cantata777.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 38 )   > この月の画像一覧

2008 年 の 大 晦 日・・・故 郷 を 想 う



今年も83 歳になる母から、昨 日お餅が届いた。さすがに 鏡 餅 はなし。
父が亡くなったばかりで、餅つきどころではないだろうと思っていたが
一 箱は義 兄に届けるようにと、デコポンも一 緒に届いた。

さっそく実 家に電 話すると、嫁さんが出て、少しづつ片付いてきたとのこと。
最 近、嫁さんは何かと私に「ありがとうございます」と口にするようになった。
たいしたこともしてないのに。

「 今お母さんに代わりますね 」というので、「 後でまた 掛け直すから 届 いた事だけ 伝えておいて 」と
言ったのだが、「でも、お姉さんの 声 聞 けば 寂しさが 紛れると思うから、ちょっとだけでも 」
これまた大きな 変 化。前 は「 ああ、そうですか 」で 終わっていたのに。

母には 毎日 電 話をしているが、そう言ってくれる。お葬式前後はこれまでの 鬱 憤が
爆 発して、帰 宅してからだんなと 一 悶 着した私だったが、相手を 誤 解 していた
のかも知れない。向こうにしてもたまにしか会わない私に 苦 手 意 識 があっただろう。

私はだんなにズバリと怒られて、考え直し、それ以 降 、姉らしくざっくばらんに
話すようにした。。親の面 倒を見てもらっているのだから、引け目を感じて
「 いつもありがとう、すみません 」口 調だったが、ある意味、同居の苦 労は
想 像つくが、弟夫婦も生活費全般 経済的な 援助を受け、通院の際も必ず
父は車代を渡していたという。

家も、弟夫婦や孫にまで車も買い与えていた。毎日の食事の世話は大変だった
ろうと思う(この点が一番、私もよくやってくれてると感 謝だった)が、両親も
親だから世話になって当たり前ではなく、それなりによくやっていたと知った。


父が亡くなって、JW妹夫婦だけでなく、関 西妹や叔父さんたちとも
身 内の 絆が 深まった。
JWやるような変人だと、一時は嫁さんも 偏見持った時期もあっただろう。
私もこれまでを、振り返ってみるいい機会、これからを考えるいい機会に
なった父の死。


お葬式の時、一番力になってくれた 母方の従兄弟で一番年上の 0 ちゃんは
奥さんがJWで、彼の 二人の弟夫婦も 神 権 家 族 だ。

0 ちゃんいわく、「 もう、俺のとうちゃんかあちゃん 死んじゃったからこの人(母)が
俺 のか あちゃん。 スキ 好き!」ってチューしかねないくらい大事にしてくれている。

一時はJWになったという 噂 を母から聞いていたが、中 高では 番長、本来バンカラな
タイプだったので、JW時代 「 ほんとか? 」と、確かめがてら訪ねて行ったこともあった。
留 守 で会えなかったが。

奥さんは今もJ W夫 人だが、控えめながらもしっかりした人らしく、母もよく褒めている。

お通夜の晩はエプロン姿で、会場のテーブルの料理や飲み物など気を配り、
一番最後まで残って手伝って頂いた。田舎のことだからそういうお付き合いは
頻 繁だと思うが、出来るところで懸命に頑張っている姿に、私も昔は同じような
考えをしていたので、信 仰 の 度合いはよく分らないが 親しみを感じた。

0 ちゃんの嫁さんなら、放っておいてもいつか脱塔するような気がする。
エホバ的 愛より、人 情で動く人だと直 感した。

1月の 再 会も 楽しみ。

親、妹 弟、親 族、互いに年はとったが、近所のおじさんおばさんたち、幼 馴 染の友 達・・・・



故 郷 は私の原 点だ。ここに生まれてここで育った。楽しいことよりも
辛い思い出が多かった こども時 代ではあったが、
実 家の庭先から眺める山 並 みも、夜 空の星も、川のせせらぎも、人々の人 情も
時 間は止まったように、今の私を、故 郷は暖かく 迎 えてくれる。


オリオン座の煌めく美しい 季 節に 逝った父、寡 黙だった父の以外なエピソードに
たくさん癒されて、故 郷を 誇りに思える 自分は、なんて幸せ者なんだろう043.gif
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-12-31 09:41 | 日常

