cantata777.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

党首討論観ました

先ほどYaHoo動画で昨日の党首討論を観ました。麻生政権が発足してから
まだわずか2ヶ月だというのに、政策を暖かく見守り支援するメディアもなく
調子に乗った小沢党首の嫌味たっぷりの言い回しを聞いて思うのは、

「何が解散だ、政権を譲れだ。こんな党首がいる政党に政治を任す事態になったら
最悪! そうなったら日本はおしまいよ!」
  
 下品な言い方ですがこれしかありません。


それにしても最近の麻生さんは、安倍元総理の就任時代の姿と重なるくらい
激しいバッシングが毎日報道されて、痛々しくてなりません。
なぜ、暖かく政策を見守っていこうという姿勢がどこもないのでしょう。
野党(民主)を支援するかのような偏った報道ばかり目について、民主の不祥事や
失言等など表面化しても不公平な扱いですましています。

それはともかくとして、総理サイドの大臣の方々の表情は険しく沈痛に見えるほど
真剣な雰囲気でした。一方小沢サイドは上から目線の意味不明なニヤニヤと
笑い顔を浮かべて、総理の答弁のたびにワイワイガヤガヤ野次を飛ばす。
優越感に浸りきった品性の無さ、私の目には双方の違いがはっきり写りました。

本当に民主 嫌いです。 関係ないかもしれませんが独善的なJWの体質と
そっくりにみえてなりません。


麻生さんに関連して最近少し失望しているのは、2年以上愛読してきた雑誌サピオの
事もあります。
麻生政権というよりも、麻生さん個人に対して何かと批判的な記事が多い。この傾向は
前から気になっていましたが、12月の最新号ではっきりしました。トップページに始まり
マスコミの行き過ぎた言葉狩りとまったく同じ論理のジャーナリストの記事を
掲載し、田中角栄を見直す特集記事でもチラチラと人格を比較している。
残念です。どうしちゃったの、サピオ?って感じです。

まだ全体を読んでいない段階で言うのはどうかと思いつつこぼしていますが、
高度成長期途上の角栄政治と、ブッシュ政権下でスタンダードになってしまった
市場原理主義世界の複雑さや困難が伴う経済は、もはや一国でどうこうできる時代では
なくなったことは平凡な主婦である私でも想像できることです。だからこそ政治家は
内向きの政策ばかり重視してないで、練りあげた外交が重要だと思うし、
国の存続のために知力を尽くし一丸になって脅威に立ち向かっていかなければ
ならない時代なんだと思います。

 

また事情や背景はよくわからないのですが、よしりんと佐藤優氏の対立も
深刻になってきた様相です。サピオの編集者についても、同じ雑誌に記載している
二人が一人はサピオで、片方は他紙で争っている。そのことをどう考えている
のだろうと疑問です。

今まで勉強させてもらったよしりんはそれなりに評価しますが、
漫画は自分と意見の分かれる人に対してドキツイ表現で視覚に訴えるので
いきさつがよくわからないだけに、自分を正当化し漫画表現で相手を侮蔑する
よしりんと出版社双方の姿勢に良い印象を持てなかった。感情むき出しで
表現する人は苦手な私の性格によるのかもしれませんが。

まぁでも、アイヌ問題に本気で取り掛かった事には期待したいと思ってます。


問題は山積み、仲間割れしてる場合ではない政治家も言論人も・・と思います。
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-11-29 12:19 | 政治・社会

プチオフ会&・・・

大木のイチョウが見事に紅葉する季節の上野公園は、桜の時期よりも好きだけど
昨日はそんなことは二の次だった。

いつかはお会いしたいと、ずっとずっと思っていた元一世姉妹と
やっと会える機会が訪れ、仕事を終えて急いで電車に乗った。
上野公園口で待ち合わせだったが、一度お会いしたことがあるYさんが
先に着いていたらしく、目ざとく私を見つけてくれて

無事に会えた。




Yさんも遠くから、ありがとうございました。お二人に頂いた
お土産、美味しく頂いちゃいました067.gif

幸せな時間は本当にあっと言う間に過ぎてしまうものです。

元姉妹の彼女は想像以上に、優しそうでやわらかい雰囲気、
しかも考え方がとっても頼もしくすてきな方でした。

JWで苦しんだり悩んだ経験が共通しているという以上に、
いろんな思いを語り合ってきた私にとって、数少ないネット
上の大切な友人でしたが、これからは「遠くに住んでいる
お友達」という位置づけにさせて下さい^^



一世の姉妹たちとの話で共通するのは、みんな最初は
聖書はいい本だからという純粋な気持ちで研究に応じた
事から始まっている。


従順な人だけが楽園に行って救われて、そうでない人たちは
滅ぼされるという教理は、最初から抵抗を持ち続けていたけど
平和でいい世の中になるのなら良いことではないかと
自分の正直な気持ちや考えを押し殺して、JWの教えを
受け入れてしまったことを、後悔ばかりしてもしかたがない。

