cantata777.exblog.jp
ブログトップ

人生の主人公は自分なのだから

厳しい経済状況だが、どんな困難に面しても希望を失わないこと。
絶望感に打ちのめされた時こそ、希望だけは失わないでいたい。

曽野綾子さんが「『望めば夢は叶う』という考えは甘い」とおっしゃっていた事を
何かの本で読んだ記憶があるが、確かに夢は夢に過ぎないと私も同感する。
曽野さんはカトリック信者さんだから、聖パウロの言葉を引用なさった記事だった
かもしれない。

余談だけど、今も愛読している正論やUiLLでは、この方もクリスチャンだったのかと、
驚かされる事がよくある。人の信念の背景に、聖書や伝統的な価値観が透けて見える時
私は単純に嬉しくなり、執筆者により惹かれる。


曽野さんがおしゃるように、私も”夢”を持つこと自体、悪いことではないが
夢には、受身的な期待感や欲が先行するような気がする。

現実逃避の言い訳にもなるし・・甘えちゃいかんよと。
少なくとも私の場合はね。


躁鬱のため私の体調・感情は、あいも変わらず起伏が激しい。
哀しいかな。加齢により、だんだんその周期も長引くようになった。

「今は鬱だから悪いことばかり考えるのだろう」
あるいは、「躁気味だから、押さえて、押さえて・・」
と、少しは客観的に自己管理出来る余裕も
ないわけではないけれど。


去年の後半(半年)は鬱だった。
死ぬことばかり考えていた。

自殺願望には一種の魔性的なものがある。
一瞬その考えに囚われてしまうと
あたかも甘美な夢のように、
問題解決よりも、死そのものが、
与えられた宿命に仮してしまう。
他のことなど考えられなくなって、
ひたすら執着する。


かすかでいい。希望を求め、あるいは
持ち続けることが、
最後の砦なんだと思う。

のたうち回りながら、
こんな私なんてと、もがきながら
ひと筋の光に向かって

歩く
動く

空を見上げる。
[PR]
# by hanamizukidayo | 2010-01-31 22:42 | 日常

鳩山首相の施政方針演説に思うこと

>【主張】施政方針演説 国益守る決意なきは残念
2010.1.30 03:14

 鳩山由紀夫首相は初の施政方針演説に「いのちを守る」というキーワードをちりばめた。各省の政策を網羅する旧来の演説の枠を破り、自らの政治理念を強く打ち出したかったのだろうが空虚なスローガンを並べた印象は否めない。「国を守る」ことに言及しなかったのは残念である。

 首相が明示すべきなのは、政権が直面している最重要課題への見解だろう。それはほとんどうかがえない。

 ひとつは、日米同盟に危機をもたらしている米軍普天間飛行場移設問題への対応だ。早期決着に向け、日米合意に基づく現行案の決断が急がれるのに、5月末までに移設先を決めるとの既定方針だけだった。具体的な方向性は示されなかった。

 首相は持論の東アジア共同体構想を取り上げつつ、「揺るぎない日米同盟」が共同体形成の前提条件として欠かせないと強調した。この構想に米側が懸念を抱いていることも意識したのだろう。同時に、首相は安保改定50周年を機に同盟を深化・発展させる考えも示した。そのためにも、同盟を揺るがしている普天間問題の決着に最優先で取り組むべきだろう。
 鳩山内閣はマニフェスト(政権公約)の実現に見合う財源の不足に立ち往生した。子ども手当は平成22年度の初年度は月額1万3千円でスタートするが、23年度から倍額にする場合の財源にはメドが立っていない。農家への戸別所得補償も、対象作物の拡大に伴って新たな財源を確保する必要が出てくる。明確な説明がなければ政策全般への信頼を失う。

 




一言で言えば、”ヌチドゥ宝 ” 命こそ宝” のフレーズ満載演説だった。

戦後日本独自の命至上主義の極め付け、ただし首相自身が国民の命を本当に
思うのであれば、産経主張にあるように、国内外の現状への危機感を
しっかりと認識した国益と国民全体を守る意思の表明であるべきだった。

初めから期待はしていなかった、と言うより
昨年の8月31日以来「もう日本は終わった」と
深い落胆に陥っていたが、
やっと小沢の諸悪も表面化してきた。
脱税に係る贈与問題発覚では当初、母親よりも自分の身の保身しか
念頭になかった鳩山さんに、”国民の命を守る政治”と連呼されてもねぇ・・

口先だけは立派なことをおっしゃる某宗教団体と一緒(笑)