審理委員会のこと



90年代後半からの数年、不活発になってJWを辞めたいきさつや出来事の中で
すっぽり抜けてしまった記憶のひとつが審理委員会のことだ。

あるブログの脱会現在進行形奮闘記を読みながら、応援していたが
「今の現役の方たちの意識はスゴイ!」感情に流されず、しかも
自分のことだけでなく家族や友人たち、守るべきひとたちへの配慮も忘れず
勇敢だ。後に続く人たちに心強いインパクトを与え、ボロボロになって辞める
のではなく、明るく強い再スタートをきろうとする姿に頼もしさを感じながら
読んでいた。

突然、自分の経験を思い出したのは、今月20日以下の記事を読んだ瞬間だった。



(一部引用)****************

詳しくどんな訴えがなされているのかを書いたものや、
排斥の決定をした場合には、その排斥通知ですら、
本人に対して文章化したものは渡さないのが基本です。

(今回の手紙も、必要最小限の情報しか記載がありません。)

それは、訴訟などを避ける為の、
証拠を消すための協会の巧みな方法でもあるのでしょう。

(コメント)hanamizuki************

文書化しないとは知りませんでした。

うちの息子も審理委員会にかけられたことが
あったんですよ、昔。
悔い改めて行こうと頑張ろうとしている姿が悲しくて
「 もういいから、今までよく頑張った。もう十分だから 」
そう言いました。
集会に行ってもみんな無視でしたからね。

ある日息子の気持ちになってみようと
やってもいない「 罪 」を告白して
体験したことがあります。

排斥は絶対、愛ある取り決めなんかじゃないと
実感しましたね・・・・

しかし、なんでそこまでやるかって不思議???
よほど暇なんでしょうか

*********************




私は息子の姿が本当に可哀想でたまらなかった。そんな中、息子にも声をかけて「 集会に行こう 」と励ましてくれる私の友人が一人だけいたが、行っても周囲の視線の冷たさよりも、無関心さに私の方が参った。

「 誰が見た(目撃)のかも分らない、そんな所に行くのは嫌だ 」と言う息子に
「 忍耐しよう、集会だけは続けよう 」と押し問答の末、やっとの思いで支度する息子。

末席で針のムシロのような精神状態がしばらく続いたある日、むしょうに腹が立ってきた。
「 別に、一般信者は声かけてくれなくったって仕方がないけどさ、長老たちの仕打ちは
あんまりだ! 危険人物のように無視して、いい大人が霊的牧者のくせになんだあの態度は! 」

元々息子の件では、審理委員会の段階で小さな疑問は幾つか感じるものがあった。
息子がすぐ事実を認めたこともあるが、証人も明らかにせず。私も親として、
報告した人に「 教えてくれてありがとう 」と感謝を言おうとさえ思っていたのに。

今思えば本当に些細な、一般社会では別になんてことない「罪」だった。
でも当時の私も息子のやったことは、信じられないほどショックではあった。
自分のせいだと思った。介護や仕事がらみで起きた会衆内のゴタゴタで、
巡回監督にまで報告が行き、自分の問題にばかり気をとられて、
家族のことは後回し状態だったから。会衆は王国会館建設。
張り切っている長老団。相談できる雰囲気はなかった。


「 もう十分よくやった 」と言った日から、息子はすっきりした顔して完全に辞めた。

「 お母さんも、もうしばらくしたらやめるから。でも偶像と淫行と血は避けようね。辞めてもこれだけは守って行こうね。後はたいした事ないんだもの。」そんなことも息子と約束しあった。

やってもいない「 罪 」を報告したのは、今夜で最後にしようと決心して出席した晩の集会の日だった。
いろんなことがあったな~と物思いにふけり、その日は王国会館に遅くまで残っていた。一人で
駐車場に向かう庭先で立ち止まり、ぐるりと回りを眺めながら「 さようなら 」とつぶやいた、その直後、一人の長老に声をかけられた。割合何でも言える雰囲気の若い長老だったので
「 疲れたからしばらく休みます。」と、告げた。

疲れていたのは本当だった。何年も安定剤を飲まなければ集会にいけなかった。

長老 「 駄目だよ、姉妹!今がんばらなきゃ。エホバと子供のために姉妹がしっかりしなきゃ 」

「 エホバと子供のために?」その時、私の口から出た言葉
「 そうですよね。でも私、エホバにも罪を犯してしまったし、もう来る資格ないんですよ 」

というわけで、この顛末が後で思えば組織に見切りを尽けるいい経験だったのだが、、きっぱり辞めるまでさらに2年、無駄な時間をかけてしまったと言えなくも無い。
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-12-28 11:29 | 宗教

