの96年9月にフランス青年スポーツ省が出したクラブや林間学校の指導者等宛の小冊子「セクト危険注意」を抄訳します。


何によってあるグループをセクト的だと決めつけられるのでしょうか?

まず不寛容、主導者(gourou)が曝いた真実だけが唯一無二なものだと信じ込むことがあげられます。残りのものはすべてそこから派生します。服従、虚偽の約束、だんだん大きくなる要求(金銭、時間、献身)、断絶(友人、家族、そして時には勉学や仕事)、監視、信者を募る義務、継続的な完全な従属、一言でいえば有害性。




セクトが明日の信者に誘いを掛けるため、利用する仮面とは何ですか?

理想、宗教、指導者の見せかけの価値、スポーツ・文化・人道主義的な政策、偽治療法、慈善活動、女性擁護、平和擁護、第三世界との連帯…




信じ込みやすい、狂信的な人々だけに関わる問題なのではないでしょうか?

違います。勧誘される人ははじめは普通の人達と同じです。まさに鋳型にはめるともいうべき方法ですこしづつ変化させた後、彼らは従属した、服従した、ロポット化された、あるいは狂信的人物となるのです。このように、我々は誰でも勧誘される危険性がありますが、それは決してセクトそのものには足を踏み人れたつもりではなくても、魅力的で、一見無害と思われる集団にははまってしまうからです。




俳優や知識人たちなどたくさんの人々が、入信したことによって価値あるものを獲得したと発言しているのは何故でしょうか?


まず、セクトが彼らをまるで王子様のごとく扱うからです。次に、彼らは重大な欠点とは別に、不安定な困難な仕事に立ち向かっていくための集団の支えという利点をそこに見い出すからです。最後に、高い代償を払って手に人れたものは簡単に放棄できないし、心理操作によって離脱行為はすべて裏切りと見なすようにされているからです。




このような集団に、どんな期待を抱いて入信するのですか?

じつに様々です。ある人達にとっては、温かい集団を見つけること、まことしやかに調われた大義名分への賛同や宗教的な理想の発見であったり、混乱や疑惑から逃れることであったり、奇跡的に病気を治すことであったりもします。




我々は、自由な国にいます。誰かをあるグループに強制的に入らせたり、力づくで引き留めたりすることがどうしてできるのでしょうか?

まさに、誰も力づくで引き留めたりはしないのです。少なくとも最初の頃は。その後、徐々に心理操作が行われていくのです。




それは、洗脳ということなのでしょうか?

洗脳よりはるかに狡猾(こうかつ)です。例えばヴェトナムで捕虜になったアメリカ人操縦士が受けた洗脳は強制的に行われました。現在のセクト集団では、信者は自発的に自己変革するとか、人道的あるいはエコロジー活動に身を投じるとか、治療するとかいっています。しかし、信者は騙されているのです。




何故人々はセクトについて行くのですか?


恩恵を期待しているからであり、またセクト集団やその指導者が説得力に長け、魅力的だからです。更にセクトは、個人が秘かに抱いている不安や疑惑を煽ります。人に劣等感や罪悪感を持たせるのです。




その代わり、何が約束されるのでしょう?

進歩、権力の獲得、啓示です。




そして実際には?
 

感情的な反応を挑発し、感動的な証言を提示し、集団の効果あるいは孤立や疲労の状況を作り出します。こうした事によって、教化に対して人を無防備にさせてしまうのです。
 その追究を我々に提示します。セクトにはまり込む人達はそれを信じているのです。実際にはセクト集団は、従順な信者の活力や仕事、金、時には肉体をも搾取し、その上に指導者の支配力を構築して強化することを狙う権力や集金の装置であることが多いのです。



あらゆる社会参加(政治的、宗教的、あるいは人道的)は、セクト主義への一歩を含むものなのですか?