間違った教えをのべ伝え、組織に導いてしまった人たちに
申し訳なかったこと、少しでも何かできないかという気持ちに
変わりはないけれど、
教会に通った期間真剣に祈り続けて、神に重荷をゆだねてしまったから
個人の努力だけでは難しいことから来る過度の罪悪感からは解放されている。




これからの10年、後10年・・ 残された時間を充実させたいという
友達の言葉に、私もうなずきながら深く共感した。


あの世界の価値観に捉われ、

本当の救いの実感も

未来への展望もなく

むなしい

暗い日々から脱出する支えになって下さったすべての出会いに感謝します。
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-11-23 21:44 | 宗教

最近のニュース等々より


「日本はいい国だったと言ったら、なぜか解任された」 幕僚長発言に続き、
  
   給付金、 給付金、   給付金



マスコミ・ネガティブキャンペーンに、ほとほとうんざりしてしまい、
ニュース番組を見るたびに腹をたてるのも精神衛生上良くないと
断念して数日、新聞、テレビ、ネットからも離れていました。ところが、

国籍法改正というとんでもない法案が、明日18日(火)通ってしまうのではないかと言う
情報がネットで流れており、びっくりしています。これは大変。
常日頃マスコミは、「国民の知る権利」だなんだと、自分たちの目的に合うものには重箱の隅まで突く騒ぎをするのに、本当に国や国民に重要な事柄をなぜ報道しないのか、まったく疑問です。
麻生総理の留守を狙ったタイミングで一連の動きがあったと言っても、おかしくない話です。

河野太郎衆議院議員で検索した中で、一番分りやすいと思った
ブログを貼らせて貰います。

また、産経新聞の阿比留瑠比さんのページもいつもながら大変参考に
なりましたので、貼っておきます。

http://muumintani-irasyai.blog.so-net.ne.jp/2008-11-17



http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/795468/

記者さんの新聞記事・・11月16日
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-11-17 12:04 | 政治・社会

久しぶりに投稿

ばらくぶりにブログを開こうとしたら、
自分の記事が消えてしまうので、
かなりあせってしまいました。

2週間くらい放置していたせいなのか・・
(それは違う、けど言っても分からないから
と、息子に言われてしまいました)
とにかくメカオンチなので、原因が分らず
こういう事って、ブログをやる以前の問題というか
対処できない自分が情けないとつくづく思いました。

今日は1週間ぶりに息子が帰っていたので、
元に戻すことが出来たのですが、
またこういうことがあったらどうしようと
ちょっと考えてしまいます。

ログインできないと、消すことも出来ないのだから、
たとえばこのブログを辞めたくなっても
記事だけは残ってしまうわけだし。、もう修正も出来ないとなると
あんなことを書かなきゃ良かっただの、今は考えが違うだの
一人悶々と、過去の自分に向き合うことになるかもしれないし。

自信がないと悪い方へ、悪い方へと考えてしまいます。
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-11-17 00:10 | 日常

エホバの証人も 空想的平和主義者

   <空想的平和主義者とは>

念仏のように、平和・平和と唱えていれば、世界は平和になる、とする新興宗教の信者のこと。


      http://www.wdic.org/dic/CUL/LPOLIJ



 ただ、上層部の人間は、もっと複雑怪奇な意図をはらんでいるかもしれない。
 聖書預言の成就、平和な楽園、闘いを学ばない教義、これらは「信者」に
 理想世界を信じ込ませる騙しのテクニックの道具に過ぎない。




九条教の信者で、経済アナリストとして知られる森永卓郎が、2004(平成16)年3月29日のテレビ番組「TVタックル」で、次のように語った。当該映像はYoutubeにもアップロードされていることが確認されている。

日本人は押し付けられたかも知れないけど

憲法9条って非常に美しい条文を、受け入れて今まで守ってきたわけですよ。

で、私はね、仮に、とんでもない奴が攻めてきたら、

もう、黙って、殺されちゃえばいいんだと思うんですよ!

(エーッ!/スタジオの観衆ら)

この後は大混乱となる。

それで戦争しなくって、平和を守るんだって言い続けて、

ああ、そんないい民族がいたんだなって思えばいいじゃないですか!



九条教も狂信が進むと、信者である無しを問わず、「皆で殉教しよう」、という境地に至るようだ。

これは、終末論を唱え、テロルや集団自殺をしようとするカルト教団と、何ら変わる所はない。
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-11-03 12:32 | 宗教

控訴審判決に思うこと

判決は、新資料が出現して、従来の主張の真実性が揺らいだ場合でも、「社会的な許容の限度を超えると判断される」などの要件を満たさなければ、直ちに書籍の出版を継続することが違法になると解するのは妥当でないとした。

 公共の利害に深く関わる事柄については、論者が萎縮(いしゅく)することなく、批判と再批判を繰り返していくことが、民主主義社会の存続の基盤だとも指摘した。

 「言論の自由」を守るということでは、その通りだ。

しかし、控訴審判決でも日本軍が集団自決を命令したと断定されなかった以上、「軍の強制」といった記述は認めないとする教科書検定意見の立場は、今後も維持されるべきだろう。