 誇りある歴史観こそ美しい国、明るい国への展望




月刊 WiLL 2月号で 安倍元総理の   
   

麻生総理よ 断固たる決意を
   と題するインタビューを読んだ。


麻生総理はこれまでべらんめぇ調で本音を語る姿が人気だった。ところが本音というものには毒がある。総理になると、毒の部分だけを見られるようになってしまいました。私は、もう麻生さんは地金を出して、本来の姿を全面に出したほうがいいと思います。元々明るい人だし・・・・

今は笑顔を出していません。周りが笑わせないようにしているのでしょう。




さすがです。ほんとそう思う。マスコミは麻生さんの険しい表情や、追い詰められたようなネガチィブ悪意の映像を流す。支持率下げようと、なり振り構わない見苦しい戦略で必死の様相だ。漢
字が読めない、病人に失礼なことを言った、医者をけなした、加えて情けないのが、自分たちの都合しか考えない自民造反組である。せっかく選挙の顔で選んでやったのにとの言い草。

日頃、宗教感や考え方に共感させて頂いている 潮匤人氏

     
     防衛音痴のアホ、バカ文化人




今回もまたスカッとする記事だった。きちんと読み込む時間が取れないので
興味のある方は、以下のブログでどうぞ。

http://akiz-e.iza.ne.jp/blog/entry/844807/



また、愛読雑誌サピオは麻生さんの取り上げ方に不満はあるものの、今回の小林よしのり

ゴーマニズム宣言   「天皇論」  これはJW経験者だけでなく日本人が案外深く考えて
いない(というか、教わってこなかったからこういう世の中になったんだろうと思うが・・・・・)


もう一度原点に戻り、この国の特異な尊い伝統や日本人としての宗教の在り方を考えても
良いのではないか。それは罪悪感を抱いたり、何かこうしなければダメな人間だという
押し付けなどもなく、日常が無意識に天皇と繋がっている日本人独自のDNAのようなものだ。

良いものだと信じて騙され、辞めてはみたものマイコンの影響に混乱、あるいは価値観を見失ってしまった元証人たち。現実社会を、生まれた国を、もう一度見直し、自分を愛するというアイデンティティの回復確立に、また社会復帰は怖くない、そういう助けにもなると思います。お勧め。




最後に麻生さんの筆跡をみたいサイト
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/308.html

2007年七夕の祈り(短冊) いろんな人が書いてますが、短く凝縮された言葉に
その人らしさがよく表れているなと思いました。
http://www.kantei.go.jp/be-nippon/archive/tanzaku.html
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-12-27 10:51 | 政治・社会

病気’”絶対に”治らない考え方をする人たち ’’



JW的思考の後遺症、幾分引きずっている思考パターン。
いや、JW以前の問題だろう子供時代のトラウマ。

掲示板で「治らない考え方・・」を見かけた日、自分の傾向に気がついた。

真逆方向に転換せねばっ039.gif


すっかり忘れていたが
子供の頃、テレビで「にんじん」という映画を見た。
妙に心惹かれ、大人になってから本を読んだ。



パールバックの「大地」も
主人公の妻・・・あらんという名前だったかしら
私の人生だと涙しながら読んだ。

もちろん時代も背景も違うのだが、
私は踏みつけられて一生黙々と働くしかない
無能な人間だと
思い込んでた。

そういう自分に酔っていたのだ。



W系でみんなに出会って、またオフ会がなかったら
ずっと冷めた目で見ていたかも知れない。

 
 <  虐待を受けた人間はつるまない・・・  >



でも
冷たい人間から受けた傷は暖かい人間からしか
癒されない。愛のない宗教に傷ついた心は
本物の神さまに責任取ってもらうことにし、
私はつるんでいこうかな。



という訳で、昨今あちこちの掲示板やブログにお邪魔しては
応援してみたり、勘違いコメ書き込んだりして
ほんとにオジャマになってるかも。

どうぞ、今しばらく大目に見てくださいませ <(_ _)>
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-12-26 13:33 | 宗教