セクト集団には組織への取込みがつきものです。社会参加と組織への取込みとは大きな違いがあります。
・社会参加は、一時的で変換が可能。
・社会参加はほんとうに自分を待ち受けているものがわかっているが、組織への取込みをされる者はわからないまま。
・社会参加では心理操作は存在しないが、セクト集団では必ず系統的に行われる。
・社会参加は限られた活動範囲のみに関係するが、組織への取込みは、全体的支配の構築(意見、信仰、感情、行動の仕方、あらゆる領域における服従)を目指す。




信仰と狂信との違いは何ですか?


信仰は寛容を前提としますが、狂信は一体性を要求し、外のあらゆるものと闘います。
 
信仰は私は信ずると言いますが、私は知っているとは言いません。

狂信は反論を拒否し、絶対の真実に自分たちは直結していると主張します。



宗教とはどう違いますか?


宗教は常にセクト的逸脱と無関係だったわけではなく、そのために闘いや迫害を巻起こしました。主な宗教に含まれるある種のグループが、現在でもなおセクト組織の様な行動を取っているとしても、その一般的な方向はセクト的狂信とはかけ離れています。さらにセクト主義は宗教の領域のみ関係しているわけではありません。他にもセクトのグループや組織は存在します。例えばナチズム、この政治的、思想的なセクト主義はとてつもない恐怖を引き起こしましたが、宗教として紹介されたことは1度もありませんでした。



宗教はセクトとして始まったのではないのですか?

主要な宗教はむしろ、過度な知的、宗教的、政治的権威に反対する解放組織のようなものとして始まり、創立者の死後発展していきました。それは幹部が個人的な権威あるいは栄光への追究を達成しようとした場合に限りセクト的な逸脱をしました




何故セクトを非難するのですか?

問題はセクトを迫害することではなく、犯罪が現実にあるという事実です。たとえば、子供の権利や労働法、民主主義的自由を遵守しないこと、汚職や現体制の転覆を試みることなどです。




何故国家は、セクトを禁止しないのですか?


思想の自由、宗教の自由、結社の自由によってセクトの禁止ができないようになっています
。実際、国家は、セクトのメッセージの内容だけから、ある団体は許可し、ある団体は禁止するというように宗教団体(あるいは偽宗教的、哲学的な集団)の間で差別するわけにはいかないのです。思想の異なる流派、伝統宗教、あるいは(危険の有無に関わらず)セクト[訳注:宗派、少数派宗教の意]の間に、信仰の理論上から可能な識別法はありません。それは、不可侵な領域であり、現状維持していくことが適当だと想われます。




セクトの違法的不正行為は、何故あまり処罰されないのですか?


普通法への侵害について議論が起るたびに、セクトの代表者らは、決まって宗教の自由というお得意の分野に議論を移そうと努めるからです。セクトに対する告訴の多くが失敗に終わるのは、被害者と推定された者が、法廷では事件の際同意していたとみられたり、セクトの信者が皆完全に心理操作され、弁護側証人として登場し、偽りの証言によって法廷を惑わすためです。




--------------------------------------------------------------------------------



<追記>

民主石井氏の「公明ばい菌みたいなもの」発言に新聞・マスコミの反応は鈍かった。
鈍すぎる。広告料スポンサーに頭が上がらないからあえて話題にしないのか、言ったのは民主だから・・にしてもこの偏向ぶり。これが与党側の発言だったら謝罪しろ、辞めろの騒ぎどころではないはずだ。

それはさておいて、JW系某掲示板に今日この記事を貼った。
元の人たちにもいろいろあって、一世、二世・三世の世代による見方の違い、例えば
宗教観や思想あらゆる好み、そこに多様性があるのは当たり前なのだが・・

ただ組織に対する考えの温度差、こればかりは簡単に同調できないものがある。
確かにJWを強く否定することで、自分のアイデンティティを再構築しようとする心の
作用も分るつもりだが、ある対象と比較し自分を高めたいだけに見える人も見かける。
たいていの元JWにとって、組織=自分史でもあるわけだし、愛する家族が
捕らわれているとすればJW=カルトは否定したいという気持ちが分らなくも
ない、が あえて言わせて貰う。はっきり言って残念ながら違和感を感じる。


カルトをカルトと言うことは差別語を使う失礼な態度だとでも思っているのだろうか?