(2008年11月1日 読売新聞社説より)



10月31日の大阪高裁で行われた「沖縄集団自決裁判」の判決は、一審判決を支持、被告側の大江健三郎・岩波サイドの全面勝利で決着した。判決文の「新資料が出現して、従来の主張の真実性が揺らいだ場合でも、『社会的な許容の限度を超えると判断される』などの要件を満たさなければ・・」という指摘に考えさせられる。

岩波・大江氏側の"従来の主張の真実性"とされるものは、曽野綾子さんが丹念な取材のもとに書いた「沖縄戦集団自決の真実」(昭和47年初版 ある神話の背景)で完全に覆されている。"従来の真実"とは、アメリカ主導による沖縄タイムスがでっちあげた 「鉄の旋風」をもとに、現地取材に行くこともなく出版してしまった大江氏の完全フィクションである。

近年、住民に集団自決を命令したという軍命令はなかったと認知されている。"悪の巨魁"と罵られた故赤松隊長や他のご遺族が求めた「沖縄ノート」の出版さし止めや損害賠償の訴訟は、「社会的な許容」という基準内の名誉毀損であり、損害問題であると、判決が下りたわけだ。

当然最高裁に持ち込まれることになると思うが、相容れない歴史観とジャーナリズムが絡んだ言論の自由の前に、言われなき誹謗中傷を受けたまま亡くなられた方々や遺族の方々の痛みや無念さはいかばかりかと考えてしまう。




http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20081031-OYT1T00856.htm





    高裁判決についてのコメント   大江健三郎

ベルリン自由大学での講義のためにベルリンに滞在しており、判決を直接聞く

ことができませんでした。いま、私たちの主張が認められたことを喜びます。

私が38年前にこの『沖縄ノート』を書いたのは、日本の近代化の歴史において、

沖縄の人々が荷わされた多様な犠牲を認識し、その責任をあきらかに自覚

するために、でした。沖縄戦で渡嘉敷島・座間味島で七百人の島民が、軍の

関与によって(私はそれを、次つぎに示された新しい証言をつうじて限りなく

強制に近い関与と考えています)集団死をとげたことは、沖縄の人々の犠牲の

典型です。それを本土の私らはよく記憶しているか、それを自分をふくめ同時代

の日本人に問いかける仕方で、私はこの本を書きました。

私のこの裁判に向けての基本態度は、いまも読み続けられている『沖縄ノート』

を守る、という一作家のねがいです。原告側は、裁判の政治的目的を明言して

います。それは「国に殉ずる死」「美しい尊厳死」と、この悲惨な犠牲を言いくるめ、

ナショナルな氣運を復興させることです。

私はそれと戦うことを、もう残り少ない人生の時、また作家としての仕事の、

中心におく所存です。



もうこの方の欺瞞は明らかになりつつあるけれど、何十年か後には、ほんとうのことが
周知される時が来ると思えてならない。なぜなら、人は常に真実を知りたがる。そして
人の本能は、本来、欺きに対する鋭い嗅覚を持ち合わせているのではないかな、と思うので。
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-11-01 11:12 | 政治・社会

本日のニュースより


<航空幕僚長>「侵略国家はぬれぎぬ」と論文発表、更迭(10月31日)


   論文を読んだが、立派な正論だと思った。


更迭されてしまったけれど、年齢的に考えて、あの立場で持論を公表されたというのは
 (懸賞論文なので没になる可能性はあったとしても)

意を決してのことかと思った。わが身の安泰しか考えない人にはできないことで、
愚かだと指摘されたり、マスコミに叩かれようと、その叩かれる「立場」を十分意識して
行動を起こされたのではないかと思った。評判(話題)になる必要があったのだ。


ところでいきなり話が飛びますが

宗教の話題は避けたいとか、

政治の話題はさけたほうが無難だとか

耳(目かな)にすることがあります。


そのほうが波風立たず、また利口なやり方なのかもしれないけれど、


みんなが嫌がる話だと決めつけなくても
いいじゃない?

最低限、時と場所、相手の価値観は尊重しなければならないけど、
以外と話せるものだと、わたしは感じている。
打ち解けた相手なら気負いのない普通の会話の一部で、
友人の中には、面白がって聞いてくる人もいる。

関心がないわけではなくて、関心を引き出される機会がなかっただけかも知れない。

本気になり過ぎて、あまりにもお互いの考えを譲れなくて壊れてしまった
友人関係もあるけど、何となく、時間がたてばまた復活できると楽観している。



こういうことを書くからといって、宗教話や政治しか興味のない変人だというわけでもないです。
念のため。




幕僚長論文に戻って
 
アパグループを見直しました。

 選考委員長は、渡部昇一氏だそうです☆


http://www.apa.co.jp/book_report/images/2008jyusyou_saiyuusyu.pdf
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-11-01 01:28 | 政治・社会