クリスマス・イヴ  

昨夜は教会のイヴ礼拝に出席するつもりでいたが、結局行けなかった、というか
行かなかった。


去年、訪れたあの小さな教会にも、今夜の礼拝には、きっと
たくさんの人たちが訪れたことだろう。賑わっている様子を思い
浮かべながら、スーパーに寄り9時過ぎに帰宅した。


仕事が終わったら直行する予定だったのだ。。

で、いったい何していたかと言えば・・・・・・


先日も記事にした仕事先のクリスチャンご夫妻が、家庭集会のようなものを
開いて下さり、最高の楽しい時間を一緒に過ごしたのだった。



3時に訪問すると娘さんが見えていた。今夜は礼拝の受付担当なので
早目に帰る。母たちと一緒に今日はケーキ食べてって下さいと言われ、
とりあえず
頼まれた果物や食材を買い物して戻ったところ、テーブルに書置きが・・・


「先に帰りますが、どうぞ一緒にお祈りしてケーキ食べて下さい。
二人とも賛美歌が好きです。お願いします」


来客用のコーヒーカップやケーキのお皿がセッティングしてあり、
奥さんはコーヒーの用意をしておられた。

奮発して(と言っても私が買ったのではないが)買って来たイチゴのおまおうを
ケーキに添えてさっそくお茶会。

お祈りは今日も奥さんだった。
072.gif神さま わたしたちのために来られたイエス様にこころから感謝します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はいつも来て下さる・・・・・・・?『すみません、名前わすれました・・・・』

■(横から旦那サン 「 0 0 さんだよ」)

はい、0 0 さんでした。 よくしていただいて いつも感謝しています。


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう長いこと教会へは行ってませんが (横から旦那サン >この前行ったよ!)
・・はい。これからも神さまを 忘れないよう に暮らしていきたいと思っています。

    
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

主人と、0 0 さんと一緒に、これからケーキをいただきます。
イエスさまのお名前を通してお祈りします
                          アーメン




途中で切り上げることも出来たのだが、ご主人の体調が普段よりも
格段良くて、このチャンスを逃したくなくなってしまった。

このチャンスと言っても深い意味はないのだが、お元気な時に
いっぱい話したかった。クリスチャンになったいきさつ、信仰
ご家族のこと、結婚までのいきさつ 

普段は奥さんのケアのためにうかがっているので仕事の合間は
わずかづつしか話せない。体調が優れず、寝ておられる時も多い。
滅多にない機会だと思った。

ご主人は、私が教会に行く時間を気にかけて下さってはいたが、
聖句を読んで讃美歌を歌った後、すっかり自分のほうが話に
夢中になり、昔のアルバムを出してこれまでの歩みを
披露して下さった。

大学時代に信者になったこと、車(セドリック)で教会に通った。
趣味はテニス。 想像はしていたが良家育ちのエリートだった。
昭和28年のアルバムには九州は長崎から北海道トラピスト教会
至る所で写した写真の数々が出てきた。

ある時期は赴任したマレーシア、またある時は北欧の教会

教会も国際色豊かだが、セピア色した長崎グラバー邸からの眺めや
戦前の大浦天主堂の写真もあり、私の目にはすばらしい希少価値あり
と感動だった。日本のキリスト教の歴史の一端に触れた思いがしたのだ。

「奥さんと結婚されたのは信者同士だったからたですか?」
と訪ねたら、知り合いの紹介で、信者だからということではなかた
という。

60年以上、同じ信仰の価値観で結婚生活を送ってこられて
00さん、お幸せでしたね。(私はお名前で話かけるのだが)

「ご主人のような方とお見合いされた時は嬉しかったでしよう?」と聞いたら
旦那サンの目線から離れた場所に移動して、声をひそめ・・・・・・


「それがね。もうボロボロだったのよ007.gif」と涙ツーツーの仕草をされる。
2回もされたので、あら~~(爆)  思わず肩を叩いてしまった!!!