上のサイトは学会の問題を扱っているが、JWはここまで汚くなかったと思われるだろうか。
もしそうであれば少し立ち止まって考えて欲しい。


私たちは学会よりもましな宗教だったと内心考えていないだろうか。
身に降りかかった不幸を嘆きながら、もし他人の宗教の不幸を見下す心があるなら
まだまだマインドコントロールが解けていない証拠では?

この記事にあるように、国家がセクトを取り締まるのは非常に難しい。
オウム事件を通しても私たちはそれをよく理解できる。

結局マスコミに訴えて何とかして貰いたいというのは、現実的ではない。第一甘い。


拉致被害者横田めぐみさんのご家族や、山口母子殺人事件の本村さんが、国を動かし司法を動かせたのは何だったのか。私が思うにそれは、良識的なごく一般の人々の心を動かす何かがあったからだと思う。その何かが、国(政治家)や裁判に反映する言動力になった。。つまり良識ある人々の支持、<世論>が見方になった功績だと思う。
そして世論を、人々の心を動かしたのは、ごく普通の良識的で健全なものの見方を貫かれた
横田さんや本村さんの姿、つまり誠実で真摯な家族を思う愛が、見る側の琴線に深く触れたからではないだろうか。もし、自分がその立場におかれたらどうか、人事ではないと。

事件当時、若干20台前半だった本村さんの、死刑を求める主張はテレビ・マスコミさえ動かした。新日本製鉄の技術者として、社会人としての勤めを果たしながら、過酷な裁判を闘われた。

理不尽な裁判結果にやり切れない思いをマスコミ世論に訴える手段として、自殺を考えた日々もあったと言う。しかし死んで逃げるのではなく勇敢に立ち向かわれた。


最高裁の判決が下りてから、本村さんはこう書かれている。

遺族のこれまでの思いを代弁してくれただけでなく、過去の判例に捉われることなく、まさに真相を究明し、事実に即した判決を下してくれたことに感謝する。
(略)
君(元少年)への死刑が執行されるなら、結局、事件で3人の尊い命が失われることになる。それからの私は、君を含めて3人の十字架を背負って生きていくのである
。                                                      will 6月号


たった一人の戦い、たった一人で引き受ける 重みへの覚悟

その姿に、現代人が失った尊い精神の高みを人々は見た。


人を動かすものは何か。
救い救われるとはどういうことか。

大切なものを守る強い意志と決意、戦うこと、恐れないこと、失意から立ち上がること。
謙虚に真摯に向き合っていくことこそ、カルトを経験した私たちの課題ではないだろうか。
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-10-07 20:13 | 宗教

人生で一番大切なこと

朝は希望をもって目覚め、
昼は勤勉に働き、
夜は感謝をもって眠る
                                                                       

                             by麻生太郎





 平静を求める祈り
神よ、変えることのできないものを受け入れる平静を、
変えるべきものを変える勇気を、そして
変えることのできないものと変えるべきものとを識別する知恵を
われらに与えたまえ。アーメン




政治家に不可欠な「平静を求める祈り」をもってスタートされた
クリスチャン麻生日本国総理を応援しましょう。

  安倍元総理が再び登場される日をも願いつつ。
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-10-04 01:17 | 政治・社会

先週はご馳走さまでした。

雑誌(サピオ)を見てゴーマニズム宣言「戦争論2」を買って読んでいます~

右寄りというよりも戦後やってきた「左」の誤った、歪められた情報を我々に植え付けられた事が分かってきました。別に右翼ではありませんね〓

我々の戦争に関する一般情報を丹念に勉強して捏造やでっち上げを史実に基づいて検証していく☆彡

靖国神社の首相の公式参拝は全然危険思想ではないのですね~
経済的海外制裁損失を一時的に受けるけど……。
最終的に中国共産党は日本をどうしようと考えているのだろうか?
属国化して天皇制をなくし、日本の民族、伝統を中国化しようとしているのだろうか?