命は大事なのだけど、小林よしのりが「沖縄論」で述べていた
「尊い命」を何に使うか?見直す必要有りの世の中だと思う。
加えて、個人の”命”や”生活”は基本、本人が守ることで
何でもかんでも”国”に依存して、権利だ保障だ、生活保護だのと
行き過ぎた甘えの体質を改めない限り、優れた政権の誕生は
望めないのではないだろうか。


(注)小林よしのり氏が「ガンジーの非暴力運動は自分の命を投げ出すんですから、命が大事なら非暴力運動はできませんよ」と反発したが、ここを議論すれば、命より高い価値はないという考え方が、戦後日本的な特殊なものであることだけははっきりしたかもしれない。現在の日本国民のほとんどは、世界に普遍的な考え方だという前提に立っているようだ。

 命  Yahooで検索したベストアンサー
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010936755
[PR]
# by hanamizukidayo | 2010-01-30 14:56 | 政治・社会

やっと希望が見えてきた

長い間、放置してしまいました。
もしやですけど、ご覧になってた方がいらしたら
ごめんなさいね。
たま~に開いては、悪戯コメントの削除だけやってお終い
して、機能欄もほとんどいじっておりませんでした。

ブログどころではない、気力のない半年間でしたが、
私生活では新しい職・・と言っても昔やっていた仕事に復帰して、やっと慣れてきたところです。
JWに係って辞めて、25年くらいブランクがあったので、それはもう
大変でした。この年で見習い同然状態・・・自分で自分が
情けない思いをたっぷりと味わいました。

 私は、仕事=大変でも、楽しく(やりがいがあるかが第一)と思っているので
慣れるまでは、人一倍過剰に、無駄に神経使う性格。なので
「ゆっくり慣れてって下さい」と言ってくれる恵まれた環境なのに、
友達には「覚えらない!もう限界かも」と、弱音吐いては叱られたり
突き放されたり、何度されたことか。「糞っ!(失礼)」と負けん気を起こして
くれた友達・・・ありがとう~038.gif

それだけじゃなく、休日にわざわざワンツーマンで、
基礎中の基礎を一から教えて下さった
経営者さまにも頭が下がりっ放しです。
おかげさまで今は元気にスタッフの一人として
楽しく頑張っています066.gif

介護職を辞めて、のどかな生活に飽きてしまったある日、昔取った杵柄を
活かせないかなと、何気に思ったのがきっかけでした。とんとんと話が進んで
運よく採用されましたが、どうやら介護の経験が重宝されたようです。
経験したことは無駄じゃないとよく言うけれど、意味があるのですね。
うん、これって何事にも通じるような期がします。


希望が見えてきたというのは、私生活の内輪話などではなくて
今日日お騒がせの小沢問題のことを書きたかったのですが、
話が逸れてしまいました。でも、今日の最後にこれだけは
言いたいです。

本当に、お天道様はこの国を我々をお見捨てではないようです、と。

今年も、世界平和から恐れ多くもご皇室の繫栄や経済回復、家庭円満に
至るまで、思いつく限りの願い事を初詣で念じてきた甲斐がありました001.gif
[PR]
# by hanamizukidayo | 2010-01-26 22:04 | 日常

選挙へ行こう

父の初盆のため今日、今、帰省する直前にとりあえず記事をアップしようと思います。

出来れば15日の靖国神社へ参拝したかった。
帰省中は、国のために死んで下さった特攻隊の
方々の慰霊碑がある知覧の特攻基地に詣でる予定でいます。

さて、衆議院議員総選挙も間近くなてきました。
私も連日、広告塔に市の「選挙に行こう」ロゴ入りのシンボルマークを
看板にひとつづつ張ったり、夫と一緒に下見や準備にいそしんでました。

帰省の予定も狂ってしまい、お坊さんや親戚が集まる時間には間にあいませんが
入院中の叔父も二人、お見舞いにも行きたいので出かけます。


追い風に酔ったように出馬している民主党の無名の若い候補者たちの顔が
一様に同じに見える。政策の具体性なく「一度使ってみて下さい!」の連呼のためか。

このブログにもし目が留まったら、下のサイトをご覧になって欲しい。

国民が知らない反日の実態というサイトです。

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1.html#id_2a6610f9
[PR]
# by hanamizukidayo | 2009-08-14 08:05 | 政治・社会

あなたがあなたであるように、私も私なの。いろいろな思いを込めて・・スカボローフェア


http://www.youtube.com/watch?v=8C52qfz0E48&feature=relatedhttp://www.youtube.com/watch?v=VHHN6FCg8SY&feature=related
[PR]
# by hanamizukidayo | 2009-08-06 15:03 | 日常