本当にお茶目な方だ。二人でお腹が痛くなるほど笑い転げた。

末っ子だったから両親が早く結婚させたがったので、学校の先生を辞めるのが
悲しかったという意味らしい。昔はそういう時代だったと。


来年もお元気でいて下さいますように。
神さまを「忘れないように」願う想い・・・・・・・・(感涙)


感動の家庭礼拝でした072.gif072.gif072.gif
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-12-25 10:11 | 宗教

  聖夜

そうそう・・・・朝からボヤいてしまいましたが、今日も良い日でありますように。



 d0115758_845154.jpg メリー クリスマス

     みなさまのお幸せをお祈りします    
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-12-24 08:05 | 宗教

不景気

明け方、みーたん猫に起こされて、しばらくコタツで抱っこしていたがすやすや
寝てしまった。中途半端な時間なので、私は起きてパソコンにむかっている。

今年も残すところ後、1週間・・・・・・
介護人の仕事は今日と来週1回だけなので、気楽な気分だ。

後は夫の予定次第だが、不景気の波をかぶってか売り上げ激減。
いよいよ借り入れしなきゃ不味いな~とつぶやくようになった。
借金が嫌いな私、冷たく反応する。

「普段からお得意さんに余裕かましてんじゃないの?
体裁ばっか張って、仕事くださいって言わないからよ」


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


人がいいと言えばそれもあるかも知れないが、原料が高騰しているのに
値上げも出来ず、休日もなく動き回っている割には仕入れやガソリン代に大半が
消えてしまう。。修理を頼まれれば、

「先回の材料が残っているから、それでやっときますよ」
そこが夫のいい所でもあるのだが。

借り入れも考え方次第なんだろうか。
潰れてしまったら元もこもないわけだし、
でも借金は借金。
返済のために働くのは嫌だなぁ。
私の頭では分らないので税理士さんに聞いてみよう。

朝っぱらから景気の悪い話題になってしまった。


でも、今年は付き合いでワインを買わされたり、興味もない歌手の
ディナーショー招待状購入が回って来なかったのでやれやれ。


余談だが、今年は私の職場でも、加藤登0子のコンサート券を
買ってくれと盛んに宣伝していた。

芸能人には特に好き嫌いの激しい私、タダでも行きたくないわと
知らん顔決め込んでいたが、よほど人気がなかったのか、
とうとう共済費で補助が出ることになり、500円になったと言う。

「くだらないことにみんなの共済費を使わないで」と、そこまでは言わないけどw


それにしても、お金は天下の回り物・・・・そういう言葉は死語の時代なのだろうか。
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-12-24 06:46 | 日常

勘違い 度忘れ ただ乗り

今朝は10時からピンチヒッターの仕事を頼まれていたと思い込んでいた。
業務不履行を防ぐために必ず連絡することになっている留守電に、朝一番
伝えて、シャワーを浴びていたら、提・責から電話が来た。

「この間頼んだ00さんとこのケアは、来月の話だったのよ。
昨日ファックスも送ったんだけど。今日は行かなくてよろし042.gif


逆勘違いでなくてほっとしたが、最近こういう間違いをしょっちゅうしている。

昨日の忘れ物は財布だけだったが、先日は
駅まで行って、改札でいざスイカという段階で、
カードも財布も携帯も全部、一式家に忘れて出た事に
気が付いた。

遅刻するわけにいかない。が、どこにも連絡が出来ない。

始末書書かされ、全事業所のミーティングでも取り上げられる。
何よりも利用者さんに迷惑かけてしまう。

取りに戻る時間はない。ポケットに小銭一つ入っていない。
お手上げだ。


「すみませんが・・・・」と、駅員さんに声をかけた。
「00駅まで乗せてもらえないでしょうか?」

駅員さん 「はぁ・・・・事情は分りました。どうぞ~」


降りた駅でただ乗りした事情を話し、書類に名前と連絡先を
記入。「夕方6時に支払いに来ます」とお礼を言って、無事に
間に合った。

乗せて下さった最初の駅には、お礼がてらお茶菓子とお茶を
届けた。


そいうことがあったばかりだというのに、次の日は
母親に送るため買った毛糸の靴下やズボン諸々
真冬グッズを詰めた買い物袋をどこかに置き忘れた。

買ったお店で直送すべきだった。
一応お店や駅で聞いてみたが、
今回は見つからなかった。


父が死んだというのに、特別悲しくもなく
普段よりむしろハイになって、睡眠時間は
4,5時間で十分。
人と会うのも楽しく、暇さえあれば買い物バンバン。


今朝来た生協の配達のお兄さんに
「顔色良くないですよ。だいじょうぶですか~?」
と言われ

「そう(躁)かもしれない」と笑いあった。

今日は予約変更オッケーらしいので、予定を変えて美容院に行って来ます。
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-12-23 11:17 | 日常