ゴーマニズム宣言「差別論」はどういう内容なんだろう?障害者にも踏み込んでいるのだろうか?
ポニョは人間の原点が祖先が海だからココロに染み込むんでしょうね~

写真はルノワール「帽子の女」です。一番好きな絵です。言ったけど。





d0115758_19114321.jpg



      

     

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


おやおや、予想外のメールが届きました。嬉しいので記事にしちゃいます043.gif
あの日、私の話など笑い飛ばしていたので、ゴー宣を読むようなタイプではないと思い込んでいましたが、やっぱりよしりんの漫画の作用は凄い。でも、よく読む気になったわね~。
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-10-03 19:11 | 写真

好きなもの

金曜日は何も用事がない一番気楽な日です。

朝起きた時、毎度ながら寝不足と軽い腰痛がしましたが、今朝は生ゴミの日。
家中のゴミをかき集め、玄関周りや通路の枯葉も掃いて水を捲き、最後に
丁寧にふきあげてさっぱりした頃には腰痛もすっかり治ってました。

室内の観葉植物は猫たちが、よじ登ったり千切ったりで全滅してしまいました。
それで今は玄関先に小さな植物を並べていますが、落ち葉が散ると両隣のお家
にも迷惑かけるので、嫌味に思われない程度にささっと周囲も掃除してます。

今週は珍しく夫がお腹が痛いだの、腰が痛いだのと家にいる時間が
多くて、今日も朝風呂に入ってからまた寝ております。起きたら
近くの美術館でやっている浅井忠展に、一緒に出かける                        
予定です。
d0115758_1413368.jpg

今、県展も開かれているのでついでに友達の絵も見てこよう。
(毎年見に行ってますが、コメントしようがない絵なので今回本人には内緒ですw
  あ、下手とかじゃなく、単に好みの問題ね)

今まで観た中で一番印象に残るのは、オーチャードホールで公開された
ミレーの3大展でした。晩鐘、落穂拾い あれもうひとつは何だったかしら。
あれほど感動したというのに。
ピカソも嫌いではありません。青の時代あたりまでは好きですし、
11歳で描いたという妹の洗礼式の絵はまさに天才だと唸りました。

夫の勤務先の社長さんは昔、浅井忠に師事した人だったそうで、新しい
作品が完成すると、必ず1週間ほど我が家に貸して見せてくれたものですが、
どんなに気に入っても決して売ってくれませんでした。
ボーナスいらないから絵を下さいって感じで、今でも
忘れられない絵が幾つか記憶に残っています。


浮世絵では、青春の画家・鈴木晴信です053.gif
色使いといい柔らかい表情といい景色背景、すべて好きです。
私が黒やベージュを好んで着るのも、晴信の影響大だからでしょう。


他に好きなもの・・
日用品ならタオルですね053.gif

基本はローラアシュレイとウェッジウッドかな。主婦ですから、銀行に
行った帰りにデパートで物色しておいて、新しい商品に入れ替わる
頃あいをみて半額くらいで買います066.gif

山ほど溜め込んでましたが、先日息子たちが使いそうなものは
持たせましたし、結婚して同居生活を始めたユー君にもあげちゃったので
今、未使用のタオルは2枚しか残ってません。すっきりした気分です。

さっきシャワーを浴びてブログ書きながら今、頭に捲いているのは・・
読売さんに貰ったジャイアントマーク入りのオレンジカラータオルで。

  だーれもいない空間って 極楽、極楽018.gif
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-10-03 13:43 | 日常