雨の月曜



最近なるべく歩こうと、天気の良い日は電車やバス、もしくは歩きで
仕事先に向かうことが多い。今日は財布を忘れて出てしまい、
かろうじてポケットに入っていたスイカでバスを乗り継ぎ
駅前茶店で甘ったるいカフェモカをオーダーし、
一服してから店に向かった。


今日も夕方から義兄に店の手伝いを頼まれていた。
え~~っ、また来た~ 013.gifこっちは朝から仕事してるっつうのに・・・・・(`´)

毎度ながらお願い電話に一瞬、ちょっとばかり、思わなくもないのだが、
「晩飯のオカズ用意しとくよ。肉がいいか?刺身か? 悪いね、悪いね」と
気を遣ってもくれる義兄なので、やっぱり困った時は身内同士、お互い様だ。

「じゃ、赤身でいいから刺身お願いしまーす」とOKしてしまう私。

引き受けるからにはお客商売、ニコニコ愛想良く気配り目配り。
運動不足解消のチャンスと、二階の階段を上ったり降りたり、
料理運びや洗い物、その合間に義兄の技術を盗んでいる。
と、言っても義兄は何でも教えてくれるし、味見もさせてくれる。

季節の物をうまく調理し、お客に喜んで貰うのが何より
生き甲斐のような義兄の姿もなかなかではないかと
心底思っている。口は悪いが優しい義兄夫婦だ。


昼間の仕事先は、週に2回行くプロテスタント信者ご老夫婦だった。
アルツハイマーのご婦人はもう半年も経つのに、介護人の
名前も顔も覚えられないが、すばらしい祈りをされる。

食事前だけでなくおやつの時も、ご主人ではなく祈るのは奥様だ。
コーヒータイムには、私の分まで用意して下さる優しい方である。
もちろん仕事なので、お断りするのが原則なのだが、
私はこの家では喜んでいただくことにしている。

「せっかくですけど戴いてはいけない決まりなんですよ。」
と一応断る。

「お手伝いに来て下さてるのだから、あなたは家族と一緒よ」

「じゃあ遠慮なく頂きますね。ああ美味しい~」063.gif

毎回このパターンだ。ご主人も穏やかな方で
体調の良い日は、教会の話や
軍隊で賛美歌を歌ったエピソードとか、現役時代の仕事のこと
あるいはニュースの話題など等、面白い話が尽きない。

もうかなり高齢なのだが、夫婦仲良い穏やかな生活振り。
教会へは行けなくても聖句は記憶になくても、激健忘症
であるのに、
清清しく部屋を整え、こざっぱりとした身だしなみ
人への気配り・・・ユーモアのセンスも豊かなこの方の
生き様は見事なお手本だと唸ってしまう私だ。

クリスチャンだから偉いとか、尊敬するというのではなくて
アルツハイマーになっても一般的に経過する物盗られ被害妄想などの
周辺症状が無く、人格の崩壊もなく、ただ物忘れが激しいだけ。
こういう方に私は今までお目にかかったことがない。

精神的な気高さに圧倒される。信仰の押し付けもない。
長い間九段教会に行っていたのよ・・・それだけである。


源氏物語を諳んじ、戦前師範学校2年で学ばれたという
神皇正統記を見せて頂いた時は、身震いするほど
嬉しくてならなかった。


昨日は娘さん夫婦がお迎えに来てクリスマス礼拝に行かれたそうだが、
本人はすっかり忘れておられたが、「日記」を読ませてもらうと昨日の
様子が詳しく書いてあった。

面倒くさいから行きたくないと仰っていたが、最近体調の良い
ご主人は「クリスマスくらい教会に行こう」と仰っていた。


私はと言えば・・・・昨日は息子に頼まれた用事や宅配の受けとり
モロモロで、礼拝に行きたかったが時間がなかった。

そんな訳で、用意しておいたが教会に届け損なってしまったカサブランカは
日頃の感謝を込めてその方にプレゼントした。「クリスマスおめでとうございます。」            072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif                 072.gif072.gif
[PR]
by hanamizukidayo | 2008-12-23 00:26 | 日常

 私は私なのだから もう肩を張らない 




    ∞∞∞∞∞∞ 本日の名言 ∞∞∞∞∞∞    


晴れた日は晴れを愛し、雨の日は雨を愛す。  

  楽しみあるところに楽しみ、楽しみなきところに楽しむ。                              
  by 吉川 英治   (小説家)

[PR]
by hanamizukidayo | 2008-12-22 13:12